2015年8月 4日 (火)

Windows 10 アップグレード状況

7台あるPCのうち6台を順次Windows 10に更新しています。

現在のところ2台を強制的にWindows 10に更新しており大きなトラブルはありません。
但し1台はWebブラウザを新型の「Microsoft Edge」から「InternetExplorer 11」を既定に変更してあります。自作ソフトでIE11を制御しており変更する必要がありました。
なお,2台とも殆どソフトが入っていないためそちらの検証は心もとないです。唯一判明している不具合はGoogle日本語入力でWeb検索時に日本語入力出来ません(ストアアプリとかもダメかも)。

他の5台はWindows 10の予約通知の内容を待って更新予定です。
残念ながら2012年に購入した富士通のノートPCはWindows 10未対応が明言されていますので人柱さんの報告を待ってWindows 10の更新を検討します。

GatewayのデスクトップPCのみWindowes 10予約画面に「検証中」の表示が出ています。このPCは手持ちで一番古く2008年に購入の元々はWindows Vista機ですがデバイスドライバを準備中と言うことでしょうか?
Vista→Windows 7更新時も元々7用のデバイスドライバが提供されておらず一切ドライバ関連のことは考慮しませんでした。なので今でもカードドライブが正常に認識されていませんが他は問題無く動作しています。なので,その程度のことであれば強制的に更新予定です。

当初7台中の2台で「Windows 10を入手する」の表示が出ませんでしたが2台ともCドライブの空き容量が8GB程度でした。この容量を増やしたところ表示が出るようになりました。

他ノートPC1台は子供の教育用としているため当面Windows 10への更新予定は無く学校の対応に合わせます。

他のデバイスとして古いスマホ(富士通 T-01C)1台とタブレット端末(Google Nexus7)1台がありますが何とか資金を準備してこの2台もWindows 10機に切り換え,今年中に「全てをWindows 10に」を実現したいです(ノートPC1台は残りますが…)。

アップ
デート
元OS アップ後 Windows 10
を入手する
の表示
Windows 10
対応
ドライバ
アップ後の
デバイス
認識
アップ後
の不具合
自作デスクトップ/ASRock B85M Pro4/Intel Core i5 4590S
強制
アップ
済み
Windows7
Ultimate
64bit
Windows10
Pro
64Bit
未確認 あり
あらかじめアップ済み
全て認識 無し
IE11に変更
※参照
自作デスクトップ/MSI 880GM-E41/AMD Athlon II X4 615
強制
アップ
済み
Windows7
Ultimate
64bit
Windows10
Pro
64Bit
開発プログラムに参加のため未確認 Webに記載無し 全て認識 無し
※参照
Gateway GT5686j デスクトップ/Gateway G33M05 G1/Intel Core 2 Quad Q6700

通知
待ち
Windows7
Ultimate
64bit
- 検証中の表示 Webに記載無し - -
自作デスクトップ/ASUSTeK P8B75-M LX PLUS/Intel Core i5 3550S

通知
待ち
Windows7
Ultimate
64bit
- Cドライブの空きが8GBで当初通知が表示されず Webに記載無し - -
ショップデスクトップ/BIOSTAR TA785G3 HD/AMD Athlon II X4 615

通知
待ち
Windows7
Ultimate
64bit
- 予約中 Webに記載無し - -
富士通ノート/FMV LIFEBOOK SH76 GN/富士通 FJNB235/Intel Core i7-2640M

人柱の報告を
待って
Windows7
Home
64bit
- Cドライブの空きが8GBで当初通知が表示されず 未対応を明言 - -
富士通ノート/FMV LIFEBOOK A550 A/富士通 FJNB218/Intel Core i5-540M

当面予定無し
Windows7
Pro
32bit
- 通知表示を削除済み 未対応を明言 - -

※Google日本語入力がWeb検索欄で正常動作せず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

Windows 10 インストール

待ちに待ったWindows 10の無償アップグレードが7月29日から開始されました。

Windows 10 Insider Programに参加しているPCから優先的にWindows 10のアップグレードが始まるとのネット情報を基に前日の28日からPC1台について電源を入れたまま待ち構えていました。しかし29日の夕方になっても一向にアップグレードが始まりません。「$windows.~bt」と言う隠しフォルダにファイルがダウンロードされるとの情報を得て確認したところフォルダがあり4GBほどの容量でした。しかし情報では6GB無いとダメらしくダウンロードが途中で止まっている感じ。

ちょっとやきもきしつつ,ネットで情報を漁っていたところWindows 10 のダウンロードサイトが準備されているとのこと!
でもって待ちきれず29日中に上記サイトからWindows 10をインストールしてしまいました。

Windows 7上でWindows 10をダウンロード中
Windows 10 インストール中の画面

Windows 10 インストール直後の画面
Windows 10 インストール後の画面

バージョン情報を確認するため「winver」を検索,コマンド実行しました。
Windows 10 バージョン情報

「ビルド 10240」はInsider Previewバージョンの最新版と同じです。なのでちょっといじった程度ですが見た目や操作感などは全く同じでした。

1カ月間なら以前のWindowsに戻すことが出来るようです。
Windows 7 に戻す

それにしてもインストールサイトを準備していたのなら,あらかじめ告知して欲しかったですね。Twitterのタイムラインを見ても「アップグレードが降ってこない!」とのつぶやきが多く混乱の様相でした。もっとも,告知してたらしてたでアクセスが集中して騒ぎになったでしょうけど。

何はともあれ歴史的な日に私も関わることが出来ました。この日を起点にコンピューター関連の未来が変わっていくのではと思うと非常に感慨深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿地方での大地震予報 その後

八ヶ岳南麓天文台代表の串田氏は「近畿地方での大地震予報」のみをネットで一般公開していますが,その情報が1カ月ぶりの7月20日(月)に更新されており,7月31日(金)前後,推定規模M7.8±0.5の地震発生予測は現状変わらないとの報告となっています。

一方,「地震解析ラボ」の情報が一昨日7月28日(火)に更新され串田氏が予想した近畿方面での予報は無いようです(近隣はあり)。

そして「週刊MEGA地震予測」のメルマガが昨日7月29日(水)に配信され,こちらでも串田氏が予想した近畿方面での予報は無いようです(近隣はあり)。

他「大気イオン・ラドン観測 地震予知研究」サイトで公開されている大気イオンデータでは「東京都羽村観測点」で7月27日(月)から数値50,000を超える特大異常濃度が検出されています。

また「RadGraph - 大気中ラドン濃度グラフ集」サイトで公開されている大気中ラドンデータでは「高知県越知町観測点」で7月14日(火)18時頃から数値が上昇し最大で250Bq(ベクレル)/m3以上に上昇していましたが装置の故障の可能性ありとの報告で様子見となっています。

現状では7月31日前後に近畿地方で大地震となるのかは判断つかない状況です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

「串田法:VHF帯域電波観測」近畿地方での大地震予報

私は2011年に郷里で発生した東日本大震災の衝撃から「地震予知は可能なのか?」を考えることを自身のライフワークとして日々情報を収集しています。

さて,今回のタイトル『「串田法:VHF帯域電波観測」近畿地方での大地震予報』は2013年3月14日に投稿した記事と全く同じタイトルです。
幸い当時,大地震が起きることはありませんでしたが,串田法を用いて研究を継続している八ヶ岳南麓天文台代表の串田氏によると9年間におよぶ近畿地方大地震観測(会報からNo.1778長期継続特殊前兆と呼称)が「前兆が収束方向」であり今年2015年7月末に発生する可能性が高い,と報告し確証を得るための観測を継続しています。

長期前兆その後 - PHP新書「地震予報」フォローページ
長期前兆その後 - PHP新書「地震予報」フォローページ

私は串田氏の地震前兆観測情報(有料5000円/月)を一昨年2013年9月から受領しています。この情報には氏が日々観測して結論づけた各所の地震予測をデータと合わせて詳しく載せているですが予測された地震の場所,規模,時期が正確で外れたことがほとんど無いようです。但し,電離層伝搬観測の宿命と言うか規模の小さな地震,局所的な直下型地震は苦手としているようです。また,全国各地,数100ワット級FM放送局の電波を受信し観測の土台としていますが,氏曰く「地震観測専用のFM電波発信局」を全国の適地に配置してもらえばより観測の精度が向上すると主張しています。

私はこの他に
●JESEA(地震科学探査機構)による週刊MEGA地震予測
 有料216円/月
●地震解析ラボによる地震観測予報
 有料540円/月
も合わせて情報を得ています。

「MEGA地震予測」はもうすでに有名ですがGPS,測量学の世界的権威,東大名誉教授,村井氏などが開発した方法論に基づくもので国土地理院が全国に約1300点設置している電子基準点のデータを元に地震発生の大まかな時期や場所を報告しています。

週刊MEGA地震予測
週刊MEGA地震予測

村井氏の手法はフジテレビの「Mr.サンデー」などで度々紹介されており,その紹介内容などからも非常に説得力があり予測精度も高いように思われます。

「地震解析ラボ」は電気通信大学名誉教授,早川氏などが開発した手法でVLF(超長波帯電波)/ULF(極超長波帯電波)の放送局(日本の場合は電波時計用の放送局)の電波観測により地震の場所,規模,時期を予測しています。
この観測手法は私が以前に頼りにしていたHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム 2013年に廃止)に近いものと認識しており私としては長波帯電波観測の切り札と見ており,予測結果を見る限りでは精度も高いようです。

地震予測情報
地震予測情報

早川氏の手法も最近多くのマスコミに取り上げられ注目されています。

串田法(FM)の他に村井氏の手法(GPS),早川氏の手法(VLF/ULF)でも近畿方面にアラームが上がれば,いよいよ地震発生の可能性が高いと考えています。また,最近,各所で地震,火山活動が活発になっており関連性は分かりませんが何かが近づいている感じはあります。

「正しく恐れ,適せん対処する」
を信条に少しでも役に立てればと思い引き続き情報を発信していきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

ホンダ ミッドシップ「S660」試乗

今日は夢のようなひと時を味合うことが出来ました。

先月の4月に発売されたばかりのホンダ,ミッドシップ軽自動車「S660」が地元,会津のホンダ店(Honda Cars 福島 会津一箕町店)に5月18日~24日まで展示されることを知り,本日見物に行ってきました。そして試乗出来るのか店員さんに聞いたところ,何と試乗可能とのご返事を頂き早速試乗もしてしまいました!

私は大のホンダ党で特にホンダのミッドシップ車に強い思い入れがあります。
以前に書いた記事
復活? ホンダミッドシップ《BEAT/ビート》」2011/06/18

1996年にビートの発売が終わり,その後,何回かの経済バブルも経験したことで今後永遠に手が届く価格のミッドシップ車が発売されることは無いと思っていたのですが,ホンダがライトウエイトのミッドシップ車を復活させるとの噂が2011年に立ち,そしてとうとう今年2015年に本当に発売されてしまいました。
S660│Honda

まさに夢のような話です。

さて展示/試乗車ですが,
●ハイグレード「α」 218万円!
●CVT
●フレームレッドと呼ばれる赤色
●オプションのセンターディスプレイ付き
残念ながら屋根オープンでの見物,乗車,試乗は出来ず。

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

私はホンダびいきですので,以降ほめ殺し的な記述が多いと思いますのであらかじめ割り引いて読んで頂く必要があるかも知れません(と言っても大したことは書いていませんが)。

エクステリア
カッコ良い。
では身も蓋も無いですかね…
ビートの「つるっと感」とは対局にある自己主張の強いフォルムに見えます。
嫁さんと子供と一緒に行ったのですが,嫁さん曰く「普通車だと思っていた。軽自動車だとは思わなかった」だそうです。2シーターのためドアが大きく確かに横から見ると普通車に見えないことも無い。出っ張りが強いこともあり少なくとも「ちっちゃい! 」との感想は全く無かったですね。

インテリア
今風のホンダ車で不満的なものは無し。当然ですが荷物スペースはミニマムです。
特筆すべきは「座高の低さ」です。フィットの視界の広さに慣れている目で見るとまさに恐怖です。冗談では無く前が見えません(添付写真最後の座席の写真が私の目線に近いよ!)。オプションの「センターディスプレイ」も視界をさえぎっているため余計に怖いです。座高が極端に低いので乗り降りもちょっと不自由します。
半分寝そべって腕を伸ばしてハンドルを掴むスタイトのため軽自動車特有の圧迫感が逆に心地よいタイト感に変わっています。

