« 無線機用USBインターフェイス《スタンダード》購入 | トップページ | リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その1 »

2010年6月 5日 (土)

極小の優れもの《Eye-Fi》無線LAN SDカード

久々に使えるデジものに出会いました。無線LAN(Wi-Fi)機能を内蔵したデジタルカメラ用SD(SDHC)メモリーカード「Eye-Fi」(アイファイ)です。
Eyefi
※付属のカードリーダーはEye-Fi設定時に使用するものですが, 普通のSDカードリーダーとしても使えます。得した気分ですね。

2カ月前, 久しぶりにImpress Watch Video内にある「スタパビジョン」のバックナンバー40回分くらいを見ていました。スタパビジョンはデジタルオタクとは言い難い風貌のスタパ齋藤氏が自腹で購入した(?)ハード, ソフトを独自の語り口で紹介するトーク番組ですが, この中の2009年2月3日公開分でEye-Fiが紹介されていました。
余談ですがスタパ齋藤氏については, 「128倍」とか「ちょっと気絶している間に手にXXが乗っていた」とか変な叫び声とかココロに刺さる文章表現が大好きで20年ほど前?のアスキーだったかのライターのころから大ファンでした。密かに「アニキ」と慕っていたほどですが, だいぶ前に何と私より1カ月ほど誕生日が遅くチョットだけ若いことが判明しショックでした(^^; 昔からあの風貌だったので歳いってたと思っていたのですが…

で, Eye-Fiですが題名の通り無線LAN機能を内蔵したSDカードです。最近, 友人のヤフオク出品代理を引き受けるなどでデジカメから写真を取り込む回数が増えてきたのですが, 誰でも遭遇する問題で軽くではありますが悩んでいました。

デジカメ使用での問題点 その1
写真を撮るたびにデジカメからパソコンにUSBケーブルを差して画像ファイルを転送するのがすごく面倒でした。目的がヤフオク出品のため, 写真を撮って転送したは良いが, よく見ると髪の毛が写っていたり, アングルが悪かったり, 暗かったり, 電灯, フラッシュの映り込みがあったりなどの見栄えの問題で速攻で撮り直すこともしばしば。そのたびにさっきファイルを転送したばかりなのに…とトホホな気分になります。

デジカメ使用での問題点 その2
メインパソコンのUSBは2.0なんですが, 使用しているUSBハブが昔のもので多分USB1.1対応で遅いです。そのためか, 最近の超高画質・大容量ファイル(5MByte/1ファイル)の転送と相まって, えらく転送速度が遅くてさらに煩わしさを感じていました(本体直で接続すると当然早い)。まあ, これはUSBハブを買い換えれば良いだけのことですが。

デジカメ使用での問題点 その3
使用しているデジカメはそれなりの高級機でパナソニックの「LUMIX DMC-G1」(デジタル一眼)ですが, USBコネクターを差すところのフタが何度も開け閉めすることで段々緩くなってくるのではと危惧していました(下記写真円内)。これは会社の現場で常備しているデジカメの使用頻度が高くてフタが閉まらなくなっているのを見ていたことが発端です。現場デジカメは2代目ですが, いずれもフタが閉まらなくなっていました。自宅のデジカメはそこまで使用頻度は高く無いですが何せ高額な機種なので些細なことではありますが気が気ではありませんでした。
Dmcg1

そんな中, Eye-Fiを知った訳ですからすぐに飛びつきました。値段もそこそこのようだし。購入したのは発売されたばかりの第2世代「Eye-Fi Connect X2 4GB」です。ヤフオク経由で6000円+送料140円でした。X2は下記点が改良されています。
●IEEE802.11g から IEEE802.11n にも対応
●SDスピードクラスの 「Class 6」に対応
●エンドレスモード搭載 指定容量を越えると古いデータから自動削除
使い心地はと言うと, 今までのお悩みを全て解消+輪をかけて快適です。写真を撮った瞬間にパソコンの常駐ソフトが感知して無線LANで転送を開始します。おそらく最新仕様のIEEE802.11nで転送されていると思われ超高速です。1ファイル5Mbyteで転送時間は数秒。これほど便利なものが1年以上前から発売されていたとは… 悔しくて涙が出そうなくらいです。
但し, 全て順調かと言うとそうでもありません。問題がありました。

Eye-Fi使用にあたっての問題点 その1
ソフトインストール後の設定時に無線LAN設定ではまりました。今どきの無線LANは超簡単設定なのですが, 基礎的なところを理解していないと超簡単設定ですらはまってしまいます。Eye-Fiページのよくある質問を読んでもいま一つ分からずネット検索で調べたりしてようやく設定出来ました。私の無線LAN環境(バッファローの無線LANルーター「WZR-AGL300NH」)では二つ解決ポイントがありました。

解決ポイント その1
Eye-Fiの無線LAN設定でパスワードを聞いてきますが, WZR-AGL300NH設定画面で,「無線設定」→「AOSS」画面を開き, 「現在のセキュリティ情報 802.11g」の暗号化キーをコピーしてEye-Fiソフト, 無線LAN設定のパスワード欄に張り付けます。
Lan_1

解決ポイント その2
パスワードを設定しOKかと思いきや「DHCPタイムアウト」のエラーが出ます。この場合の対処はWZR-AGL300NH設定画面で「Internet/LAN」→「LAN」画面を開き,「DHCPサーバ機能」にチェックを入れます。
Lan_2

Eye-Fi使用にあたっての問題点 その2
Eye-Fiの電波が微弱なのかWZR-AGL300NHを置いてある同じ部屋にいないと転送されません。またWZR-AGL300NHとデジカメ(Eye-Fi)の間に体などの障害物があると転送速度が落ちるようです。まあ, Eye-Fiの利点に比べると些細な困りごとですね。

ってことで今は快適なEye-Fi環境を享受しています。

なお,「Eye-Fi」は本来, ハードとしての無線LAN機能の他, クラウド環境にデータをアップロード, 保存出来るネットワークサービスを合わせた総称です。今のところネットワークサービスを使う機会はありませんが, そのうち試してみたいです。

本記事などでEye-Fiに興味を持たれた方は, お使いのデジカメがEye-Fiに対応しているか事前に確認した方が良いと思います。

スタパビジョン」ですが他にも数々, 面白そうなものを紹介しています。特に番組の途中で放送される息抜きの「そしな」コーナーの紹介物が逸品だったりして物欲を刺激され続けています。さて, どうしたものか…

|

« 無線機用USBインターフェイス《スタンダード》購入 | トップページ | リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極小の優れもの《Eye-Fi》無線LAN SDカード:

« 無線機用USBインターフェイス《スタンダード》購入 | トップページ | リグエキスパート《AA-230PRO》使用感 その1 »