« PCG-SRX7復活! | トップページ | 停電一発 大被害 »

2008年12月 6日 (土)

Aspire One BIOSアップデート

ネットサーフィン中にたまたまAcerのネットブックパソコン「Aspire One」についてBIOSをアップデートする記事を発見しました。Aspire Oneが突然死するとか, USBメモリからOSを起動出来ないとかの対応らしいです。私のAspire Oneはバッテリー動作時に液晶ディスプレイの照度を落とすとちらつきがあったのですが, BIOSアップデートでそれも解消される, とのこと。で早速やってみました。BIOSの最新バージョンはv3305で日本エイサーのサポートページからダウンロード出来ます。またアップデート方法も同じページに掲載されており(と言っても, いたってシンプルな方法ですが)早速指示通りにアップデートを実施し, あっけなく終了して再起動後問題無く立ち上がりました。このBIOSアップデートで画面のちらつきは解消されました。ちなみにインストールされていたBIOSのバージョンはv3114と数字だけ比較するとかなり古いですね。この間にどのような更新がされたのか内容を知りたいところですが, 多分英語か中国語系のページでしか確認出来ないでしょうからあきらめます。それにしても, 思えば10年以上前のDOS/V機が出始めた当時のBIOSアップデートは命がけでしたBIOSアップデートに失敗する確率が高く, 失敗すると2度とパソコンが立ち上がらず, マザーボードかパソコンをメーカーに発送してBIOSのメモリICを交換してもらうなどのとても痛い対応となりました。かくゆう私もGateway のデスクトップ機だったかで一度アップデートに失敗し, 途方に暮れた末, 自分でマザボからBIOS ICのリードのハンダを吸い取って抜き取り(基板が厚くハンダごてではハンダが溶けず強力な吸い取り器を使用したことを覚えている), ROMライタでアップデートプログラムを書き直した末, 何とか復活させた経験があります。あの当時から比べると青天の霹靂と言うほど安全な環境になりましたね。時代は変わりました。

|

« PCG-SRX7復活! | トップページ | 停電一発 大被害 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aspire One BIOSアップデート:

« PCG-SRX7復活! | トップページ | 停電一発 大被害 »