« 今度はテレビが… | トップページ | Aspire One BIOSアップデート »

2008年11月30日 (日)

PCG-SRX7復活!

2カ月前にHDD不良で愛機PCG-SRX7(Sony, VAIO B5ノートパソコン)が昇天し, リカバリ, ドライバや常用ソフトのインストールなど膨大な作業量となるためどうしようかと思案していましたが, 昨日なにげにパソコンの電源を入れてみたところWindowsXPが立ち上がりました。2カ月前はHDDから異音がして何度電源を入れ直してもブルー画面が出て再起動を繰り返していましたが, 嘘のように普通に動作しました(2カ月の間, 片づけのため移動などで結構振動があったかも)。単なるHDDの気まぐれだろうと思い, いつ, また動作しなくなるか分からないため, 今のうちにHDDを交換することにしました。と言うことで早速IDEの80GByte, 2.5インチHDDをヤマダ電機で買ってきました。買ったのはバッファローの「HD-NH80/M」で13,000円台。なお, 付いてきたHDDそのものはWESTERN DIGITALの「WD800BEVE」で価格.comの検索では最安5000円台です。倍以上の金額で購入したことになりますね…
Hdd_m 









結構高額でしたが, HD-NHシリーズはHDD内容を引っ越しさせるための各種ソフトが付属しておりその点は便利です。
付属ソフト
1)「ファイナルパソコン引越しLE」
  OSを再インストール(リカバリ)した時に設定のみを引き継ぐ
2)Acronis True Image LE
  内蔵HDDを交換する際に使用,外部メディア経由で丸ごとコピー
3)Acronis MigrateEasy
  内蔵HDDの内容をダイレクトに丸ごと他のHDDにコピー
4)Acronis Drive Cleanser
  HDDのデータ消去
5)Acronis PartitionExpert LE(WindowsXP/2000/Me/98SE/98用)
  Acronis Disk Director LE (Windows Vista用)
  HDDのパーテーション操作
元々リカバリが面倒で悩んでいたので1の「ファイナルパソコン引越しLE」は使う意味がありません。2の外部メディア経由で丸ごとコピーは, 2度作業することになり面倒です(普段からバックアップする目的で使用すると良いですが)。と言うことで3の「Acronis MigrateEasy」を利用してHDDの内容を引っ越ししました。
作業方法(今回の私の環境)
1)USB接続タイプの2.5インチHDDケースを準備
2)購入したHDDをHDDケースに取り付け
  (下記写真ではケースには入れていない)
3)そのHDDをパソコンのUSB端子に接続
4)Acronis MigrateEasyを起動
5)指示に従い設定
6)再起動後,自動的にコピーが開始される
  私のパソコンはUSBが1.1タイプで古いことが原因か時間がかかった。
  20GByteのコピーで4時間以上はかかったと思われる。
7)HDDを交換
Pcg505_m_4





USBの転送速度が遅いためかコピーに時間がかかりましたが作業そのものはとても簡単でした。HDDを交換後は普通にパソコンが立ち上がり何の支障もありません。その後,「Acronis Disk Director LE」を使用してパーテーションをいじっています。その後, 合計10時間以上使用してみましたが何の異常も無く普通に使えます。先日購入したネットブック(Aspire One)も合わせてノートパソコンは2台になりましたが2台もいらない。未使用のデスクトップ機が1台あり。他に, HDDを交換すれば使えるデスクトップ機も1台あり。これらを整理, 売却してB5の最新ノートパソコンを1台購入したいところですが, さて, どうしたものか…

|

« 今度はテレビが… | トップページ | Aspire One BIOSアップデート »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCG-SRX7復活!:

« 今度はテレビが… | トップページ | Aspire One BIOSアップデート »