« 娘が… | トップページ | キーボードが… »

2008年10月 4日 (土)

ネットブック≪Aspire One≫ 購入もトラブルあり

仕事が忙しくて土日出勤となることもありますが娘が入院していて出勤出来ず, 病院で仕事するかと思っても手持ちのノートパソコンPCG-SRX7はHDDが昇天して使えない。SRXを復旧させる時間も無く, 仕方ない! と思い切ってノートパソコンを購入しました。選んだのは最近流行りのネットブックで『Acer(エイサー) Aspire One
仕様
  Intel Atom N270(1.60GHz)
  Intel 945GSE Expressチップセット(ビデオ機能内蔵)
  メモリ1GB(512MBオンボード+512MB SO-DIMM)
  HDD 120GB
  1,024×600ドット(WSVGA)表示対応8.9型ワイド液晶
  USBポート×3, 外部VGAコネクタ, 100BASE-T LAN
  IEEE 802.11b/g 無線LAN, マルチカードスロット1カ所
  SD用カードスロット1カ所, 30万画素カメラ, マイク入力
  Windows XP Home Edition(SP3)
  249×170×29mm(幅×奥行き×高さ),1.1kg
http://www.acer.co.jp/one/
1スピンドルの超小型パソコンです。ちなみに「ネットブック」とはIntelが自社のモバイルタイプのCPUを普及させるために戦略的に命名したらしいです。ネットサーフィンや文書作成など一般的な使い方をストレス無く出来る性能を指しています。このパソコンがケーズデンキでちょっと割引してもらって52800円でした。OS以外は目ぼしいソフトが入っていないとは言え, 十分なハードスペックを備え, 外観, 液晶パネルの質感やキーボードのタッチも問題無く, それでいて52800円とは驚きの一語につきます。ネットブックを普及させるために, CPU, チップセット, OS, 液晶パネルのコストが低く抑えられているらしいです。という事はまともに作ればもっと高いものになる。そう思えばたっぷりの割安感ですね。で, 久しぶりのノートパソコン購入だったため嬉しくて早速立ち上げ作業に取り掛かるも何だか変!《ジー》と言う感じの大きなノイズが聞こえ気になってしょうがない。最初はHDDの回転音だと思いましたがアクセスが無くても一定の音量で聞こえるため, 多分CPUファンの回転音と目星をつけました。その後, 価格.comの口コミでも同様の報告が多数あるのを確認し, 間違い無さそうです。とても使えるレベルでは無いため殆ど未使用で翌日(今日)ケーズに返品しにいってきました。対応してくれた店員の兄ちゃんも大きな音ですねと認めて快く新品に交換してくれました。これで一安心。今度は大丈夫かと恐る恐る電源を入れてみたところファンの音はするものの耐えられるレベルでホッとしました。その後ソフトのインストールやら何やらで半日使ってみましたがストレス無く使えます。難点と言えば液晶が小さく文字が小さいこと, 液晶の縦のドット数が600のため縦の表示エリアが狭いこと, キーボードが小さく特に矢印キーとページアップダウンキーを押し間違えること, マウスパットのボタンが押しにくいことの4点ですね。それを差し引いてもそこそこストレス無く使える恩恵を考えれば有り余るコストパフォーマンスで, 手持ちの6年落ちパソコンPCG-SRX7に比べればはるかに快適です。パソコンって本当に日進月歩の世界ですね。ちなみにこの記事もAspire Oneで書いてます。それにしてもファン音事件は閉口しました。あんなものを平気で出荷するとは, 一体どのような検査基準なのでしょうか?(輸送途中で悪化した可能性もありますが) まあ, 交換してもらって一段落ですのでこれ以上文句はありませんが。
Aspire_one

|

« 娘が… | トップページ | キーボードが… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットブック≪Aspire One≫ 購入もトラブルあり:

« 娘が… | トップページ | キーボードが… »