試乗
2002年製の古い私のフィットよりも剛性が強いように思われます。オープンカーとは思えないしっかり感です。
エンジンの低速トルクが1500CCのフィット以上にある感じです。

エンジン
フィット L15A 110ps/5800rpm,143Nm/4800rpm
S660     S07A  64ps/6000rpm,104Nm/2600rpm

ターボの効果なのでしょうが普通に運転する分には全く非力な感じはありません。
残念ながら背中から轟くエンジン音ではありませんでした。ターボの「ヒューン」と言う軽めのタービン音がアクセルを踏むたびに聞こえます。ターボラグらしきものは全く感じず。

運転してみても視界が低く楽しいことは楽しいのですが周りが見えにくく恐怖感がありました(慣れの問題でしょうけど)。

試乗が町乗りでしたのでミッドシップ特有の回頭性はほとんど体感出来ませんでした。十字路を曲がる際にわずかに「押し出される感覚」が掴めました。


全体的な印象としてスポーツカーっぽい雰囲気を味わう車としては十分に合格点だと思いました。欲を言えばエンジンルームの音が意図的に希望の時だけ聞こえるように工夫されていれば文句無しです。

これで「S660を所有する」との人生の大きな目標が出来ました。
私,嫁さんと2台の車を所有していますので私の車が2シーターでも全く問題無し。燃費もそこそこのようだし不満無し。

但し,大問題があります。店員さんからのアドバイス。雪国特有の事情。
●屋根付きの車庫で保管。
●大雪の時は運転出来ないかも。
そう,「車の屋根がソフトトップ(正確には脱着式のロールトップ)」ゆえの非常にデリケートな管理が雪国では要求されることになります。大雪の日にS660で出勤し,会社の駐車場に停めて帰宅時には車の屋根が潰れていることがマジでありそうです。そこまでは気が回らなかった。言われて初めて想像出来ました。サードパーティ製でも良いので冬季専用のハードトップを出して欲しいところです。

今,S660を注文しても納車は来年だそうです。ネット情報では40台/日の生産だとか。単純計算ですでに1万台程度の受注があることになります。やっぱ,こういう車を欲しい方が結構いるんですねぇ。それにしても,ある意味,これ以上無い「最高の贅沢」です。

ところで,ネット情報では「S1000」なる1リッターミッドシップの上位車種が開発中だとか。S660の出来ばえからするとS1000も期待大。しかし,どっちにしても先立つものが…

さて,「ドリームジャンボミニ7000万」でも購入しにいきますか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

マイクロソフト,アップル,Googleの「三つ巴戦争」

サンフランシスコで4月29日(現地時間)に開催されたマイクロソフトの開発者会議「Build 2015」が話題になっています。

今年の7月末に発売(と言ってもWindows7/8は無料)が予定されている次期OS Windows 10について,アプリ開発に関連する大きなサプライズがありました。

それは「アップル iOS用のアプリとGoogle Android用のアプリをWindows 10上で動作させることが出来るようにする」と言うものです。まさに驚天動地,ウルトラC級の大技を繰り出してきました(単に,なりふり構わぬとも言いますが…)。

1 Billion Windows 10 Devices

もちろん,iOS,Androidのアプリがそのまま動く訳では無く,iOS用プログラミング言語「Objective C」,Android用のプログラミング言語「Java/C++」で書かれたコードをわずかに修正するだけでWindows 10で動作させる仕組みを用意する,とのことのようです。

Windows 10の場合,大画面TV,PC,タブレット,スマホから小デバイスまであらゆるハードを包括することが出来ます(厳密にはデバイスごとにOS構造が異なる)。そのためiOS,Androidから移植したアプリもWindowsのPC,タブレット,スマホなど各機種で動作するはずです。問題があるとすれば,機器ごとに画面サイズが変わるため,どの程度,自動で追従出来るかだと思います。例えば押すボタンの大きさや位置がしっくりと収まるのかどうか。

ちなみにPC,タブレット,スマホなど,どの機器でも動作するアプリを「ユニバーサルアプリ」と呼ぶそうです。今後はユニバーサルアプリを意識したアプリ開発がよりいっそう重要になってきます。

で,なんでWindows用ソフトもまともの作れず,ましてやiOS,Android用アプリなんてほとんど知識すら無い私が記事にしているのかと言うと,この新基軸をきっかけにアップル,Googleとも同じように逆のサービスを公式に始めるのでは? と思ったことです(要は面白そう!)。

Visual C#で書かれたWindows 10用のユニバーサルアプリが若干の労力でiOS上で動作するようになる。Androidもしかり。
もしマクロソフトがBuild 2015でぶち上げた目標「10億のデバイスで動作するWindows 10」が実現することになれば,その圧倒的な規模から,今後,なりふり構わぬ企業活動を始めるのはアップル,Googleの方になるでしょう。でもって,多分,あさっりといつの間にか仕組みが出来上がっている。さらには対WindowsのみならずiOS←→Androidのアプリ変換も可能になり3社三つ巴の状態になると予想します。

まあ「賽(さい)は投げらた」って感じで2015年が1つの起点になるのは確かでしょう。
これからマイクロソフト,アップル,Googleの「三つ巴戦争」が苛烈を極めるはずです。ユーザー,開発者として私自身もこの激変の時代を大いに楽しんでいきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Power = 仕事率」はマイクロソフトの…

マイクロソフトの次期OS「Winodws 10」について主に開発者を対象としたテクニカルプレビュー版(4月29日からは名称がインサイダープレビュー版)が提供されています。

このプレビュー版について7月末と噂される正式発売も近づき頻繁にアップデートされています。

Windows 10 開発者向けバージョン 最近のアップデート
Technical Preview Build 10041 3月19日
Technical Preview Build 10049 3月31日
Technical Preview Build 10061 4月23日
Insider Preview   Build 10074 4月29日

このアップデートですが,4月23日の「Build 10061」から,分かりやすくて面白い現象が起きています。
なんと画面上の電源ボタンが「仕事率」と表示されています。

仕事率

Wikipediaより
『仕事率(しごとりつ)とは工率(こうりつ)やパワー(power)とも呼び、単位時間内にどれだけのエネルギーが使われている(仕事が行われている)かを表す物理量である。「動力性能」という語があるが、その場合これを指すことが多い。
定義 仕事率Pは、仕事をW、時間をt としたとき、次式で表される。P = dW/dt』

「効率」ならぬ「工率」ですね。
上記から「Power」を誤訳し「電源」とすべきところ「仕事率」としてしまったのは明白なのですが,ネット情報によると,「Windows フィードバック」の投稿がきっかけではないか? との記事があります。
Windows 10 TP で電源ボタンが「仕事率」なワケ

しかし,私としてはあえて,無理やり「マイクロソフトの陰謀説」をぶち上げてみたい。大した根拠は無いのですが…

単刀直入に言うと「日本人よ,仕事しろ!」と

マイクロソフトは今年2015年3月にハードウェア開発者会議「WinHEC」を中国の深センで開催しました。中国はいまやGoogle社のAndroid OSを乗せたスマホ,タブレット機の一大供給基地となっていますが,実は近年ハード的にはIntel CPUを使う分にはAndroid,Windowsのどちらも動作してしまう「ハードの共通化」が進められています。なので,Windows 10がヒットするとあっという間に世の中がWindowsのタブレット,スマホで溢れ返る可能性があります(まるでオセロ盤のオセロ)。
そのカギとなる場所が他ならぬ中国なのです。極論で中国内の企業がどれだけWindows 10に傾斜するかにかかっています。マイクロソフトのハード面での中国重視は疑いようがありません。

しかし近年,AIIB(アジアインフラ投資銀行),軍事力増強など中国のしたたかな戦略により世界への影響力は増すばかりです。一民間企業とは言えアメリカを代表するマイクロソフトに取って,心地よい状況とは言えないでしょう。

でもって,アジアで中国の覇権を抑止出来る国はただ一国「日本」しか無い。だから,を入れるためにもちょっとした「いたずら」を仕掛けてやろう。
と言うことで,今回の仕事率の表示になったのでは? と。

まあ,冗談ではありますが前回記事『「不労と不老」エクサスケールの衝撃』でもちょっと記載されていますが,覇権主義で突き進む中国を止めることが出来るのは日本人の感性,技術力,勤勉さなどを含む「総合力」だけだと本気で思うのです。

ディスプレイの中で奇妙に輝く仕事率の文字を眺めるたびに,何だか気持ちが新たになっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

「不労と不老」エクサスケールの衝撃

「エクサスケールの衝撃」とは昨日読み終えた書籍のタイトルです。副題が「次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く」となっています。



この本には,まるで桃源郷,理想郷,パラダイスなようなのバラ色の未来が描かれており一読しただけではとてもそしゃくしきれない内容が散りばめられています。

ところで,この記事は病院のベットで書いていました。
プライベートな話ですが,良性の大腸ポリープ摘出のため2泊3日の入院,2日前の初日にポリープを摘出(手術時間わずか5分,痛み無し),大事を取っての入院となっており身体的に状態は良く力があり余っていました。そして本日午前中に無事退院となりました。

入院にあたり,どうせやることも無いし,何か本でも読もうと選んのが今回の本です。
587ページもある単行本でさぞかし厚く重いものと思いますが,AmazonからKindle本で購入し,Google Nexus7(タブレット端末)で読んだため不自由無く,かつ疲れず2日間で読め終えました(と言っても内容を理解しきれていませんが)。

この本では,東大卒,医師であり何とスーパーコンピューターを開発するベンチャー企業の社長でもある非常に奇特な(失礼)筆者の視点をもって,2020年ころに次世代の国家レベルスーパーコンピューター(エクサコンピューター)が開発され,その圧倒的な性能が生み出す様々な成果を起点に,あるいは技術進歩に少なからずスーパーコンピューターが関わることで数10年後の遠くない未来に世界が激変する,そしてその中心に日本国がいなければならないと500ページ以上の分量をもって熱く自論を述べています。

具体的には,様々な技術革新をもってエネルギー,食料,衣類など生きていく上で欠かせない物資が「フリー(ただ)」になることでやがて働く必要が無くなる「不労」が実現されること,また,ある「女性」の数奇な運命をスーパーコンピューターが解きあかすことなどで実現される「不老」,それらをもってやがて人間は桃源郷的な世界にステージを移していくとの内容です。

にわかには信じ難い,まるで何かの物語のような未来が面々とつづられているのですが,私には若干の「免疫」があったため,あながち夢,絵空ごととも思えず納得する内容もそれなりにあり,楽しく読み進めました。
「免疫」とはNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」シリーズのことで,急速に進む技術革新で激変していく未来が紹介されており,若干本書とオーバーラップする物語が描かれています。

私自信も70年代から始まるコンピューターの発展と共に生きてきましたので,特にコンピューターの性能向上に関する筆者の知見(と言うか業界の常識?)は納得がいき,さらに驚きでもありました。

「コンピューターの性能は1年で2倍になる」
との法則を本書で導き出しています。

1年でだけ見ると高々2倍なんですが,なんと10年で1000倍,20年で100万倍になります!!
実際にスーパーコンピューターの性能ランキング「Top500」の歴代ランキングを比較すると直近20年で「50万倍」の性能向上で上記法則にわずか1年足りないだけだったそうです。
私は日本のパソコン黎明期の代表機であるNECの1979年発売「PC-8001」を所有しており以前興味があってちょっとパソコンの性能向上指数を調べたことがありますが大体近い感じです。
手持ちパソコンのスーパーπが29年で200万倍
パソコンの進化はどの程度?
まぼろしのBドライブ搭載 EPSON《PC-386NOTE AR》

驚くべきことは,この法則がこれからも続くと予想されていることです。つまりこれからも10年後で1000倍,20年後で100万倍。
意味するところは,コンピューターは「指数関数的」に性能が向上していくことだそうです。圧倒的な性能向上によって,やがてスーパーコンピューター自信が意識を持ち,スーパーコンピューターがスーパーコンピューターを設計する時代が来ると予見しています。

