« IC-351入手 | トップページ | 仰角ローテーター KR-500入手 »

2008年7月20日 (日)

移動運用参加(JA7RL/7, 8J7OZE/7)

昨日, 地元の移動運用イベントに参加しました。会津若松市の背あぶり山(標高824m地点)のレストハウスでJA7RL/7, 8J7OZE/7(尾瀬国立公園記念事業特別局)の2局で昨日7月19日と本日7月20日の二日間, 1.9MHz~1200MHzまで運用をしています。私は18MHzで50局程度サービスしましたが, こんなに多くの局と交信したのは20数年ぶりだったため, ものすごく緊張しました。何せ欧文通話表(アルファ, ベータ, タンゴとか)の語句が聞き取れず, 一部の隠語(ジャーマニーとか)はすかっり忘れていたため, 何度も局名を聞き返すなどサービスしている身でありながら相手局にだいぶ迷惑をかけました。また, 運用スタイル(短時間で多くの局をさばくための手順, 約束事)なども勉強させてもらいました。初めて18MHzで運用しましたが日本全国と交信出来ました。18MHzがこんなにカバーエリアが広いとは思いも寄りませんでした。メイン機はJA7RLが何とアイコムのフラグシップ機IC-7800(50W改造機?, JARLから借用)で8JOZEがバーテックスの最新鋭機FT-450Mでした。100万円する超高級機を初めて触ることが出来ました。残念ながら時間が無くて運用は出来ませんでしたが聞いた感じでは受信音がシャープな印象でした。CWではDSPの切れ味が抜群らしいです。IC-7800を生唾を飲みながらしばらく眺めていました。いつかはクラウンならぬ, いつかはIC-7800orFT-9000ですね。FT-450Mは超小型でありながらATU搭載ということで移動運用などで使用する時に重宝しそうです。使った感じは音質も違和感が無く, 当たり前ですが普通に使えました。但し, メインダイヤルの位置が低いため, ちょっとまわしづらかったです。こちらも是非1台欲しいところです(全くお金がありませんが)。
7月19日の運用者
JA7BCE, JH7KUK ,JR7WAB, JE7DMH, JJ7RMS,
JK7CNB, JO7HXE, JN7GLC, JR7IBW
写真はJA7RL運用の手前がJJ7RMS, 奥がJN7GLC, 8J7OZE運用がJR7WAB 
Ja7rl_28j7oze_4

|

« IC-351入手 | トップページ | 仰角ローテーター KR-500入手 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移動運用参加(JA7RL/7, 8J7OZE/7):

« IC-351入手 | トップページ | 仰角ローテーター KR-500入手 »