« K3キラー? バーテックス 《FTDX5000》登場 | トップページ | 期待通り? NHK大河ドラマ《龍馬伝》 »

2009年12月26日 (土)

最後のセパレート式アマチュア無線機は?

1970年代まで存在した, 送信機(Transmitter)と受信機(Receiver)が対となって機能するセパレート式のHF帯アマチュア無線機に強い思い入れがあります。スペースを取り操作性も良くないですが, 「古き良き時代」の産物として外すことが出来ません。
代表的な(と言うか殆ど唯一の)セパレート機としては
●Collins S-Line (送信機 32S-3, 受信機 75S-3) 1962~
Collins_sline_2
●DRAKE 4C-Line (送信機 T-4XC, 受信機 R-4C) 1977~
Drake_4cline_2
●ヤエス無線 101-Line (送信機 FL-101, 受信機 FR-101) 1974~
Yaesu_101line
●日本無線 NSD-505(送信機)/NRD-505(受信機) 1978~
Jrc_nsd505_nrd505
があります。Collins, DRAKE, ヤエスの機種は真空管機, 日本無線はトランジスタ機です。
で, 最後のセパレート式アマチュア無線機は何と言う機種か?
と言うことで検索を駆使して調べてみました。その, 結果
●日本無線 NSD-515(送信機)/NRD-515(受信機) 1981~
Jrc_nsd515_nrd505
が最後の機種らしいです。BCLマニアの間では今でもNRD-515がアマチュア向け受信機の名機として評価されています。NRD-515はオークションで滅多に出物が無いですが送信機のNSD-515にいたっては殆ど見かけたことがありません(だから高額になる)。出物が無いがそれ以上に資金が無い。さて, どうしたものか…

※他にもっと新しい年代の機種があるとか情報がありましたらコメント下さい。

|

« K3キラー? バーテックス 《FTDX5000》登場 | トップページ | 期待通り? NHK大河ドラマ《龍馬伝》 »

コメント

形見分けでNSD-515とNRD-515が来ました。分解洗浄しセパレート使用しています。2台目のNRD-515も入手

投稿: hiro | 2012年4月24日 (火) 09時44分

hiroさん, コメントありがとうございます。

NSD/NRD-515の件, 了解です。うらやましいです。
形見分けとは大事に継承しなければなりませんね。

私も日々オークションをチェックしていますが,
高額で手が出ません。相場が落ち着くの待ちます。

投稿: JR7IBW/まつ | 2012年5月20日 (日) 10時45分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のセパレート式アマチュア無線機は?:

« K3キラー? バーテックス 《FTDX5000》登場 | トップページ | 期待通り? NHK大河ドラマ《龍馬伝》 »