« 古い無線機でのレピーター運用競争勃発? | トップページ | リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その2 »

2010年6月14日 (月)

最古の2VFO機? トリオ《TS-770》

レピーター運用のためのたすき掛け操作が可能な430MHz/UHF機で最古の機種を探していたところ, オールモード機ではトリオの144/430デュアルバンド機「TS-770」が2VFOを備えていることが分かりました。1979年発売でアイコムのIC-351よりも1年古いです。
Ts770
この時期, 八重洲無線はたすき掛け(八重洲では「スプリット操作」と表現)が可能な機種としてFMモービル機「FT-720U」を発売しています(1979年)。FT-720Uは周波数固定では無くメモリchを利用した任意の周波数で運用が可能なようです。
Ft720v_u

たすき掛け運用が可能な最古の機種
        オールモード機   FMモービル機
1978年                   スタンダード C7800(周波数固定・可変不明)
1979年  トリオ   TS-770  八重洲無線   FT-720U(周波数可変)
1980年  アイコム IC-351

手持ちはIC-351のみ。さて, どの戦略でいくか…

|

« 古い無線機でのレピーター運用競争勃発? | トップページ | リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最古の2VFO機? トリオ《TS-770》:

« 古い無線機でのレピーター運用競争勃発? | トップページ | リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その2 »