« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

パソコン立ち上げ《Storm Power Speed-A Mini》

先日, 勇み足で買ってしまったタワー型パソコンを立ち上げました。
Storm_power_speed_a_mini_1
Storm_power_speed_a_mini_2
Keyboard

届いたパソコンを眺めていたところ, 何か変。何かが足りない。そうだ!DVDドライブが付いていない! え? えー… と絶句しながら注文のメールを確認したところ, DVDドライブ無しで注文していました。標準仕様には入っていないようです。当然入っているものと思い込み確認せずに注文してしまいました。どうりで安いわけだ… ちょっとしたトリックに引っかかってしまいました。

さて, どうしたものか…
OSさえインストール出来ればDVDドライブはいらない。さりとて無いと困ることもあるだろうし。
幸いと言うか, わざわざIDEコネクター付きのマザーボードを搭載した機種を選定しましたので古いDVD/CD-ROMドライブをそのまま接続出来ます。
と言うことで, 困った時のハードオフ頼み。早速買いに行って来ました。DVDドライブは無くCD-ROMドライブばかり10台以上無造作にバスケットに入っていましたが黒い前面のものは1台しか無く, その1台を買ってきました。価格は210円!ちゃんと動くのだろうか?
Cd_rom_drive
心配も束の間, 210円ドライブは軽い唸り音を奏でながら高速動作し, あっと言う間にOS(Windows XP professional)のインストールが完了しました。

購入したパソコン本体の価格(OS, CD-ROMドライブは別)
小      計  : \23800
送      料  :  \1300
消  費  税  :  \1255
税 込 合 計 : \26355
まだベンチマークを取ってませんが普通に使う分には十分なスペックで, HDMI端子も装備しながら, おまけとは言えキーボード, マウスも付いて, かつ, 拡張性も十分なマザボ+ケースで27,000円未満とはずいぶんと割安感があり, 何だか感慨深い思いです。

購入パソコンの仕様 パソコンショップStorm 「Storm Power Speed-A Mini」
-------------------------------------------------------------------
CPU         Athlon II X2 240/Dual-Core/2.8G/L2:1MBx2/TDP65W
CPU Cooler  AM3対応CPUクーラー
M/B         BIOSTAR TA785G3 HD
            (Micro ATX AMD 785G + SB710 GbLAN DSub/DVI-D/HDMI搭載)
OS          無し
MEMORY      DDR3-1333 1GB PC3-10600 1枚
VGA         オンボード(ATI Radeon HD4200)
HDD         [HDD]500GB SATA-3Gb/s
DVD Drive   無し
SOUND       オンボード
K/B         Logicool Classic Keyboard 200 Black
            ik-21BK(日本語 耐水仕様 USB)
MOUSE       光学式スクロールマウス/USB Logicool B100
CASE        STORMオリジナルミニタワー STORM ST-M001(Black 8cmFANx2)
PS          Huntkey BALANCE KING BK-4000
            (400W 静音/高品質 2系統18A/AAS+12V出力)
LAN         オンボード
-------------------------------------------------------------------

これでパソコンが6台になりました。Intel, AMD半々です。

用途     タイプ     CPU            メモリ     Graphic     OS     CPU性能
メイン   ミニタワー Quad Q6700     DDR2    3G 8600GT 512M VistaHome 8000
サーバ   ミニタワー AthlonXP 2500+ DDR     1G ???         XpPro     2500
テレビ   スリムタワ Athlon64 3200+ DDR     1G GT220  512M XpPro     3300
無線用   ミニタワー Athlon II X2   DDR3    1G HD4200 256M XpPro     6200
移動用   ノート     Atom N270      DDR2    1G 945GSE   ?M XpHome    1300
スペアナ ノート     Pentium3 800A  PC133 384M 815EM   11M XpPro     900?

ノートパソコンがしょぼくて更新したいところです。でも, 全く資金が無い。さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

ベンチマークが… FF XIV Benchmark惨敗

何げにネットサーフィンしていたら, ファイナルファンタジーのオフィシャルベンチマークがずいぶんと新しくなっているのを発見しました。
2年前にメインパソコンを新調(CPU: Core2 Quad Q6700 ,ビデオカード: GeForce 8600GT)した時にVerがXI(FF11)のベンチマークで確認したところスコアが6000以上だったかで確か「とてとて」(とてもとても快適)だったと記憶しており, 最新版(XIV: FF14)ではどんなもんだろうかと早速ダウンロードして計測したところ, スコアが「800」くらいでした。
Ff_xiv_benchmark

オフィシャルページでの分類によると
【1500 未満】 動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。