この法則は当然パソコンにも適用されるため,理屈上は2011年にTop500の頂点に輝いた日本が誇るスーパーコンピューター「京(けい)」の性能を,やがてはパソコンでも実現出来ると見通しています。そして性能が低いレベルなら逆に超小型化が出来,まるで「蚊」のような大きさの自立飛行機器を身にまとわせることが出来るようになるとも言っています。
まあ,普通の人には京の性能は不要と思いますが,想像しただけで何だかワクワクしてきますよね。

筆者の見解として,今現在スーパーコンピューターの性能が「指数関数的」に向上していく起点(立ち上がり)にあり,やがてその性能向上により爆発的な技術発展を起こす「特異点」がやってくると述べています。そしてその特異点がいつ来ても驚かぬよう我々は身構えておく必要があるとも言っています。

今回の読書で一つ人生観が変わってしまいました。どうやら世の中,思った以上にハイスピードで変化しているようで,私のような凡人が気がついた時にはもう手遅れな予感です。
私はネットワーク上から有用なデータを収集し活用するサイドビジネスを計画し,亀のようなスピードで一人コツコツとプログラミングしていますが,この本の内容をもう一度そしゃくし,若干,あるいは大きくビジネスモデルを軌道修正すべきか検討する必要があると思いました。いや,もしかすると人生設計そのものを見つめ直すべきかも知れません。

うーむ,重い課題を背負ってしまった。

はてさて,どうしたものか…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

Oracle VBA/VB oo4o,ODBC,ADO 速度比較

会社で大きなシステム変更がありシステム屋さん達が多忙のため何故だか別業務の私に簡単なデータベース読み出しソフトの制作依頼が来ました。

会社で採用されているデータベースは「オラクル」で,その読み出し用プログラムのコードは主にExcel VBAかVisualBasic6.0,データベース接続クライアントに「oo4o」を使用した10年以上前から変わらぬ構造のものです。

今回依頼されたものは,読み出すデータが異なるだけでコードの基本構造は同じで良かったため,当初,以前からあるVBAのコードをちょっと修正してCSVファイルを出力するプログラムを作りました。

しかし,Excelを自動実行するとオブジェクトが残ってメモリーのゴミになるとかの弊害が自身の経験であったため,仕方無いと思いつつVisualBasic2013+ODBCでコードを丸々作り直しました。

これで完成と思って,何気に読み出し時間を比較してみたところVBAよりもVBの方が倍くらい早い感じ。元々VBAが遅いのか,それともoo4oが遅いのかと思いつつVBAのコードに手を付ける気力は無くて取り敢えず任務完了となりました。

しかし,そういえば自宅で使用しているMySQLはVBAはODBC,VBは「ADO」を使用していることを思い出し,ネット検索してみたところ,オラクルも.NET対応のADOがあるらしいと判明。
Oracle Universal Installerを起動しインストールされているソフトを確認したところ「Oracle Data Provider for .NET」がインストールされていました。
オラクルのホームページの解説では「Oracle Data Provider for .NET(ODP.NET)では、Oracleデータベースに対するADO.NETデータ・アクセスの最適化を実現します。」と記載されており期待が持てます。

で,さっそくADOでもプログラムを記述,ついでにVB+oo4oでも記述し,それぞれ掛かった時間を比較してみました。

結果
ネットワーク上のオラクルデータベースから8000行,19列のデータを読みだした平均時間
VBA oo4o 4.8秒
VB  oo4o 9.7秒
VB  ODBC 2.4秒 VBA比2.0倍高速
VB  ADO  1.4秒 VBA比3.4倍高速

なんとVB+ODBCはVBA比で2倍高速であることが分かりました。ADOであればさらに高速です。但し,何故だかVB+oo4oは超遅いです(多分oo4o関連のパラメータ選択が今いち)。
今回は数秒と短いですが,システム部門から提供されているVBAやソフトではデータ量によっては結果が出るまでたまに30分くらい延々と待たされることがあり業務ロスとなっています(しかも10年来この調子)。
これが,やりようによっては1/3の時間で済むかも知れません。

理想はVBまたはC#でコードを全面書き直しなんですが,ユーザーとしてデータベースの読み出しが遅くて困ることは時間比率では大したことがないので,多分これからもシステム屋の工数は割けないですね。他の優先事項が多すぎます。

なお,ADOが最善との結論になったのですが,社内の複数のPCを確認したところ,なんとインストールされているオラクルのクライアントバージョンが9iと11gの2種類があり,9iの方ではADOがインストールされいないらしく動作しませんでした。
そのため,私自身が制作する小物のツールはどのPCでも動きそうなVB+ODBCとなります。

それにしても,自宅パソコンなら管理者,使用者とも自分一人なので融通が効きますが,社内での歴史あるシステムを作り替えるとなると相当なエネルギーが必要なようですね。
データベースを利用するソフトに関しては改善が進まずこれから10年間もまた同じような感じでしょう。もやもやが取れません。

さて,どうしたものか…


VisualBasicのプログラムコードの一部
(検証したデータベースのクライアント ORACLE 11g)

Oracle oo4o 対応のコード
参照設定 com Oracle Inproc Server 5.0 Type Liberty
(.NET Framework 4対応)
----------------------------------------------------------
Dim oraSess As OracleInProcServer.OraSessionClass
Dim oraDb As OracleInProcServer.OraDatabase
Dim Rs As OracleInProcServer.OraDynaset
Dim cnt As String = userId & "/" & password
Dim objectList As New List(Of Object)

oraSess = New OracleInProcServer.OraSessionClass
oraDb = oraSess.OpenDatabase(database, cnt, OracleInProcServer.dbOption.ORADB_DEFAULT)
----------------------------------------------------------


Oracle ODBC Driver 対応のコード
----------------------------------------------------------
Imports System.Data.Odbc

Dim myCon As New OdbcConnection()
Dim myCommand As New OdbcCommand()
Dim myReader As OdbcDataReader

myCon.ConnectionString = _
"DSN=" & dsn & ";" & _
"DATABASE=" & database & ";" & _
"UID=" & userId & ";" & _
"PWD=" & password & ";"

myCon.Open()
----------------------------------------------------------

Oracle Data Provider for .NET 対応のコード
(.NET Framework 2.0対応)
----------------------------------------------------------
Imports System.Data.Common

Dim factory As DbProviderFactory = _
DbProviderFactories.GetFactory("Oracle.DataAccess.Client")
Dim csbuilder As DbConnectionStringBuilder = _
factory.CreateConnectionStringBuilder
csbuilder("Data Source") = database
csbuilder("User ID") = userId
csbuilder("Password") = password

Dim conn As DbConnection = factory.CreateConnection()
conn.ConnectionString = csbuilder.ConnectionString
conn.Open()
----------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月31日 (火)

VB MySQLのデータをCSVファイルに出力するツール

MySQLで複数のデータベース,テーブルを作ってデータを自動入力させているのですが,データを入力するソフトを制作,デバッグしている際,データベースサーバーにちゃんとデータが入っているかちょっと調べたいと思っても,ちょうど良いツールがなかなか無かったりします(探し方が悪い?)。
MySQL for Excel」と言うアドインツールをオラクルが提供しており,このツールが目的に合うのですが,都度,Excelを起動,データベース選択など煩わしい面もあります。

仕方無い,と言うことでVisualBasicでツールを自作し活用しています。

MySQL データ出力ツール

せっかくなのでこのツールのソースコードを公開します。公開することで手抜きしているコードを直すとか少しは見やすくするとか私に取ってもメリットがあると考え公開しています。

「SqlDataOut.zip」をダウンロード

ダウンロードし活用して頂く場合
ダウンロードしたらすぐにウイルスチェックして下さい。
実行ファイルは含まれていませんのでコンパイルする必要があります。
必然的に「VisualStudio」がインストールされている必要があります。
予め「MySQL Connector/Net」をインストールして下さい。
参照設定で「Mysql.Data」を選択して下さい。
CSVファイルは
数値以外はダブルコーテーション「"」で囲んでいます。
数値にカンマ「,」が含まれている場合,カンマが削除されます。
バグがあるかも知れません。
ツール使用でのいかなる損害も私は責任を負いません。

ツール制作にあたり,ちょっとした裏話があります。
当初,このツールで開始行を指定せずデータ取得すると,何故か必ず1レコード目のデータが取得出来ませんでした。ネットで散々調べても事例無し。もうお手上げ,原因不明,仕方ない,
昇順,降順で2回検索かけて1行足すか…
それもとネットのQ & Aにすがるか…
と思いつつ,そう言えばSQL文を考えていた際に参考にした書籍があった。ここにヒントは無いか? と見直しました。

【改訂第3版】SQLポケットリファレンス


この書籍のLIMIT旬(指定された行だけ取得)のところに下記記載があります。
「使用例 全体の5行目から3行だけを取得します。」
「SELECT * FROM for LIMIT 3 OFFSET 5  PostgreSQL MySQL」
「SELECT * FROM for 5, 3              MySQL」

この記述に従い,似たよう感じでSQL文を組みました。
「" limit " & startNo & "," & rowNo & ";"」

上記説明からしても,また普通に考えても1行目からの場合「startNo=1」となり,その前提でプログラムを書いていました。
で,試しに「startNo=0」としてみたところ,見事に1レコード目からデータを取得出来ました…
なんともトホホな話です。これだけで数日間散々悩みました。
プログラム的には,開始行の入力は1行目(1レコード目)=1を前提とし,内部で-1してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

VB たかがソート,されどSort

No,Dataの2つの配列を連動してDataをキーに降順でソートしたい
のですが,あれこれはまっていました。

下記のようにソートしたい。
ソート前
No Data
1 0.154
2 0.683
3 0.995
4 0.482

ソート後
No Data
3 0.995
2 0.683
4 0.482
1 0.154

VisualBasic6.0やVBAではこういった場合のソート用関数が無いので地味にループして比較でソートするオーソドックスな方法となります。
しかし最新の.NETの時代,ネット検索した感じでは,ソート1つ取ってもなにやら様々な方法があるらしい。主にコレクションのクラスを使ってソートするようですが私の前回のブログ記事(VB ArrayList,LIST(Of T),配列 比較)で掲載した通り私自身コレクションが今1つ分かっていなくてソートとなるとさらに分からない。
でも,出来ることならカッコ良く,しかも高速にソートしたい。
と言うことで無い頭で考えるのは止めて,ひたすらネット検索した結果,いくつかのソート方法を試すことが出来ました。

結果
※シリアルNoと乱数(小数点型)のデータ1万行をソートした時間

項目 時間[s]  コメント
①単純なループでのソート 0.680 
②ArrayListを介しArray.Sort 0.042   
③SortedListでソート その1 0.055 
④SortedListでソート その2 0.076      降順を別ソート
⑤Dictionaryでソート 0.209   昇順のみのソート
⑥単純なArray.Sort 0.005   降順を別ソート

丸付き数字はネット検索で見つけた順番ですが,その順番で試していきました。
オーソドックスな方法が一番軽いイメージを持っているため①の単純ソートが一番遅いのが意外でした。
⑤のDictionaryでのソートは降順にソートする方法が分からず昇順のみの結果です。そのため若干時間が足されます。
実は⑤までやって終わる予定だったのですが最後のひと押しと言うことでさらに検索したところ⑥の単純なArray.Sortを見つけ,これが非常に高速で当たりでした。

結論
単純なArray.Sortでソートする。

もちろん,それぞれの方法にメリット,デメリットがあります。例えばSortedListはどんどんデータを足していくことが出来る上,その都度ソートされますので,その意味では代替の方法がありません(出来たとしても多分遅くなる)。また,要素が文字列だったりすると結果が変わってくるかも知れません。
それから,OrderByなど理解不足でまだ試していない方法がいくつかあります。


それにしても,この情報の海のなかでピンポイントで望む情報を得るのは難しいですね。何事も最後のひと押し,粘りが大切なことを実感しました。


検証に使用したVisualBasicのソースコード
-----------------------------------------------------------
Public Class Form1

'昇順ソート用
Shared Function CreateReversed(Of TKey, TValue)(ByVal source As SortedList(Of TKey, TValue)) As SortedList(Of TKey, TValue)
Return New SortedList(Of TKey, TValue)(source, New ReverseComparer(Of TKey)(source.Comparer))
End Function

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

Dim sw As New System.Diagnostics.Stopwatch()
Dim loop1 As Integer
Dim loop2 As Integer

