« マニュピレータ入手 | トップページ | FT-7800とアンテナ 取り付け »

2007年3月16日 (金)

FT-7800 受信改造

中古で購入したFT-7800を愛車(フィット)に搭載する前に受信改造を実施しました。無線機本体のケースを開けてびっくり。部品が殆ど付いておらずスカスカで拍子抜けしました………いや, 違う。よく見ると1mmにも満たないようなチップ部品がいっぱい付いている。私はFT-101の基板とかを見慣れているため, てっきり円筒の電界コンデンサとかカラー帯の抵抗とかデカイQFPのICがふんだんに実装されていると想像していましたが, あまりの部品の小ささに青天のへきれきでした。受信改造もCPU横の小さなチップ抵抗?1個を外したのですが, ハンダを溶かしたというよりパターン配線をもぎ取った感じ。ちゃんと動くか心配でしたが電源入れたら動作したっぽいので改造成功と思われます。でも, この受信改造で何が変わったのかよく分かりません(^^;

Ft7800_1

|

« マニュピレータ入手 | トップページ | FT-7800とアンテナ 取り付け »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FT-7800 受信改造:

« マニュピレータ入手 | トップページ | FT-7800とアンテナ 取り付け »