なんだこりゃー, ってとことです。何で2年の間に「とても快適」から「動作困難」まで落ちるわけ??? 訳分かりません。
画面も以前までのファンタジーな雰囲気から, ちょっとおどろおどろしいものに変わっているし。グラフィックはすごく綺麗でしたがカクカクしていたし, 「intel CORE i7」って表示されている時点で嫌な予感がしてはいました… 果てし無くハードのスペックを上げていく拷問のような仕組みですね。

いやー, それにしてもネットゲーマーから足を洗っておいて良かったです。でなければ1年ごとにパーツを買い換えてました。恐ろしい。

とは言え, さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての電子申請 アマチュ無線局 再免許 とても楽

JARLから移動局の局免許切れが近いとのハガキが届きました。そろそろかな?とおぼろげに意識してはいましたが半分忘れていたようなものでしたので, ありがたいシステムです。

再免許申請の手数料を調べたところ, 書面郵送申請3,050円に対し電子申請1,950円で40%近く安いことが分かりました。そう言えば電子申請の場合は再値下げとJARLメールマガジンに書いてあったな, と思い出しました。それにしても昔は再免許と言えどもかなり手数料が高額だったと記憶していますがずいぶんと安くなりましたね。と言うことで電子申請しない手はありません。
Denpa_soumu

電波利用 電子申請・届出システム」についてはアマチュア無線局向けの簡易システム「Lite」が稼働開始した2008年4月中にIDを取得していましたが, 引っ越し後の片付けに紛れてID, パスワードを記載した用紙を紛失してしまい, 先日, 総務省のヘルプデスクに電話して再発行してもらいました(郵送, 依頼後4日で到着)。今どき郵便でのID, パスワード受け取りは時代後れのような気もしますが, 急ぐ訳でも無いのでさほど気にはなりませんでした。

2008年4月ID取得後の2008年5月に200W固定局と移動局の住所, 台数変更を申請した際はFT-101ES(100W改)やTS-700など技適機種では無い大昔の機種も合わせて申請したため, TSS保証事業部経由となり, 電子申請は対応していなかったようだったため必要書面を郵送して申請しました。その後, 総務省の担当部署から「書面申請があったようですが電子申請出来ます」とのメールが来たのですが, TSS経由の件を知らなかったのでしょうか?
ただ, ググってみると今はTSSも電子申請に対応しているらしいです。もしかして2008年の開始当時から対応していたのでしょうか? 当時何度もTSSのホームページを確認しましたが電子申請の説明項目はありませんでした。

さて, 再免許の電子申請についてですが, 何の前準備も無くいきなり使ってみましたが迷うことも無く非常に楽でした。まさに青天の霹靂。5分で申請が終わりました。手数料の納付, 免許状送付のための返信封筒送付などまだやることはありますが, それを差し引いても非常に楽です。
Denpa_soumu_2

31年前の開局時は自分で住所などを記載した用紙を電管に送って, 1カ月くらい待たされた挙げ句, その紙にコールサインや免許番号が印字され免許状として戻ってきて来て, 自分の字が汚いと眺めるたび後悔したものです。時代が変わりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

トホホのパソコン復旧

サーバー用に常時稼働していたタワー型パソコンが9月17日(金)に昇天しました。

このパソコンは1坪の閉め切った南向きの書斎に放置していましたが, この夏の猛暑で部屋の温度は夜でも常時40℃前後あり, 暑さも相まってマザーボードが逝ってしまったものと思い込んでしまいました。

思い起こせば, 2003年ころ, 当時発売されたばかりのAMDのCPU「AthlonXP 2500+/Bartonコア」を核とした自作パソコンを組上げて会社で使っていましたが, パソコンが支給されるようになり, セキュリティも厳しくなったため, 自宅に持ち帰ってOSを入れ直してサブパソコンとして使っていました。
その間, HDDが死に, DDRのメモリーが認識しなくなり, マザーボードも交換し, その関係でビデオカードも取り付け, CDドライブからDVDドライブに変わり, そう言えばいつの間にかケースも大型のものに交換していて… と結局CPUと電源以外全て変わっています。
既に7年落ちのCPUで, かつ継ぎはぎパソコンですので昇天しても諦めがつくとの思いで, ろくに調べもせず早々に諦めて9月21日に新品のミニタワーパソコン(2万5千円)を注文しました。

で, せめてジャンクパソコンとしてヤフオクで出来るだけ高く売り飛ばし元手を取り返そうと昇天パソコンの症状確認, 清掃などの準備を開始しました。

症状, 確認項目としては,
1)電源が入り, ファンが回転し, HDDランプが数秒付く。
2)画面が全く出ない。
3)ビデオカード, メモリーを刺し直しても直らない。
で当初マザボの不良を疑いました。マザボ交換だとすれば, もろもろ面倒がつきまといますのでさっさと諦めた方が良い。