'元データを準備,シリアルNoと乱数のデータ1万行
Dim no(10000) As Integer
Dim data(10000) As Double
Dim r As New System.Random(1000)
For loop1 = 0 To 10000
no(loop1) = loop1
data(loop1) = r.NextDouble()
Next loop1

'①単純なループでのソート,降順
sw.Start()
Dim swapData As Double
Dim swapNo As Integer
Dim no1(10000) As Integer
Dim data1(10000) As Double
For loop1 = 0 To 10000
no1(loop1) = no(loop1)
data1(loop1) = data(loop1)
Next loop1
For loop1 = 0 To 10000
For loop2 = 10000 To loop1 Step -1
If data1(loop1) < data1(loop2) Then
swapNo = no1(loop1)
no1(loop1) = no1(loop2)
no1(loop2) = swapNo
swapData = data1(loop1)
data1(loop1) = data1(loop2)
data1(loop2) = swapData
End If
Next loop2
Next loop1
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()


'②ArrayListを介しArray.Sortでソート,降順
sw.Start()
Dim Mycompare = New myReverser
Dim no2 As ArrayList = New ArrayList
Dim data2 As ArrayList = New ArrayList
For loop1 = 0 To 10000
no2.Add(no(loop1))
data2.Add(data(loop1))
Next loop1
Dim ar(1)() As Object
ar(0) = no2.ToArray
ar(1) = data2.ToArray
Array.Sort(ar(1), ar(0), Mycompare)
Array.Sort(ar(1), ar(1), Mycompare)
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()


'③SortedListでソート その1,降順
sw.Start()
Dim data3 = New SortedList(New myReverserClass())
For loop1 = 0 To 10000
data3.Add(data(loop1), no(loop1))
Next loop1
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()


'④SortedListでソート その2,降順
sw.Start()
Dim data4A As New SortedList(Of Double, Integer)()
For loop1 = 0 To 10000
data4A.Add(data(loop1), no(loop1))
Next loop1
Dim data4B As New List(Of KeyValuePair(Of Double, Integer))(CreateReversed(data4A))
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()


'⑤Dictionaryでソート,昇順(降順の方法分からず)
sw.Start()
Dim data5A As New Dictionary(Of Double, Integer)()
For loop1 = 0 To 10000
data5A.Add(data(loop1), no(loop1))
Next loop1
Dim data5B As New List(Of KeyValuePair(Of Double, Integer))(data5A)
data5B.Sort(Function(x, y) String.Compare(x.Key, y.Key))
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()


'⑥単純なArray.Sort,降順
sw.Start()
Dim no6(10000) As Integer
Dim data6(10000) As Double
For loop1 = 0 To 10000
no6(loop1) = no(loop1)
data6(loop1) = data(loop1)
Next loop1
Array.Sort(data6, no6)
Array.Reverse(no6)
Array.Reverse(data6)
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

Application.Exit()

End Sub

End Class

'昇順ソート用
Class ReverseComparer(Of T)
Implements IComparer(Of T)
Private comparer As IComparer(Of T)
Public Sub New(ByVal comparer As IComparer(Of T))
Me.comparer = comparer
End Sub
Public Function Compare(ByVal x As T, ByVal y As T) As Integer Implements IComparer(Of T).Compare
Return comparer.Compare(y, x)
End Function
End Class

'昇順ソート用
Public Class myReverser
Implements IComparer
Public Function Compare(ByVal x As Object, ByVal y As Object) As Integer Implements System.Collections.IComparer.Compare
Return New CaseInsensitiveComparer().Compare(y, x)
End Function
End Class

'昇順ソート用
Public Class myReverserClass : Implements IComparer
Private Function Compare(ByVal x As Object, ByVal y As Object) _
As Integer Implements IComparer.Compare
Return ((New CaseInsensitiveComparer()).Compare(y, x))
End Function
End Class

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

VB ArrayList,LIST(Of T),配列 比較

VisualBasic6.0やVBAからVB.NETに移行してきた方はたいていの場合「配列使い」ですよね。しかしVB.NETだと,もはや配列は古い概念であって今は「ArrayList」なんだ,とか,いやいやArrayListも昔の話で今は「ジェネリック(List(Of T))」なんだよ,とかネットで散見されます。
このArrayList,List(Of T)が最初につまずくポイントの1つでなかなか身につきません。

ところで,CSVファイルを読み込むサンプルコードを改めて探していたところ,いつもお世話になっているサイトにいつものように載っていました。
CSV形式のファイルをDataTableや配列等として取得する

で,このサンプルコードの出力がArrayListになっています。
そのコードをあまり気にせず流用させて頂いていたのですが,CSVデータを計算させる自作クラスが元々,2次元配列前提だったためArrayList用に全部コードを直すか,またはデータをArrayListから2次元配列に変換するか,のどちらかの対応が必要になりました。
しかし,そもそもArrayListってもう古いんじゃなかったっけ?
ArrayListはオブジェクトとしてデータを扱うのでキャストがかかり遅くなるって書いてあるし。
となると,直すにしてもList(Of T)だろうし,でも,もしかして配列の方が高速なのでは?
と頭の中が収拾つかなくなったため,実験して方向性を決めることにしました。

まず10万行,5列,カンマ区切りのCSVファイルを用意し,ArrayList,List(Of T),ジャグ配列のそれぞれでファイルを読み込む時間を計測,さらに読み込んだArrayList,List(Of T),ジャグ配列,2次元配列(2次元配列は複製)のデータを変数に代入する時間をそれぞれ計測し比較してみました。

結果  (時間は秒)

項目  CSV読み込み  変数に代入  ArrayList比
ArrayList  1.883  1.4262  
List(Of T)  1.907  0.0066  217倍
ジャグ配列  1.858  0.0037  388倍
2次元配列  -  0.0057  248倍

CSV読み込みはArrayList,List(Of T),ジャグ配列とも同じプログラムコードでかつ3.3MByteもあるファイルを読み込んでいるためか差がないように見えます。対して変数への代入はArrayListだけがすごく遅いことが分かりました。

結論
1)ArrayListは使用しない。
2)検索やソート無しの単純な使用,かつ速度最優先ならジャグ配列。
3)上記2項以外は用途に応じて普通の配列かList(Of T)。

ArrayListは要素がObjectのために遅いのですが,逆に何でもありのObjectだからこそ利点になることもあるようです。
なお,上記計測は変数への代入時間ですが,2次元配列に代入した場合も計測しておりList(Of T),ジャグ配列,2次元配列とも倍程度の時間が掛かっていました。
それからDataTableと言うのもありますが,それも遅いですので用途次第での活用となります(自分でも検証済み)。
意外と遅い DataTable 、なので List  を使うと 5 倍早くなる

List(Of T)の最大の利点は要素数を気にしなくて良いことですが,改めて自分のプログラムコードを眺めると配列宣言で要素数を決め打ちしたり,結構ReDimしていたりで後々のメンテがいま一つ,かつロスっていますのでList(Of T)の活用は非常に有効です。


さて,食わず嫌いを止めて腕まくりしますか…


検証に使用したVisualBasicのソースコード
-----------------------------------------------------------
Imports System.Collections
Imports System.Collections.Generic

Public Class  Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs)_
Handles Button1.Click

Dim sw As New System.Diagnostics.Stopwatch()
Dim  csvFileName As String = "D:\Work\test.csv"
'3月16日,54315,3315,131315,10.432  のようなデータを10万行
Dim csvData1 As New ArrayList() 'ArrayList
Dim csvData2 As New List(Of String()) 'List(Of T)
Dim csvData3()() As String 'ジャグ配列
Dim loop1 As Integer
Dim loop2 As Integer
Dim dummyStr As String = ""

'ArrayListでCSV読み込み
sw.Start()
csvData1  = csvLoad_ArrayList(csvFileName)
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

'List(Of T)でCSV読み込み
sw.Start()
csvData2 =  csvLoad_List(csvFileName)
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

'ジャグ配列でCSV読み込み
sw.Start()
csvData3 =  csvLoad_Array(csvFileName)
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

'ArrayListから変数に代入
sw.Start()
For loop1 = 0 To  csvData1.Count - 1
For loop2 = 0 To csvData1(loop1).length - 1
dummyStr =  csvData1(loop1)(loop2)
Next loop2
Next loop1
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

'List(Of T)から変数に代入
sw.Start()
For loop1 = 0 To csvData2.Count - 1
For loop2 = 0 To  csvData2(loop1).Length - 1
dummyStr = csvData2(loop1)(loop2)
Next loop2
Next loop1
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

'ジャグ配列から変数に代入
sw.Start()
For loop1 = 0 To csvData3.GetLength(0) - 1
For  loop2 = 0 To csvData3(loop1).Length - 1
dummyStr = csvData3(loop1)(loop2)
Next loop2
Next loop1
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

'ジャグ配列から2次元配列を複製
Dim row As Integer = csvData3.GetLength(0)  - 1
Dim col As Integer = csvData3(0).Length - 1
Dim csvData4(row, col) As  String
For loop1 = 0 To csvData3.GetLength(0) - 1
For loop2 = 0 To  csvData3(loop1).Length - 1
csvData4(loop1, loop2) = csvData3(loop1)(loop2)
Next loop2
Next loop1
'2次元配列から変数に代入
sw.Start()
For loop1 = 0 To  csvData4.GetLength(0) - 1
For loop2 = 0 To csvData4.GetLength(1) - 1
dummyStr = csvData4(loop1, loop2)
Next loop2
Next loop1
sw.Stop()
Console.WriteLine(sw.Elapsed)
sw.Reset()

Application.Exit()

End  Sub

Private Function csvLoad_ArrayList(csvFileName As String)

'ArrayListでCSVファイル読み込み
Dim csvRecords As New ArrayList()
Dim tfp As New  FileIO.TextFieldParser(csvFileName, _
System.Text.Encoding.GetEncoding(932))
tfp.TextFieldType = FileIO.FieldType.Delimited
tfp.Delimiters = New String()  {","}
tfp.HasFieldsEnclosedInQuotes = True
tfp.TrimWhiteSpace = True

While Not tfp.EndOfData
Dim fields As String() = tfp.ReadFields()
csvRecords.Add(fields)
End While

tfp.Close()

Return csvRecords

End Function

Private Function csvLoad_List(csvFileName As String)

'List(Of T)でCSVファイル読み込み
Dim csvRecords As New List(Of String())
Dim  tfp As New FileIO.TextFieldParser(csvFileName, _
System.Text.Encoding.GetEncoding(932))
tfp.TextFieldType =  FileIO.FieldType.Delimited
tfp.Delimiters = New String() {","}
tfp.HasFieldsEnclosedInQuotes = True
tfp.TrimWhiteSpace = True

While  Not tfp.EndOfData
Dim fields As String() = tfp.ReadFields()
csvRecords.Add(fields)
End While

tfp.Close()

Return csvRecords

End Function

Private Function csvLoad_Array(csvFileName As String)

'List(Of T)でCSVファイルを読み込みジャグ配列に変換
Dim csvRecords()() As String
Dim  dummyRecords As New List(Of String())
Dim tfp As New  FileIO.TextFieldParser(csvFileName, _
System.Text.Encoding.GetEncoding(932))
tfp.TextFieldType = FileIO.FieldType.Delimited
tfp.Delimiters = New String()  {","}
tfp.HasFieldsEnclosedInQuotes = True
tfp.TrimWhiteSpace = True

While Not tfp.EndOfData
Dim fields As String() = tfp.ReadFields()
dummyRecords.Add(fields)
End While

tfp.Close()

csvRecords =  dummyRecords.ToArray
Return csvRecords

End Function

End Class

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

VB 文字列連結 高速化

私の前回の記事「MySQL Insertが遅い! ので実験してみた」でマルチプルインサートを使用することでInsert文が高速になるが,代わりにSQL作成時間が長くなるため両者のトレードオフになると結論付けました。

その後,例によって私が知らないだけでVisualBasicでの文字列連結も高速化出来るのでは? と思いネット検索したところ,すぐに見つかりました。
文字列処理を高速に行う: .NET Tips: C#, VB.NET
いつもお世話になっているサイトです。結論として「StringBuilderクラス」を使うと見違えるほど早くなるとのこと。特にループで文字列を連結させる場合は効果が大きい,と。

