« RF電流計用校正器製作 | トップページ | CW受信練習開始…ちょっとだけ »

2008年6月 1日 (日)

PCG-SRX 本体交換

愛機PCG-SRX3(Sony, Celeron, 650MHz, B5ノートパソコン)の調子が今一つのため本体を交換しました。2001年に購入後, 最近は平日の日中にヤフオクの入札がある時につけっぱなしにしておいて自動入札に使用していましたが, 何時間かすると勝手に再起動がかかるようになってきました。多分内蔵ファンが死んでいるのだろうと予想しましたが, たまたま, その前にアップグレード目的でPCG-SRX7(Pentium3, 800MHz)の液晶割れ品を1万円で入手してあったため, 本日, そのSRX7と本体を入れ換えました。
実施内容 PCG-SRX7にPCG-SRX3の液晶, HDD, 無線LANカードを移設
SRXは既に何度かバラしているため, 手慣れており短時間で作業が完了し, 無事に立ち上がりました。Celeron, 650MHzからPentium3, 800MHzにグレードアップしたことで, SRX3ではもたつきがあったYouTubeの動画がSRX7ではもたつきが無くなりました。また,全体的に多少機敏に動作するようになり大満足。まだ数年は現役で使えそうです。ところでSRX7をバラしたところ増設メモリ256MByteが付いてました(落札時に増設メモリ無しとの説明だったのだが…)。このメモリだけでも数千円はします。かなり儲けた感じです。
Pcgsrx_1 Pcgsrx_2

|

« RF電流計用校正器製作 | トップページ | CW受信練習開始…ちょっとだけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCG-SRX 本体交換:

« RF電流計用校正器製作 | トップページ | CW受信練習開始…ちょっとだけ »