« リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その3 | トップページ | ジャパンブルー 《ドーハの悲劇》から17年 »

2010年6月20日 (日)

アイコム144/430モービル機《IC-2330》入手

ローカル局JR7WABさんからIC-2330を譲って頂きました。受信機2台, 送信機2台も含めれば24台目の現有無線機です。

アイコム IC-2330諸元
タイプ   : モービル
周波数   : 144MHz/430MHzデュアルバンド
電波形式 : FM
受信方式 : ダブルスーパーヘテロダイン
送信出力 : 10W
外形     : 140W × 40H× 150D, 1.2kg
発売時期 : 1991年10月
特徴     : 144/430同時受信

プレハブシャックに全ての無線機を移したため, 宅内の第2シャック用にせめてVHF/UHF機が欲しいと思っていたのですが, WABさんがモービル機を入れ換えするとのことで譲ってもらいました。
譲って頂いた無線機にはマイクとDC電源ケーブルが付いていなかったため, ヤフオク経由で調達しました。また, 入手したマイクがアドニスだったため変換ケーブルも入手しました。スタンドマイクAM-708Eがちょっと不釣り合にでかいですね。アンテナは元々設置してあったダイヤモンドのディスコーンを第2シャック側に割り当てることにしました。DC電源は手持ちのものを活用しました。これで送受信OKっぽいです。

第2シャック(宅内) 構成
無線機   : アイコム 144/430モービル機 IC-2330
電源     : 第一電波工業/ダイヤモンド GSV1200
アンテナ : 第一電波工業/ダイヤモンド D190
           100MHz~1500MHz ディスコーン
マイク   : アドニス スタンドマイク AM-708E

取り敢えずこれで気軽にローカルとの交信が出来る環境が整いました。後はアクティビティを上げるだけです…

Icom_ic2330

|

« リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その3 | トップページ | ジャパンブルー 《ドーハの悲劇》から17年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイコム144/430モービル機《IC-2330》入手:

« リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その3 | トップページ | ジャパンブルー 《ドーハの悲劇》から17年 »