そこで早速,前回のSQL文作成用プログラムコードを流用して実験してみました。

結果
※10万行のSQL文を文字列連結回数で割った回数分作成した合計時間。

文字列連結回数 String[秒] StringBuilder[秒]
1 0.998 1.149
5 0.526 0.458
10 0.568 0.311
50 1.525 0.244
100 2.679 0.263
500 10.425 0.237
1000 25.605 0.281
10000 271.244 0.221

もはや比較するレベルでは無いですね。StringBuilderの方が圧倒的に早く,10回ループあたりから差がつきだし,ループ回数が増えるほど高速になります。
SQLのInsert実行は「StringBuilderクラス」+「マルチプルインサート」が最強であることが分かりました。この結果から目一杯SQL文を連結して一気に処理するのが一番早いことになります。

但し,注意点があります。MySQLサーバーにデータを送る際のサイズには制限があります。
MySQLの設定ファイル「my.ini」に「max_allowed_packet=4M」と記載されておりデフォルトでは最大4MByteです。最大で16MBまで設定出来るようですが,常にこの設定サイズを意識しながら可能な文字列連結回数を見積もる必要があります。


うーむ,それにしても自分の無知が怖い…


検証に使用したVisualBasicのソースコード
-----------------------------------------------------------
Imports System.Text

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, _
e As EventArgs) Handles Button1.Click

Dim swMake As New System.Diagnostics.Stopwatch()
Dim sqlStr As String = Nothing
Dim repeat1 As Integer
Dim repeat2 As Integer
Dim strClass As String = Nothing
Dim mes As String
Dim loop1 As Integer
Dim loop2 As Integer
Dim loop3 As Integer

For loop1 = 1 To 9
If loop1 = 1 Then repeat1 = 1
If loop1 = 2 Then repeat1 = 5
If loop1 = 3 Then repeat1 = 10
If loop1 = 4 Then repeat1 = 50
If loop1 = 5 Then repeat1 = 100
If loop1 = 6 Then repeat1 = 500
If loop1 = 7 Then repeat1 = 1000
If loop1 = 8 Then repeat1 = 5000
If loop1 = 9 Then repeat1 = 10000
repeat2 = 100000 / repeat1
For loop2 = 1 To 2
If loop2 = 1 Then strClass = "String "
If loop2 = 2 Then strClass = "StringBuilder "
For loop3 = 1 To repeat2
swMake.Start()
If loop2 = 1 Then sqlStr = makeSqlStr1(repeat1)
If loop2 = 2 Then sqlStr = makeSqlStr2(repeat1)
swMake.Stop()
Next loop3
mes = strClass & "文字列作成 " & repeat1 & "×" & repeat2 & " "
Console.WriteLine(mes & swMake.Elapsed.ToString)
swMake.Reset()
Next loop2
Next loop1

Application.Exit()

End Sub

'Stringクラスでの文字列結合
Private Function makeSqlStr1(repeat As Integer) As String

Dim workStr As String
Dim dtToday As DateTime = DateTime.Today
Dim loop1 As Integer

workStr = "INSERT INTO test1 "
workStr &= "(date,dataA,dataB,dataC,dataD) "
workStr &= "VALUES "
For loop1 = 1 To repeat
workStr &= "('" & dtToday.ToString & "',"
workStr &= "'テストテストテスト',"
workStr &= loop1.ToString & ","
workStr &= "1234567890,"
workStr &= "1234567.89"
workStr &= "),"
Next
workStr = workStr.TrimEnd(","c)
workStr &= ";"

Return workStr

End Function

'StringBuilderクラスでの文字列結合
Private Function makeSqlStr2(repeat As Integer) As String

Dim workStr As String
Dim dtToday As DateTime = DateTime.Today
Dim sb1 As New StringBuilder()
Dim loop1 As Integer

'StringBuilderのバッファーサイズを決めるために
'ダミーで文字列を作成
sb1.Append("('")
sb1.Append(dtToday.ToString)
sb1.Append("',")
sb1.Append("'テストテストテスト',")
sb1.Append(loop1.ToString)
sb1.Append(",")
sb1.Append("1234567890,")
sb1.Append("1234567.89")
sb1.Append("),")

'バッファーサイズを指定,余裕を見て3倍にしてある
Dim sb2 As New StringBuilder(sb1.Length * repeat * 3)

sb2.Append("INSERT INTO test1 ")
sb2.Append("(date,dataA,dataB,dataC,dataD) ")
sb2.Append("VALUES ")
For loop1 = 1 To repeat
sb2.Append("('")
sb2.Append(dtToday.ToString)
sb2.Append("',")
sb2.Append("'テストテストテスト',")
sb2.Append(loop1.ToString)
sb2.Append(",")
sb2.Append("1234567890,")
sb2.Append("1234567.89")
sb2.Append("),")
Next
workStr = sb2.ToString
workStr = workStr.TrimEnd(","c)
workStr &= ";"

Return workStr

End Function

End Class

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

MySQL Insertが遅い! ので実験してみた

独学でMySQLを使い始めて2年くらいになりますが,最近,CSVファイルから大量のデータを読んでデータベースに書き込みさせる機会があり,その際にとてつもなく時間が掛かることが判明しました。丸3日間くらい掛かってようやく書き込みが終わる事態に…
いくらなんでも遅すぎると言うことでネット検索してみたら同様の案件が多数あり。結論として「マルチプルインサート」を使うと見違えるほど早くなるとのこと。

通常のSQLインサート文(シングルインサート)
INSERT INTO test1 (date,dataA,dataB,dataC,dataD) VALUES
('2015/3/1','テスト',100,1234567890,1234567.89);

マルチプルインサートのSQL文
INSERT INTO test1 (date,dataA,dataB,dataC,dataD) VALUES
('2015/3/1','テスト1',101,1234567891,1234567.00),
('2015/3/2','テスト2',102,1234567892,2234567.11),
('2015/3/3','テスト3',103,1234567893,3234567.22),
('2015/3/4','テスト4',104,1234567894,4234567.33),
('2015/3/5','テスト5',105,1234567895,5234567.44),
('2015/3/6','テスト6',106,1234567896,6234567.55);
複数行のデータをつなげて記述。

実際に実験した結果報告もあり効果のほどは疑いようが無いのですが疑問が1つ湧きました。

マルチプルインサートで早くなるのは分かったが,逆にSQL文の文字列作成で時間が掛かって相殺されるのでは?

と言うことで早速実験してみました。

VisualBasic2013
MySQL Server 5.6
MySQL Connector Net 6.9.5
を使って10万行のデータを書き込むプログラムコードを作成。

使用テーブル ※2つ目のテーブルはインデックス付き
CREATE TABLE test1 (
id INT UNSIGNED PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
date DATETIME,
dataA VARCHAR(30),
dataB INT(8),
dataC BIGINT(12),
dataD DECIMAL(10,3)
);
CREATE TABLE test2 (
id INT UNSIGNED PRIMARY KEY AUTO_INCREMENT,
date DATETIME,
dataA VARCHAR(30),
dataB INT(8),
dataC BIGINT(12),
dataD DECIMAL(10,3),
index(date),
index(dataB)
);

1行のSQL文を10万回実行する方法から最大で1万行分のデータを一まとめにして10回のSQL文で実行する方法まで9段階を試し,それぞれでSQL文作成に掛かる時間,SQL実行に掛かる時間を計測し集計しました。
1行×10万回
5行×2万回
10行×1万回
50行×2000回
100行×1000回
500行×200回
1000行×100回
5000行×20回
1万行×10回

結果
10万行のSQL実行時間(単位:秒) ※インデックス無しテーブルの場合

SQL行結合 実行回数 SQL文作成 SQL実行 トータル
1 100000 1.0 51.4 52.4
5 20000 0.5 12.9 13.4
10 10000 0.6 8.2 8.8
50 2000 1.6 5.8 7.4
100 1000 3.0 5.2 8.2
500 200 11.4 6.9 18.3
1000 100 27.7 6.9 34.6
5000 20 151.5 3.0 154.5
10000 10 282.6 3.3 285.9

SQL実行時間(10万行)

結論として
・SQL実行時間差は最大で17倍。マルチプルインサートの効果あり。
・但し1000回実行あたりから頭打ち。
・SQL文作成時間は行数が増えるほど悪化。
・よって両者のトレードオフになる。
 今回の場合は100行をまとめて1000回実行するラインがベストだった。
 その場合,シングルインサート比の時間差で約6倍早い。

なお,テーブルにインデックスがある場合と無い場合の時間差も調べましたが大差が無かったため掲載を割愛しました(インデックスありの方が遅いはず?)。インデックスの付け方が悪かったかも知れないので後日再度検証予定です。


うーむ,それにしても,これが会社業務なら「知らなかった」では済まされませんね。他に似たようなロスが沢山転がっていそうです。

さて,どうしたものか…


検証に使用したVisualBasicのソースコード
-----------------------------------------------------------
Imports MySql.Data.MySqlClient

Public Class Form1

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
Handles Button1.Click

Dim swMake As New System.Diagnostics.Stopwatch()
Dim swRun As New System.Diagnostics.Stopwatch()
Dim Connection As New MySqlConnection
Dim Command As MySqlCommand
Dim ConnectStr As String
Dim sqlStr As String
Dim repeat1 As Integer
Dim repeat2 As Integer
Dim index As String = Nothing
Dim mes As String
Dim loop1 As Integer
Dim loop2 As Integer
Dim loop3 As Integer

ConnectStr = "Database=test;"
ConnectStr &= "Data Source=localhost;"
ConnectStr &= "User Id=XXXXXX;"
ConnectStr &= "Password=YYYYYY;"
Connection.ConnectionString = ConnectStr
Connection.Open()
Command = Connection.CreateCommand

For loop1 = 1 To 9
If loop1 = 1 Then repeat1 = 1
If loop1 = 2 Then repeat1 = 5
If loop1 = 3 Then repeat1 = 10
If loop1 = 4 Then repeat1 = 50
If loop1 = 5 Then repeat1 = 100
If loop1 = 6 Then repeat1 = 500
If loop1 = 7 Then repeat1 = 1000
If loop1 = 8 Then repeat1 = 5000
If loop1 = 9 Then repeat1 = 10000
repeat2 = 100000 / repeat1
For loop2 = 1 To 2
If loop2 = 1 Then index = "インデックス無し "
If loop2 = 2 Then index = "インデックスあり "
For loop3 = 1 To repeat2
swMake.Start()
sqlStr = makeSqlStr(loop3, repeat1)
swMake.Stop()
swRun.Start()
Command.CommandText = sqlStr
Command.ExecuteNonQuery()
swRun.Stop()
Next loop3
mes = index & "文字列作成 " & repeat1 & "×" & repeat2 & " :"
Console.WriteLine(mes & swMake.Elapsed.ToString)
mes = index & "実行 " & repeat1 & "×" & repeat2 & " :"
Console.WriteLine(mes & swRun.Elapsed.ToString)
swMake.Reset()
swRun.Reset()
Next loop2
Next loop1

Command.Dispose()
Connection.Close()
Connection.Dispose()

Application.Exit()

End Sub

Private Function makeSqlStr(selectTabele As Integer, _
                             repeat As Integer) As String

Dim workStr As String
Dim dtToday As DateTime = DateTime.Today
Dim loop1 As Integer

If selectTabele = 1 Then
workStr = "INSERT INTO test1 "
Else
workStr = "INSERT INTO test2 "
End If
workStr &= "(date,dataA,dataB,dataC,dataD) "
workStr &= "VALUES "
For loop1 = 1 To repeat
workStr &= "('" & dtToday.ToString & "',"
workStr &= "'テストテストテスト',"
workStr &= loop1.ToString & ","
workStr &= "1234567890,"
workStr &= "1234567.89"
workStr &= "),"
Next
workStr = workStr.TrimEnd(","c)
workStr &= ";"

Return workStr

End Function

End Class

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

VB WebBrowser HTML取得時間 IEバージョン差比較

半年以上前にVisualBasicでWebBrowserクラスを用いてWebページから情報を取得するプログラムをいくつか制作していました。同じページをInternetExplorer(以降IE)とVBフォーム内のWebBrowser両方で表示させ見比べながら,どこのボタンを押すのかなどを探りつつ作業を進めていくのですが,何故だが複数の特定ページでWebBrowser側の表示や挙動がおかしい。結局,原因が分からないままそのプログラムは後で検証しようと棚上げにしていました。

