« コリンズ CWメカフィル取り付け | トップページ | 10年ぶり »

2008年6月22日 (日)

TL-922動作せず

先日製作したTL-922用コントロールケーブルを使って, FT-897をエキサイタとしたTL-922の動作確認をおこないました。説明書通りに操作を進めていくもプレート電流が流れず。当初FT-897の出力を10Wに絞っていたので100Wに上げてみても変わらず。プレート電圧は正常にかかっており, 3-500Zも元気にこうこうと光っています。これはリレーか何かが動作不良の不良品を掴まされたのか!と一瞬目の前が暗くなりましたが, 落ち着いて, よく見るとやはりTL-922のON AIRランプが点いていない(送信状態になっていない)ことに気づきました。そう言えばTL-922側のリレー動作音もしていない。もしかするとコントロールケーブルが不良かもしれないと思いましたが, 予めDC電源をつないでリレー制御回路が動作することを確認済です。んー, と思いつつFT-897の取説を眺めながらそれらしい設定をするも変化無し。取説にはVL-1000との接続でコントロールはCAT端子を使う, となっています。そこでネットで検索したところ同じ症状を経験した方の書き込みがあり, どうやらFT-897のACC(アクセサリー)端子についている送受信切り換え機能は動作していないらしいです。まったく!使えない機能なら取説に載せるなよ!と一瞬立腹しましたが, 早い段階で原因が判明して良かったです。さて, どうしたものか… CATコネクタ用のプラグは持っていないし。かと言ってFT-1000MP MK5を使うにはシャックが狭くて重い無線機の取りまわしが大変。では他の広い部屋でと思っても200V電源をシャックにしか引いておらずた他の部屋に移動出来ず。取り敢えずCAT用コネクタに合うプラグを探し出して購入し, FT-897で再トライアル予定です。
Tl922_check

|

« コリンズ CWメカフィル取り付け | トップページ | 10年ぶり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TL-922動作せず:

« コリンズ CWメカフィル取り付け | トップページ | 10年ぶり »