« TL-922 コントロール用回路製作 | トップページ | TL-922動作せず »

2008年6月18日 (水)

コリンズ CWメカフィル取り付け

懲りずにまた, 中古のCWフィルターを入手しました。純正のコリンズ メカフィル XF-115C(455KHz, 500Hz)です。取り敢えずFT-1000MP MARK-VのSUB受信機側に取り付けて動作を確認しました。フィルターの切れ具合は良いように思いますが, 250Hzと500Hzでフィルターの切れ具合の違いがいまいち分からず, 今のままでは宝の持ち腐れですね。後, SSBフィルターを2ヶ取り付けると満杯になりますが, そこまで金かけると中古のFT-2000(100W)が+数万円で買えてしまい, 何だか考えてしまいます。それにしても, フィルターを取り付けるだけで, どうしてこうも作業性が悪いのでしょう? 重い無線機を何度もひっくり返して, いくつものネジを外して, 挙げ句, むき出しの電子部品に気を使って作業しなければなりません。マニアック度なら自作(組み立て)パソコンも引けを取らないと思いますが, 部品1個取り付けるのにここまでは疲れない気もします。この無線機はカバーの取り付けもし辛く, おかげでカバー側面にキズを付けてしまいました。八重洲の機器がそうなのか, 無線機全般がそうなのか? まぁ, しばらくは無線機を開けることは無いので良いですけど。
Sub_filter

|

« TL-922 コントロール用回路製作 | トップページ | TL-922動作せず »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コリンズ CWメカフィル取り付け:

« TL-922 コントロール用回路製作 | トップページ | TL-922動作せず »