その後,偶然ネット徘徊の情報でWebBrowserは内部的にはIEが動作しており,しかもバージョンがかなり古い「IE7」であるとのことを知り,合点がいくと納得しました。該当のWebサイトは昨年4月のWindowsXPサポート終了に合わせてIEのサポートがIE8以降に変更されていました。WebBrowserのIEバージョンを変更して近々棚上げプログラムの制作再開を予定しています。

で,1つ疑問が湧きました。「IEのバージョンが新しい方が高速なはずだ!(根拠不明)」。ならばバージョンの違いでHTMLを読み込む速度がどの程度異なるのか是非知りたい,と。

と言うことで早速,前回の「VB HTML取得時間比較 WebClient,WebBrowser,IE」のプログラムコードをほぼそのまま使用し検証してみました。

前回は文字羅列のHTMLで100KByteと10MBteyのファイルを使用しました。半角の英文字(A~Z)を300桁×容量に合う行数としていました。今回は更に桁数が100桁,200桁のものも準備しました。
また,例えば10MBのファイルだと300桁×34997行とかになりますが現実的にそんなHTMLファイルは存在しないでしょうから,ごく普通の,HTMLが10KB程度に写真3枚100KB程度のファイルも準備し,計7種類のファイルを4種の方法でHTML取得し時間を比較してみました。

WebBrowseのIEバージョンは最新の「IE11」とサポート外となりつつある「IE7」を比較しています。

  VisualBasic HTMLファイル取得時間比較
項目 取得回数 平均時間[ms] WB IE7比
①HTML 100KB 半角英文字100桁×1004行
 IE11 22  789   
 WB IE11 22  221  1.1倍 
 WB IE7 28  202   
 WC 22  22   
②HTML 100KB 半角英文字200桁×506行
 IE11 22  717   
 WB IE11 22  199  1.1倍 
 WB IE7 28  184   
 WC 22  22   
③HTML 100KB 半角英文字300桁×338行
 IE11 20  727   
 WB IE11 20  191  1.1倍 
 WB IE7 24  181   
 WC 20  21   
④HTML 10MB 半角英文字100桁×102804行
 IE11 23  6058   
 WB IE11 21  11450  2.0倍 
 WB IE7 28  5644   
 WC 24  70   
⑤HTML 10MB 半角英文字200桁×47393行
 IE11 22  8505   
 WB IE11 21  8082  2.2倍 
 WB IE7 25  3630   
 WC 22  67   
⑥HTML 10MB 半角英文字300桁×34997行
 IE11 21  7504   
 WB IE11 21  7365  2.2倍 
 WB IE7 20  3317   
 WC 21  69   
⑦HTML 14.4KB + 画像3枚計141.3KB
 IE11 24  639   
 WB IE11 24  181  1.0倍 
 WB IE7 21  186   
 WC 24  22   
 WB = WebBrowser, WC = WebClient

結果として,
自分の見当とは逆にWebBrowserでは最新のIE11よりもIE7の方が高速でした。但し,一般的なHTML容量と言える100KB以下ではほとんど差がありませんでした。また,JavaScriptが付加されている場合などは結果が変わるかも知れません。

なお,WebBrowse(IE11)とIE11オブジェクトではHTMLのファイル容量や桁数,行数で結果が逆転しており優劣は判断出来ませんでした。

WebBrowseのIEバージョンの切り替えには下記サイトを参考にさせて頂きました。
C# WebBrowserのレンダリングモード
上記のC#のコードをVBに変換し活用しました。

WebBrowseのIEバージョン切り替え VisualBasicソースコード
※レジストリを操作しますので使用は自己責任でお願いします。
-----------------------------------------------------------
Imports System.Runtime.Serialization

Public Class Form1

Dim FEATURE_BROWSER_EMULATION As String = _
"Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION"
Dim FEATURE_DOCUMENT_COMPATIBLE_MODE As String = _
"Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_DOCUMENT_COMPATIBLE_MODE"

Dim userAgent As Integer = 11001 'IE11
Dim renderingMode As Integer = 110000 'IE11

Dim exeName As String = "WindowsApplication1.exe" 'デバッグ時は.vshost.exeにしておく
'Dim exeName As String = "WindowsApplication1.vshost.exe"


Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

Dim regkey1 As Microsoft.Win32.RegistryKey = _
Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.CreateSubKey(FEATURE_BROWSER_EMULATION)
Dim regkey2 As Microsoft.Win32.RegistryKey = _
Microsoft.Win32.Registry.CurrentUser.CreateSubKey(FEATURE_DOCUMENT_COMPATIBLE_MODE)

'userAgent = 7000 'IE7
'renderingMode = 70000 'IE7

regkey1.SetValue(exeName, userAgent, Microsoft.Win32.RegistryValueKind.DWord)
regkey2.SetValue(exeName, renderingMode, Microsoft.Win32.RegistryValueKind.DWord)

regkey1.Close()
regkey2.Close()

End Sub

End Class

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

VB HTML取得時間比較 WebClient,WebBrowser,IE

いまや企業のみならず
個人においてもビックデータな時代
ではないでしょうか?

その気さえあれば個人でもネットにあふれる情報を収集,分析することで実りあるアウトプットを期待出来ると思います。

例えば,「Yahoo!検索(リアルタイム)」ではTwitterなどの投稿をワード検索出来,時間ごとの件数を表示してくれますが特定ワードの検索結果を一定間隔で収集しデータベースに溜め込み時間帯などの独自の切り口で分析するなどアイディアは沢山あると思います。

その意味で「WebページからHTMLデータを取得する」ことが入り口の作業として重要になってきます。

HTMLのデータ収集はプログラミングで実現出来ますが,例えばVisualBasic(VB)の場合だと,いくつかの方法(プログラムコード)があります。

主に
1)WebClientクラス を使用
2)WebBrowserクラス を使用
3)InternetExplorer(IE)オブジェクト を使用

それぞれ長所短所があります。
WebClient → 簡単で高速,但しページ上のボタンが押せないなど
WebBrowser → ブラウザーの機能を有しほとんどのことが出来る
IEオブジェクト → 面倒で低速,但しVBAなどでポピュラー

VBの場合,WebClientかWebBrowserかどちらかの選択で,ボタンを押す必要がある,セッションを維持する必要などの場合はWebBrowserになります。

その前提で使い分けてプログラミングしている訳ですが,ふと「WebClientが高速」って思ってたけど本当に高速なの?高速だとしてどのくらい高速なの? と疑問が湧いてきます。そう思い始めると気になってしょうがありません。

と言うことで実験してみました。

実験前にWebBrowserで注意点があります。
WebBrowserも内部的にIEが動作しているそうですが,標準で「IE7」のバージョンに設定されます。IE7はWindowsXP以前のバージョンですのでWebサイトによっては対応していません。また,バージョンが上がるほど高速になるなどの利点もありますので予め適切なバージョンを強制設定しておく必要があります。今回は下記のサイトを参考に最新の「IE11」に設定してあります。
※多分,IE11そのものがインストールされている必要があります。
WebBrowser コントロールで使われている Internet Explorerを最新のバージョンに変更する
C# WebBrowserのレンダリングモード
WebBrowserコントロールのIEバージョン

実験方法
1)中身が単なる文字羅列の100KByteと10MByteの
 HTMLファイルをローカルフォルダー(例えばDドライブ)
 に用意します。
2)WebClient,WebBrowser,IEオブジェクトのそれぞれで
 HTMLを読み込みその時間を計測します。
 プログラムコードは下記参照。
3)計測値の10回の平均を算出します。

当初,連続してページを読み込みましたが100KByteファイルで確認中に段々時間が早くなっていく現象がありました。計測前にIEの一時ファイルは削除していますがどこかの経路でキャッシュが働いているかも知れません。そのため面倒でしたが1回1回プログラムを終了,起動させながらデータを取得しました。

なお,VisualStudioのデバックモードでプログラムを実行しました。
パソコンはCeleron B840+256GB SSDのノートパソコンです。

計測結果
クラス/obj    サイズ   結果   WC比  WB比
WebClient(WC)  100KB   25ms
WebClient(WC)   10MB   67ms
WebBrowser(WB) 100KB  156ms  6.4倍
WebBrowser(WB)  10MB 1169ms 17.4倍
IE             100KB  423ms 16.9倍 2.7倍
IE             100KB 6895ms  102倍 5.8倍

結果として,WebClientがダントツに高速でした。
ただ,ローカルドライブのファイルをアクセスしており,Webからの場合,TCP/IP通信時間などのゲタが足されて幾分相殺されると思います。
(実際の時間差は少ないかも知れない)

逆にローカルファイルだったことでそれぞれの方法の時間差を正確に把握出来たとも言えますのでWebClientとWebBrowserをきっちり使い分けてプログラミングしていく必要性を改めて認識出来ました。

検証に使用したVisualBasicのソースコード
-----------------------------------------------------------
Imports System.IO
Imports System.Timers

'参照
'Microsoft.msHtml
'Microsoft Internet Controls

Public Class Form1
Private myUrl As String
'ストップウオッチ
Private sw As New System.Diagnostics.Stopwatch()
'IE
Private WithEvents IE As SHDocVw.InternetExplorer

Private Sub Form1_Load(sender As Object, e As EventArgs) _
                                        Handles Me.Load
myUrl = "D:\Work\check_100KB.html"
'myUrl = "D:\Work\check_10MB.html"
End Sub

'IEオブジェクトでページを開く
Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
                                     Handles Button1.Click
delIeCache()
If Not (IE Is Nothing) Then
IE.Quit()
IE = Nothing
End If
sw.Start()
IE = New SHDocVw.InternetExplorer
IE.Visible = False
sw.Start()
IE.Navigate2(myUrl)
End Sub

'IEオブジェクトのドキュメントコンパレート
Private Sub IE_DocComplete(pDisp As Object, ByRef URL As Object) _
              Handles IE.DocumentComplete
If Not TypeName(pDisp) = "IWebBrowser2" Or _
        URL.ToString myUrl Then Return
Invoke(New SHDocVw.DWebBrowserEvents2_DocumentCompleteEventHandler(AddressOf myDocComplete), pDisp, URL)
End Sub

'IEオブジェクトのドキュメントコンパレート
Private Sub myDocComplete(ByVal pDisp As Object, ByRef URL As Object)
Dim ieDoc As mshtml.HTMLDocument = _
CType(IE.Document, mshtml.HTMLDocument)
Dim html As String = ieDoc.body.innerHTML
MRComObject(ieDoc)
sw.Stop()
System.Diagnostics.Debug.WriteLine("IE " & sw.ElapsedMilliseconds)
sw.Reset()
End Sub

'COMオブジェクトの開放
Public Shared Sub MRComObject(Of T As Class) _
(ByRef objCom As T, Optional ByVal force As Boolean = False)
If objCom Is Nothing Then
Return
End If
Try
If System.Runtime.InteropServices.Marshal.IsComObject(objCom) Then
If force Then
System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject(objCom)
Else
Dim count As Integer = _
System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(objCom)
If count 0 Then
Debug.Print(count.ToString())
System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject(objCom)
End If
End If
End If
Finally
objCom = Nothing
End Try
End Sub

'WebBrowserでページを開く
Private Sub Button2_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
                                     Handles Button2.Click
delIeCache()
sw.Start()
WebBrowser1.ScriptErrorsSuppressed = True
WebBrowser1.Visible = False
WebBrowser1.Navigate(myUrl)
End Sub

'WebBrowserのドキュメントコンパレート
Private Sub WebBrowser1_DocumentCompleted(ByVal sender As System.Object,
ByVal e As System.Windows.Forms.WebBrowserDocumentCompletedEventArgs) _
                         Handles WebBrowser1.DocumentCompleted
If Not TypeName(sender) = "WebBrowser" Then Exit Sub
If e.Url DirectCast(sender, WebBrowser).Url Then Exit Sub
Dim html As String = WebBrowser1.Document.Body.InnerHtml
sw.Stop()
System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WB " & sw.ElapsedMilliseconds)
sw.Reset()
End Sub

