« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

停電一発 大被害

私の会社は長い連休に入ってますが, 私は何故か休日になると時間がもったいないとの深層心理が働くらしく5時台には目が覚めてしまいます。でもって今日も5時半くらいからパソコンに向かってネットをうろうろしていましたが, 7時10分前くらいに停電があって30秒ほどで復旧しました。ところがその後, パソコンがネットにつながらない事態に。ADSLモデム, ルーター, HUBともランプの付き方は正常に見えます。即座にルーターの設定状態を確認すべくプラウザでweb設定アドレスを入れるも認証画面が出ない。んーと思ってpingでルーターのネットワーク接続を確認したところ正常に帰ってこない。ネットワークにつなげているいくつかのパソコンや機器のpingを確認すると帰ってくる機器もある。症状からルーターが昇天した可能性が高いがpingが通っている機器もあり確証が持てない。さて, どうしたものか… と思案した挙げ句, どのみちネットワークラインを100BASE-T→1000BASE-Tに上げる予定でしたので古い機器の新調と言うことでルーターとHUBを買ってくることにしました。購入したのはバッファローの2種(ヤマダ電機)
◎ルーター
   WZR-AGL300NH 15,800円(ポイント代含まず)
    AirStation NFINITI Giga Draft2.0 11n無線LAN対応
◎HUB
   LSW3-GT-8NS 7,480円(ポイント代含まず)
    Giga対応 電源内蔵 8ポート スイッチング
とんだ散財です。まずはHUBを交換するも変化無し。次にルーターを交換し取り敢えずIPアドレスだけ設定してみたところpingが通り他の機器も全て見えます。ってことで停電でルーターが破壊されたことが原因とようやく分かりました。散財するは復旧作業で丸一日使うなど散々な一日でした。ところで昇天したルーターはNECのAtermBR1500H。2002年発売時すぐに購入したので6年は使用したもの。もしかして雷があってその影響だったのかも知れませんが停電で機器が壊れるとなると追いそれ電源OFF出来ませんね。朗報もありました。今回のルーター, HUBのGiga対応でNAS(ネットワークドライブ, 100BASE-T)へのファイル書き込み速度が2倍~3倍早くなりました。結果オーライです

正月を前に天に召されたAtermBR1500H
Br1500h_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

Aspire One BIOSアップデート

ネットサーフィン中にたまたまAcerのネットブックパソコン「Aspire One」についてBIOSをアップデートする記事を発見しました。Aspire Oneが突然死するとか, USBメモリからOSを起動出来ないとかの対応らしいです。私のAspire Oneはバッテリー動作時に液晶ディスプレイの照度を落とすとちらつきがあったのですが, BIOSアップデートでそれも解消される, とのこと。で早速やってみました。BIOSの最新バージョンはv3305で日本エイサーのサポートページからダウンロード出来ます。またアップデート方法も同じページに掲載されており(と言っても, いたってシンプルな方法ですが)早速指示通りにアップデートを実施し, あっけなく終了して再起動後問題無く立ち上がりました。このBIOSアップデートで画面のちらつきは解消されました。ちなみにインストールされていたBIOSのバージョンはv3114と数字だけ比較するとかなり古いですね。この間にどのような更新がされたのか内容を知りたいところですが, 多分英語か中国語系のページでしか確認出来ないでしょうからあきらめます。それにしても, 思えば10年以上前のDOS/V機が出始めた当時のBIOSアップデートは命がけでしたBIOSアップデートに失敗する確率が高く, 失敗すると2度とパソコンが立ち上がらず, マザーボードかパソコンをメーカーに発送してBIOSのメモリICを交換してもらうなどのとても痛い対応となりました。かくゆう私もGateway のデスクトップ機だったかで一度アップデートに失敗し, 途方に暮れた末, 自分でマザボからBIOS ICのリードのハンダを吸い取って抜き取り(基板が厚くハンダごてではハンダが溶けず強力な吸い取り器を使用したことを覚えている), ROMライタでアップデートプログラムを書き直した末, 何とか復活させた経験があります。あの当時から比べると青天の霹靂と言うほど安全な環境になりましたね。時代は変わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年2月 »