« 開局30周年 | トップページ | 懐かしのBCLラジオ ≪ナショナル プロシード2800≫ »

2009年3月 8日 (日)

FT-101メンテナンス用延長基板入手

隣県のOM様から, 八重洲無線のオールドHF機「FT-101シリーズ」をメンテナンスする際に使用する延長基板をお譲り頂きました。FT-101は, 当時FT-400やFT-200などで採用されていた1枚基板から「プラグインモジュール」方式に変更されており, 後期のFT-101E型の場合, 6枚のコネクタ基板が使用されています。基板のジャックの種類は10ピン, 14ピン, 18ピン, 22ピンの4種類あり, 今回それそれ1枚づつお譲り頂きました。まだ無線機器のメンテの経験が無いため, この基板をメンテの際に使う機会があるのか判断しかねますが無いよりはあった方が良いのは確かですね。でも, 重い腰を上げてFT-101のメンテを初めたとしても回路知識, 経験も無くものぐさも手伝って長い年月を経ても腕が上がらず数台のFT-101をオシャカにした挙げ句, 結局TMTサービスとかにレストアを依頼するのでは? と思っています。
Board_2

|

« 開局30周年 | トップページ | 懐かしのBCLラジオ ≪ナショナル プロシード2800≫ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FT-101メンテナンス用延長基板入手:

« 開局30周年 | トップページ | 懐かしのBCLラジオ ≪ナショナル プロシード2800≫ »