'WebClient.DownloadStringでHTML取得
Private Sub Button3_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
                                        Handles Button3.Click
delIeCache()
sw.Start()
Dim wc As New System.Net.WebClient()
wc.Encoding = System.Text.Encoding.UTF8
Dim HTML As String = wc.DownloadString(myUrl)
wc.Dispose()
sw.Stop()
System.Diagnostics.Debug.WriteLine("WC " & sw.ElapsedMilliseconds)
sw.Reset()
End Sub

'IEの一時ファイル削除 本当に削除されているかは未確認…
Sub delIeCache()
Dim D As String
D = System.Environment.GetFolderPath(Environment.SpecialFolder.InternetCache)
Dim F() As String
Try
F = Directory.GetFiles(D, "*", SearchOption.AllDirectories)
For I As Integer = 0 To (F.Length - 1)
File.Delete(F(I))
Next
Catch ex As Exception
End Try
End Sub

'フォームを閉じる時の処理
Private Sub Form1_FormClosed(sender As Object, _
                           e As FormClosedEventArgs) _
                                Handles Me.FormClosed
If Not (IE Is Nothing) Then
IE.Quit()
System.Runtime.InteropServices.Marshal.FinalReleaseComObject(IE)
IE = Nothing
End If
End Sub

Private Sub Button4_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
                                          Handles Button4.Click
Application.Exit()
End Sub
End Class

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月31日 (土)

VisualBasic VBでExcelのシート取り込み,読み込み

VisualBasicでExcelシートのデータを取り込みたいのですがネットを探しても自分が欲しいピンポイントのクラス,コードが見つからなかったため自作しました。自分用のマニアックな機能になっていますが参考になればと思いアップしました。

自作のクラスは下記のような機能があります。
シート番号またはシート名を指定して1つのシートから下記の3種の方法でデータを取り込み出来ます。
・全列,全行を取り込み
・列番号を指定して全行を取り込み
・列名を指定して全行を取り込み ※列名は1行目であること

バグがあるかも知れませんし思い通りの取り込みが出来ないかも知れません。自己責任でお願いします。

自作にあたり
VB.NETからExcelファイルのデータを読み込むには
の記事を参考にさせて頂きました。開いたExcelオブジェクトをチリも残さず「開放」させる手順を詳しく解説して頂いており大変参考になりました。

下手の横好きでプログラミングしており我流が染み付いています。バグ,見苦しい,助長,意味不明なコードとかあると思いますので遠慮せず指摘して頂ければ勉強になります。

参照設定のCOMから「Microsoft Excel XX.X Object Library」を選択。
-------------------------------------------------------------------
Imports System.IO
Imports System.Runtime.InteropServices
Imports Microsoft.Office.Interop

Public Class ExcelImport

''' <summary>
''' 読み込むExcelファイルのフォルダー名,末尾「\」,例 D:\Data\
''' </summary>
''' <value>フォルダー名</value>
''' <returns>フォルダー名</returns>
''' <remarks></remarks>
Public Property excelFolderName() As String
''' <summary>
''' 読み込むExcelファイル名,例 ABCDEF.xls
''' </summary>
''' <value>Excelファイル名</value>
''' <returns>Excelファイル名</returns>
''' <remarks></remarks>
Public Property excelFileName() As String
''' <summary>
''' エラーNo,0=OK,1=NG
''' </summary>
''' <value>数値</value>
''' <returns>数値</returns>
''' <remarks></remarks>
Public Property errNo() As Integer
''' <summary>
''' エラー内容
''' </summary>
''' <value>文字列</value>
''' <returns>文字列</returns>
''' <remarks></remarks>
Public Property errMes() As String

Public Sub New()
_excelFolderName = "D:\Data\"
_excelFileName = "ABCDEF.xls"
_errNo = 0
_errMes = ""
End Sub

''' <summary>
''' Excelファイルから取り込み
''' </summary>
''' <param name="sheetSelect">
''' 0=シート名指定,1以上の数値はシート番号</param>
''' <param name="sheetName">読み込むシート名</param>
''' <param name="colSelect">
''' 0=全列読み込み,1=列番号指定,2=列名指定</param>
''' <param name="colName">1次元のString配列,列番号or列名</param>
''' <returns>2次元のオブジェクト配列</returns>
''' <remarks>列名はシートの1行目に記載されていることが条件</remarks>
Public Function excelImport(sheetSelect As Integer, _
                sheetName As String, _
                colSelect As Integer, _
                colName() As String) _
                      As Object(,)

Dim excelApp As Excel.Application = Nothing
Dim wkbk As Excel.Workbook = Nothing
Dim wkbks As Excel.Workbooks = Nothing
Dim sheets As Excel.Sheets = Nothing
Dim wksheet As Excel.Worksheet = Nothing
Dim crRange As Excel.Range = Nothing
Dim crMax As Excel.Range = Nothing
Dim colMax As Integer
Dim rowMax As Integer
Dim colNo As Integer
Dim rowNo As Integer
Dim dummyStr As String

excelImport = Nothing

Try
dummyStr = excelFolderName.Substring(excelFolderName.Length - 1, 1)
If dummyStr <> "\" Then
excelFolderName = excelFolderName & "\"
End If

If sheetSelect = 0 Then
If sheetName = Nothing OrElse sheetName = "" Then
Throw New Exception("シート名が指定されていない")
End If
End If

If colSelect > 2 Then
Throw New Exception("列選択番号が不適切" & vbCrLf & _
                    "2以下のところ" & colSelect)
End If

If colSelect = 1 Then
If colName Is Nothing OrElse Not IsNumeric(colName(0)) Then
Throw New Exception("指定列番号が不適切" & vbCrLf & _
                    "配列の中身無し or 最初が数値では無い")
End If
End If

If colSelect = 2 Then
If colName Is Nothing OrElse colName(0) = "" Then
Throw New Exception("指定列名が不適切" & vbCrLf & _
                    "配列の中身無し or 最初が空")
End If
End If

If Not File.Exists(excelFolderName & excelFileName) Then
Throw New Exception("Excelファイルが存在しない " & vbCrLf & _
excelFolderName & excelFileName)
End If

'Excelアプリケーションの開始
excelApp = New Excel.Application
wkbks = excelApp.Workbooks' ← 暗黙的変換を回避
'ファイルオープン
wkbk = excelApp.Workbooks.Open(excelFolderName & excelFileName)
sheets = wkbk.Worksheets

If sheets.Count < sheetSelect Then
Throw New Exception("指定したシート番号がシート数以上" & vbCrLf & _
sheets.Count & " 以下に対し " & sheetSelect)
End If

If sheetSelect = 0 Then
'指定シート名を検索し設定
For Each oSheet In sheets
If sheetName = oSheet.Name Then
wksheet = oSheet
End If
Next
If wksheet Is Nothing Then
Throw New Exception("指定したシート名が見つからない " & sheetName)
End If
Else
'シート番号で設定
wksheet = sheets(sheetSelect)
End If

'列,行の最大値を抽出
crMax=wksheet.Cells.SpecialCells(Excel.XlCellType.xlCellTypeLastCell)
colMax = crMax.Column
rowMax = crMax.Row

If colSelect = 1 Or colSelect = 2 Then
If colName.Length > colMax Then
Throw New Exception("指定列番号数が最大列数以上" & vbCrLf & _
           colMax & " 以下に対し " & colName.Length)
End If
End If

Dim cells = wksheet.Cells
Dim tl = cells
Dim br = cells

'全桁のデータを抽出
If colSelect = 0 Then
tl = cells(1, 1)
br = cells(rowMax, colMax)
crRange = wksheet.Range(tl, br)
excelImport = crRange.Value
End If

'列番号を指定してデータを抽出
If colSelect = 1 Then
Dim dummyData(rowMax, colName.Length - 1) As Object
Dim colNo2 As Integer = -1
For colNo = 0 To colName.Length - 1
If Not IsNumeric(colName(colNo)) Then Continue For
If Integer.Parse(colName(colNo)) = 0 Then Continue For
If Integer.Parse(colName(colNo)) > colMax Then Continue For
colNo2 += 1
For rowNo = 1 To rowMax
tl = cells(rowNo, Integer.Parse(colName(colNo2)))
br = cells(rowNo, Integer.Parse(colName(colNo2)))
dummyData(rowNo - 1, colNo) = wksheet.Range(tl, br).Value
Next
Next
If colNo2 > -1 Then
excelImport = dummyData
Else
Throw New Exception("指定列番号無し")
End If
End If

'列名を指定してデータを抽出
If colSelect = 2 Then
Dim dummyData(rowMax, colName.Length - 1) As Object
Dim colNo2 As Integer = -1
Dim loop1 As Integer
For colNo = 0 To colName.Length - 1
If colName(colNo) = "" Then Continue For
For loop1 = 1 To colMax
tl = cells(1, loop1)
br = cells(1, loop1)
If colName(colNo) = wksheet.Range(tl, br).Value Then
colNo2 += 1
For rowNo = 1 To rowMax
tl = cells(rowNo, loop1)
br = cells(rowNo, loop1)
dummyData(rowNo - 1, colNo2) = wksheet.Range(tl, br).Value
Next
Exit For
End If
Next
Next
If colNo2 > -1 Then
excelImport = dummyData
Else
Throw New Exception("指定列名無し")
End If
End If

Catch ex As Exception
errNo = 1
errMes = ex.Message
Finally
'解放(全ての解放を行うため、FinalReleaseComObjectを利用します)
If Not crRange Is Nothing Then
Marshal.FinalReleaseComObject(crRange)
crRange = Nothing
End If
If Not crMax Is Nothing Then
Marshal.FinalReleaseComObject(crMax)
crMax = Nothing
End If
If Not wksheet Is Nothing Then
Marshal.FinalReleaseComObject(wksheet)
wksheet = Nothing
End If
If Not sheets Is Nothing Then
Marshal.FinalReleaseComObject(sheets)
sheets = Nothing
End If
If Not wkbk Is Nothing Then
'元のExcelファイルは保存せず終了。
wkbk.Close(SaveChanges:=False)
Marshal.FinalReleaseComObject(wkbk)
wkbk = Nothing
End If
If Not wkbks Is Nothing Then
Marshal.FinalReleaseComObject(wkbks)
wkbks = Nothing
End If
If Not excelApp Is Nothing Then
excelApp.Quit()
Marshal.FinalReleaseComObject(excelApp)
excelApp = Nothing
End If
End Try

End Function
End Class
-------------------------------------------------------------------
検証用コード

Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) _
                    Handles Button1.Click

Dim colName() As String = Nothing
Dim excelData(,) As Object
Dim errNo As Integer

Dim excelIn As New ExcelImport
excelIn.excelFolderName = "D:\Work\"
excelIn.excelFileName = "TEST.xlsx"
'シート番号を指定し全列,全行を取り込み
excelData = excelIn.excelImport(1, "", 0, colName)
errNo = excelIn.errNo
excelIn = Nothing

excelIn = New ExcelImport
excelIn.excelFolderName = "D:\Work\"
excelIn.excelFileName = "TEST.xlsx"
'シート名を指定し全列,全行を取り込み
excelData = excelIn.excelImport(0, "Sheet1", 0, colName)
errNo &= excelIn.errNo
excelIn = Nothing

excelIn = New ExcelImport
excelIn.excelFolderName = "D:\Work\"
excelIn.excelFileName = "TEST.xlsx"
'列番号を指定して取り込み
colName = {"1", "7", "22"}
excelData = excelIn.excelImport(0, "Sheet1", 1, colName)
errNo &= excelIn.errNo
excelIn = Nothing

excelIn = New ExcelImport
excelIn.excelFolderName = "D:\Work\"
excelIn.excelFileName = "TEST.xlsx"
'列名を指定して取り込み ※列名は1行目であること
colName = {"日付", "時間", "データA", "データB", "合計"}
excelData = excelIn.excelImport(1, "", 2, colName)
errNo &= excelIn.errNo
excelIn = Nothing

If errNo = 0 Then
MessageBox.Show("処理が終了しました。", _
                       "処理終了", _
                       MessageBoxButtons.OK)
Else
MessageBox.Show("エラーNo=" & errNo, _
                       "エラー", _
                       MessageBoxButtons.OK, _
                       MessageBoxIcon.Error)
End If
End Sub

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水)