でも, そう言えば, 普段リモートで操作していますが, たまにモニターを点けると, 画面の表示が乱れることがあり, かつパソコンが固まってしまうことがあることを思い出し, 何げにビデオカードを抜いて確認したところ, なんと電解コンデンサー4個が膨らんでいました!しかも1個は液漏れした跡があります。
Video_card

「電解コンデンサーの膨らみ」とはよく聞く話で知識としてはありましたが, はっきりとした実体験は初めてです。以前も昇天したマザボで膨らみがあったのかも知れませんが, 今回はコンデンサーが上下方向に丸く膨らんでおり浮き上がっていてはっきりと見て分かります。ちなみにビデオカードには「2006/11/26」のシールが貼ってあります。

「なんだ, たいした症状では無いじゃないか!」と一瞬脱力し, 取り敢えず近所のハードオフでAGPのビデオカード(性能は全く不明)を315円で買ってきて取り付けたところ, 何事も無かったようにパソコンが立ち上がりました!

2万5千円の新品パソコン(Athlon II X2 240/ミニタワー/OS無し)を買ってしまいました。明日には届きます。でも315円で復旧してしまいました… 今更買ったパソコンを返却出来ないでしょうし, 復旧パソコンを売り飛ばすのももったいないし, 散財です。全くトホホです。

しょうが無いのでシャック(無線室)用のスリムタワーパソコンをリビングTV用に戻して, 購入した新品パソコンをシャック用に当てることしました。無線用のソフトを動かすのみであればかなりオーバースペックですが性能が低いよりは良いでしょう。

くやしいので経験値上げも兼ねて膨らんだコンデンサーを交換してやろうとも思ってますが…
1000uF 6.3V 2ヶ  50円×3(内予備1)
1500uF 6.3V 2ヶ  60円×3(内予備1)
送料 定形外郵便 120円
振込手数料       52円
計              502円

さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

ぼちぼちシャック整備開始

今年の1月に4坪の中古プレハブハウスを購入しており, 夏の間にシャック, アンテナの整備と各種配線を済ませてKW免許申請まで持っていこうと計画していましたが, あまりの暑さで屋外活動は危険と判断し中断したままになっていました。まだマストベアリングのセンター出しなどもやっておらずタワーに登る必要がありますが, それこそタワーの上で熱中症になったらシャレにならないので進んでいません。
とは言え何もしないわけにもいかず取り敢えず機器や書籍, 機材などを少しずつ移動して配置だけは全て完了しました。ようやく涼しくなってきたので来年に向け冬が来る前にある程度作業を終わらせたいところです。
Jr7ibw_my_shack

メインリグの列は下記設備をそろえています。
無線機
 バーテックススタンダード HF         FT-1000MP MARK-V
 バーテックススタンダード HF~430MHz FT-897

リニアアンプ
 バーテックススタンダード VL-1000(HF~50MHz 1KW)
 ケンウッド               TL-922(HF 1KW)

パソコン
 スリムタワー(Athlon 64),自作
 液晶モニター3台(19インチ 1台, 17インチ 2台)
 キーボード ネオテック MCK-89S
 マウス
 10キーパッド

周辺機器
 デジタルモード用インターフェイス リグエキスパート スタンダード
 ローテーターのコントラー3台
  (クリエートデザイン, エモテータ, ケンプロ工業 各1台)
 FT-897用アンテナチューナー バーテックススタンダード FC-30
 人工RFグランド クラニシ VC-519
 SWR&パワー計 ダイワ CN-101
 クランクアップタワー(LM-470D)のコントローラー FTI FDC-78S/W
 リモート同軸スイッチ AMERITRON RCS-10
 マニピュレーター カツミ MK-23
 マイク バーテックススタンダード MD-100A8X 2台
 FT-1000MP MK5用リモートキーパッド バーテックススタンダード FH-1

まだ全く未配線です。旧型無線機も多数配置しており電源ラインの取り回しだけでも大仕事で重い腰が上がるかどうか…
気になるのは, TL-922(1キロワット出力)の上にパソコンを置いてありますが, もしTL-922で送信したらパソコンは正常の動作するのでしょうか? 非常に興味があります(HDDの中身は退避させた方が良い???)。

パソコンと言えば大昔(1980年前後)のNEC PC-8001もスタンバっています。PC-8001本体は3台持っていて, 3台全て30年経った今でも正常に動作し, 触っていると一瞬で昔にタイムスリップしたような何だか不思議な気分になります。
※フロッピードライブなどの周辺機器は動作未確認
Pc_8001_2

