« 22年目の真実? ミズホ《AN-21》アンテナ特性 | トップページ | 盲点だった? 《144/430モービルアンテナ》 SWR特性 »

2010年7月17日 (土)

これぞK3キラー? ケンウッド《TS-590》登場間近

今日, 今月号のCQ誌が届きました。表紙はケンウッドの新型HF機「TS-590」です。1996年発売の「TS-570」から14年, 待ちに待ったフラグシップ?コンパクト機の登場が間近です。
Cq_ham_radio_201008
デイトン・ハムベンション2010に参考出品されたもので, 今年の秋から冬にかけて発売されるようです。昨年のハムフェアではモックアップの展示でしたがようやく全容が見えて来ました。

・HF+50MHzトランシーバー
・32ビット浮動小数点IF DSP
・第一IF周波数 11MHzのダウンコンバージョン
・500Hz/2.7KHzのルーフィングフィルター

いやー, 来ましたね。最近のトレンドってイメージです。ダウンコンバージョンを採用したと言うことはルーフィングフィルターにクリスタルタイプを搭載出来たかも知れませんね。詳細が分からないのがもどかしいところですが, かなり期待出来ます。

非常に乱暴ですが, 大きさや価格も重要な「性能」だと仮定してトータル性能をイメージしてみました。

トータル性能=(受信性能/(体積×重さ×価格))+付加価値

       受信性能    サイズ(m)   重さ  価格 付加価値 トータル性能
IC-7600    9    0.34*0.12*0.28 12kg 42万円    3         4.56
FTDX5000  10    0.46*0.14*0.39 15kg 62万円    3         3.43
K3        10    0.25*0.10*0.25  6kg 44万円    0         6.06
TS-590     8    0.27*0.10*0.27  9kg 21万円    0         5.81

受信性能の数値は私の印象によるもので確度は不明です。
TS-590の重さ, 価格はTS-570のものをそのまま使いました。
付加価値とは2波同時受信や独自の混信除去機能など
電源別は+2kg
200W機は-5kg

TS-590は低価格でも狭帯域ルーフィングフィルターの採用などで高級機に一歩及ばずの性能に踏みとどまると期待します。だとすればK3並のサイズと低価格が効いてトータル性能ではトップレベルに躍り出るのでは? と予想します。

普及機レベルでのK3キラー登場となるか? 非常に楽しみですね。

但し, K3の価格は代理店の価格表を参考にしているため不利です。また, K3はお金をかければ2波同時受信など付加価値をてんこ盛り出来ますので, ハイコンパクトな大きさを維持している限り他を寄せつけいないかも知れません。

|

« 22年目の真実? ミズホ《AN-21》アンテナ特性 | トップページ | 盲点だった? 《144/430モービルアンテナ》 SWR特性 »

コメント

「高級機に一歩及ばずの性能に踏みとどまる」という表現ですが、590を肯定的に評価されているのでしょうか、それとも、しょせん性能的に高級機にはかなわないだろうからと、否定的に評価されているのでしょうか。

投稿: akichan | 2010年8月16日 (月) 16時37分

akichanさん,コメントありがとうございます。

もちろん肯定的です。昨年のハムフェア2009でケンウッドの説明員にインタビューした時はいっさい答えてもらえず, ずいぶんと口が堅く, 1年半先の発売であることを差し引いても並々ならぬ意欲を感じました。
そもそも27cm×10cm面の容積+20万円代のカテゴリーで他に比較出来る機種は無いのです。バーテックス, アイコムとも高級機に活路を求めましたが, ケンウッドはTS-120から続く伝統の「ちょうど良い大きさ」を武器に勝負に出たと思います。ダイナミックレンジがどうのとか数値を言い出すと勝ち目は無いと思いますが, おそらく実戦ではさほどの差は無く, 最後発の強みを生かして高級機に見劣りしない性能を20万円代で実現するのでは? と予想します。
但し, アイコムのIC-9100が1年経ってもまだ発売されておらず様子を見ているようにも思えます。全ては今週~来週のハムフェアで明らかになるかも知れませんね。

投稿: JR7IBW | 2010年8月16日 (月) 23時44分

サイズや重量も性能評価の材料にするのはちょっと??です。
トランシーバーですから聴いてなんぼ、送ってなんぼの
評価がほしいところですけど、現物がないのでそれは無理。

TS-590気になるリグです。型番から520を思い出します。
IC-9100ねー、1200メガはいらないし、IC-7400を8年使ってきたので、
そろそろ更新したい、またトリオさん?にしましょうか。

投稿: CWマン | 2010年8月30日 (月) 10時19分

CWマンさん, コメントありがとうございます。

サイズ, 重量で斬っているのは乱暴でしたかね? 資金があれば多数の機種を購入して自分で評価したいです。無駄を承知で1台づつ購入→売却という方法もあるでしょうが, それでも車1台買える資金が必要。
「Receiver Test Data」と言うアメリカ?の評価サイトがありますが自分達の手でと言うことで国内版が欲しいところです。それなりの無線機テスターとかスペアナを用意して評価基準を統一し, 所有者から機種を借りて評価… 自分は腰が重いので誰か立ち上がって欲しい気も。
TS-590はコストパフォーマンスが良さそうです。私は今のところ更新資金がありませんが…

投稿: JR7IBW | 2010年8月30日 (月) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206107/48901094

この記事へのトラックバック一覧です: これぞK3キラー? ケンウッド《TS-590》登場間近:

« 22年目の真実? ミズホ《AN-21》アンテナ特性 | トップページ | 盲点だった? 《144/430モービルアンテナ》 SWR特性 »