《Windows 10 Technical Preview》インストール

私が初めて「OS(オペレーティングシステム)」を購入したのは,ほとんど覚えていないのですが1990年にNECのノートパソコン「PC-9801N」を購入したころだと思います。当時からHDDモデルはパソコン本体だけでは動作しなくて最低限OSを購入する必要がありました(注:PC-9801NはHDD無し)。おそらく「PC98版MS-DOS 3.3C」を購入したはずです。少なくとも次バージョン3.3Dは2005年ころまでフロッピーと取説を持っていました。

あれから25年,とうとう今年2015年秋に次期OS,Windows 10が無償化されます(但し発売後1年間限定)。
ベストセラーOS,Windows7のサポート終了を2020年に控えていることもあり企業や個人を問わず,ものすごい勢いでWindows 10に更新されるでしょう。私自身に取っても非常に感慨深い出来事になりそうです。

Windowsと言えば「Windows Me」「Windows Vista」「Windows 8」の悪夢3兄弟が有名です。
Windows Me 2000年発売
Windows Vista 2007年発売
Windows 8 2012年発売

Windows Meは私も2000年に購入し使用していました。連日表れるブルー画面(フリーズ画面)はマジで夢に出てきました。
Windows Vistaは動作が重いことが不評でしたが私がVista機を購入したのはVistaの晩年(2008年)でハードのスペックが上がり上級機を購入したこともあり不自由はありませんでした。
Windows 8は手を出しませんでした。発売された瞬間から不平の嵐で私も家電店で触ってみましたがスタートボタンや電源ボタンが無くてUI(ユーザーインターフェイス)も全く変わってしまい,その場で体が固まってしまったことを思い出します。

Windows 8失速の奪回のためにWindows 10の開発はユーザーフレンドリーに徹しているようです。きっと完成品は高い評価を得るでしょう。Windows 8の反動と合わせて一大ムーブメントになると予想しています。そして今から1年後には私のパソコンも普通にWindows 10が動作しているはずです。

その大きな流れのなかで個人的な課題が出てきました。

  1. 私自身もWindowsソフトを開発しているため,いきなりWindows 10に移行することで予期せぬトラブルに会うかも知れない。ちょっとのコード修正ならよいが深刻だとそこでくじけてしまうかも。
  2. 自作しているソフトの一つでは他のアプリのボタンを自動で押すなどの機能もあるため,Windows 10の新機能「仮想デスクトップ」を前提としてソフトを作りたい。

この課題を解消するために,いち早くWindows 10を導入し適時自分のソフトを検証していきたい。

と言うことで日本語対応版「Windows 10 Technical Preview  Build 9926」が公開されたタイミングで早速インストールしてみました。 ほとんど使用していないWindows7のデスクトップ予備機が2台あるため,そのうちの1台に「上書きインストール」することにしました。

Microsoftのホームページでは「Windows 10 Enterprise Technical Preview をインストールした後は、PC の復旧パーティションを使用して前のバージョンの Windows に戻すことはできません。以前のオペレーティング システムをクリーン インストールし、ご使用のプログラムおよびデータのすべてを再インストールする必要があります。」とありますので簡単に以前の環境に戻すことは出来ないかも知れません。また普段使用しているメインパソコンへのインストールは厳禁です。
私の記事を参考にされる場合は自己責任でお願いします。

環境
自作ミドルタワー機
マザボ MSI 880GM-E41
CPU Athlon II X4 615e 2.8GHz
GPU 内蔵 Radeon HD 4250
メモリ DDR3 8GB
ストレージ SSD 128GB
OS Windows 7 Ultimate 64bit

インストール手順
1)Windows 7を起動。
2)一応「システムイメージ作成」でCドライブを
 USBのHDDにバックアップ。
3)Microsoftアカウントを取得。
4)isoファイルをダウンロード。
  http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview-iso
5)isoファイルをDVDに焼く,などでメディアを準備。
6)setup.exeを実行。
7)途中,何度か再起動,ログインなどの入力あり。

これだけです。低速のDVDドライブでインストール開始から終了までの所要時間は「1時間9分」。あっさりし過ぎです。またインストール中に表示される文字も「あと少しです」など非常にシンプルでした。

Windows 10 インストール前後のCドライブの容量です。
インストール前 総容量 72.7GB,使用 54.7GB,空き 18.0GB
インストール後 総容量 72.2GB,使用 61.9GB,空き 10.3GB

総容量が減っておりパーテーション構成が変更された可能性があります。
また,7GB以上使用量が増えました。ディスクの空きに注意が必要です。

インストール前のWindows 7の画面
Windows7

インストール後のWindows 10の画面
Windows10

私のWindows 7のデスクトップ画面は独特で徹底的にクラシックスタイルに変更してあります。見た目はWindows95(20年前)とさほど代わりません。ゴテゴテした装飾や機能が嫌いで当時のシンプルさをこよなく愛しています。

で,見ての通りWindows 10インストール前後でさほど画面が変わりません。Windows 10は今風ではありますが私が望む「シンプル画面」を可能な限り再現してくれたようです。またスタートボタンや電源ボタンがちゃんとあります。スタートボタンを押した時のModern UIさえ表示されなければ完璧です。

ありがとう Windows 10 開発陣! 大げさ?

小一時間使ってみてバグっぽい挙動はありませんでした。唯一右下のスピーカーアイコンが見えなかったことくらいです。Visual StudioやファイラーなどWindows7時にインストールした,いくつかのソフトを起動してみましたが問題ありませんでした。なんだか拍子抜けです。これなら自分のソフトも普通に動きそうです(MySQLの設定があるので検証までが面倒)。

OS起動時間は短くなったような気もしますが劇的ではありませんでした。

問題はあります。音が出ません。ふと見たらエラー画面が裏に隠れていました。「VIA HD Audio Deck」をアンインストールすれば標準ドライバーでOKになるかも知れません。後日検証予定です。
Error

***********************************************
1月29日追記
Windows Updateをおこなったところエラーが出なくなり音が鳴るようになりました。
***********************************************

可能な限り時間を取ってWindows 10を使い込みフィードバックし新OS立ち上げに参加していきたいところです。そう出来ればなおいっそう愛着が湧くでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンピューターのOSは,1つで良い

アップルが切り開いたモバイルコンピューティングのビジネスモデルもとっくに成熟期に突入した感があります。また,私はGoogleの7インチAndroidタブレット「Nexus7 2013」を使用していますが,この2年落ちの機種でさえ十分に快適に動作しておりハードウェア的にも早々成熟しています(乗っているOS次第ではありますが…)。

で,この成熟した時代に手持ちのモバイル端末を使ったり世の中の情報に触れるたびに思うことがあります。

 コンピューターのOSは,1つで良い

端末が違っていてもブラウザだとかSNSだとかゲームだとか… やってることにあまり差は無く,だとすればOSの違いを意識する必要が無くなります。もちろんサービスの違いや洗練度の差はありますがハードのコモディティ化に追従してアプリやサービスも急速に均一化していくでしょう。

なので,本来なら「OSは色々あっても困らない」との方向なのですが,それでもOSを1つに絞りたい。でもってそれは「Windows」でなければならない。

  1. いざとなればいつでも自宅パソコンで常用しているWindowsソフトと同じものが動く。(自宅パソコンと同じ環境)
  2. 自分でも自分用にWindowsデスクトップソフトを開発しており,いざとなれば… 以下1項と同じ。  
  3. セキュリティの掌握を1つに絞りたい。※これが一番重要。 

と,ずっとモヤモヤしていました。

とろこでパソコン系統として見ると
アップルは自ら築いたモバイルの牙城のために大胆な戦略が取れないようです。パソコンOS「OS X」は先んじて無償化されていますが,マイクロソフトほどの大胆な融合政策は出遅れているように見えます。
Googleに至ってはパソコンOS「Chrome OS」の立ち上げにいまのところ失敗しています(少なくとも日本では)。機種が安価は良いのですがクラウド前提のためオフラインでは身動きが制限されます。それとAndroid OSとの差別化も見い出せていないようです。

また,最近のネット記事でもiPadやAndroidタブレットでは無くWindowsタブレットが取り上げられる機会が多く,みんなやっぱりWindowsが良いのでは? と私は思っています。

そんな中で「Windows 10の無償化」が正式に発表されました。
今秋のWindows 10無償発売で一気に潮目が変わるのでは? と踏んでいます。

数年後には「気がつけばWondows一色」の時代に戻るのか?
私はこの可能性にかけ今後はOSが乗る機器をすべてWindowsに切り換えていく予定です。

非常に楽しみですが,さて,どうなるか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

《寿命革命》の衝撃

新春の1月4日に放送されたNHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来 第2回 寿命はどこまで延びるのか」は衝撃的なものでした。
●再生医療と3Dプリンターを組み合わせた臓器の再生
●人間の体内を動き回りがん細胞を見つけ出し,抗がん剤を発射するナノマシン
●どんな高難度の手術もミスなく行う手術ロボットの登場
●着々と進む若返り薬の研究
番組では2035年に若返り薬が「保険適用」されたことでの老夫婦の葛藤が未来ドラマとして描かれています。

これらの医療技術の急速な進歩により30年後の2045年には人間の寿命は100歳を超えると研究者は予測しています。まさに『寿命革命』の到来です。
私に取って,そんな話は初耳だったと言うか,まさか寿命がこれほどに延びていくものだとは夢にも思っていなかったので,いきなりこの番組に接してしまい数日間,頭が混乱しました。

今私は50歳ですので後20年すれば体が思うように動かなくなり30年後には寿命を迎える,と,だいたいそんな感じで毎年「後何年か~」と余生を算段しおぼろげにでも人生設計を意識していました。実際今現在だって60歳ころの引退を目指してプログラミングを介しての新たな収入の道を探っています。多分誰だって寿命を意識して似たような人生設計を立てているはずです。

それがいきなり「50歳なら余生が後50年はありあますよ,旦那。しかも意外と元気に生きられるんです」と耳元でささやかれたわけです。到底信じがたい,と言うか今立てている人生設計が根底から崩れてしまう。どうしてくれるんだ。たかが一報道番組のせいで俺の人生の方向性がグラグラになったじゃないか! みたいな。

本当に30年経ったら平均寿命は100歳になるのか? 私は番組を見ていて半分懐疑的に思っていました。だって,医療革命は分かるが財政難だとか世界情勢の変化だとか世の中に取ってプラスな材料があまり無いじゃないか。たとえ若返り薬が完成したとしてそれは一部の富裕層のためのものだろう,と。

ところが次の週に放送されたNHKスペシャル「討論 シリーズ日本新生 ニッポン"空き家列島"の衝撃 ~どうする?これからの家と土地~」を見て考えが変わりました。
番組では急速に進む日本のすさまじい高齢化と人口減少が生み出すさまざまな負の側面が紹介されていました。税収の落ち込みや地方都市の荒廃など。

「超高齢化と人口減少」について改めて考えさせられました。そして前週に放送された「寿命革命」。この二つが頭の中で一つに結びつきました。もし志のある政治家や官僚なら若返り薬をはじめとする医療革命に日本の命運を託しビジョンを考えるだろう。あながち寿命100歳は夢では無い,と考えるようになりました。

健康寿命が
後20年か
後40年以上か
はたしてどっちか?
もし40年以上だとすると人生設計そのものを抜本的に見直す必要があります。

一番の問題は「年金」を始めとする社会保障でしょう。このシステムは抜本から変化すると予想されます。元気な年寄りが働き可能な限り社会保障の受給側にならないよう求められると思います。
そうだとして40年後には今と同じ仕事はありません。
NHKスペシャル「ネクストワールド 私たちの未来 第1回 未来はどこまで予測できるのか
番組で紹介されていますが多くの仕事がコンピューターに取って代わられます。私にはどんな仕事が待っているのか想像出来ません。

健康寿命が後40年以上とした場合に予想されることは今のところ,40年後も何らかの仕事をしていて社会貢献をしているはず,と言うことだけです。それでも,その前提の人生設計を今から立てておく必要があるでしょう。急死して人生を終わることもあるでしょうから後20年と40年の2本立てで人生設計が必要です。

この寿命革命の番組を見たのか見なかったのか,見たとして意識していたかしていなかったか,大げさですが大きな人生の別れ道が2015年1月4日にあったわけです。

さて,何から始めましょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マイクロソフト 再起動