それにしても, ながめるたびに, 設置したFT-1000MP MK5が最新のFTDX5000だったら最強なのに… と淡い夢が膨らみます。さて, どうしたものか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

初めてのエコポイント 液晶テレビ《LVW-224K》購入

我が家最後のブラウン管式テレビ(15インチフラット画面)を和室に置いていましたが, このたびようやく液晶テレビに買い換えました。

購入したのはDXアンテナの「LVW-224K」です。
※製造元は親会社の船井電機
Dx_antenna_lvw_224k

22インチ
1366×768画素
コントラスト比 700:1
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン3波対応
アクトビラ ビデオ・フル対応
HDMI入力2系統

近所のケーズデンキで値引き後, 34,800円でした。価格comの再安が29,000円ですので6千円近く損しています。最近は携帯電話のコーナーに置いてあるスマートフォンがネットにつながっていたりして店内で容易に価格comの最安をチェック出来ますので(自分の携帯電話持っていけば良いですが…), 今後は面倒がらずにリサーチして価格交渉に望みたいところです。
なお, 購入した液晶テレビは今どきの性能, 機能を有しており, 単にテレビを見る分にはオーバースペックと思えるほど十分です。

和室テレビは使用頻度が低く買い換えを渋っていましたが, 一応客間でもあるため, VIP用の設備(^^;を備えておきたいと思っていました。
また, 家電エコポイントは来年3月まで延長が決まり, どうせ買うなら3月ギリギリに購入しようと思っていました。しかし, その後の発表で延長対象が省エネ評価五つ星と決まったことで, 多分多くは四つ星の激安小型液晶テレビは今年いっぱいと言うことになり, 購入を決意しました。

この液晶テレビはエコポイントが7000点付きます。また, 勉強不足で知らなかったのですが, テレビの買い換えで古いテレビを家電リサイクルに出す場合, さらに3000ポイント付くことが分かりました。これで計10000ポイント(1万円分)になります。交換商品をJCB商品券にして昨日, 申請用紙を発送しました。

それにしても家電リサイクルで3000ポイントが付くとは盲点でした。15インチブラウン管テレビを家電リサイクルに出すと, 電器店に頼んだ場合は2700円程度, 自分で指定場所に持っていく場合は計1905円掛かりますが, 最近はテレビを海外に売り飛ばす業者が, 送料のみの無料で引き取るサービスをやっており, 危うくそちらに発送するところでした。先に気づいて良かったです。今回は自分で指定引き取り場所に持ち込んで1905円掛かりましたが3000ポイントをGET出来ましたので損せずに済みました。

さて, 1万円分(※)の商品券は何に使いますか…
※実際は手数料500円が差し引かれ9500円らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのオシロスコープ 岩通《SS-6613》入手

四十も半ばにしてようやくオシロスコープを入手しました。岩崎通信機/IWATSUの60MHzアナログシンクロスコープ「SS-6613」中古です。もはやン10年前?の骨董品レベルですが外観の状態は良く, CRTの焼きつき, 表示ボケなども無く動作は問題無いようです。
Iwatsu_ss_6613

仕事の内容が変わる15年くらい前まで会社でたまにオシロスコープを使っていましたので全く使えない訳ではありませんが, 入手した機種はシンクロスコープと言うこともあってかやたらとボタンが多くて取説も無いことからチンプンカンプンです。適当に触って間違った使い方をしそうですので, まずは以前入手して本棚の肥やしになっていたCQ出版社の「オシロスコープ入門」をひっぱり出して勉強しなければなりません。勉強するにあたって, たぶん問題は「信号源」を用意しないと操作方法をマスター出来ないと思われることですが, オシロを持っていなかったくらいですから当然シグナルジェネレーター(信号発生器)も持っておらず, かと言っていきなり無線機をつなげるのも怖いところです。たぶん手持ちのアンテナアナライザー「AA-230PRO」が信号源として使えると思いますが単波形で一定出力のため, どちらかと言うと校正もどきに使えそうです。そのかわり以前ネット記事でパソコンの音源とソフトを使えば万能オーディオジェネレーターになると読んだことがありますのでこちらを試してみたいところです。
それにしても世の中, デジタルだ, GHzだと言っている時にアナログの60MHz機とはいかにも時代錯誤ではありあますが, まずはゲルマニウム・ラジオの製作から始めようと思っている私には身の丈に合っていると言うところでしょう。

作業場や機材など徐々にそろってきてようやく自作/レストアの土台は出来てきましたが, 残る大物計測器「スペクトラム/ネットワークアナライザー」の入手がまだです。オシロさえ使えないのに何をか言わんやですが, もう欲しくてたまりません。しかしヤフオクで手持ちの不要物を売り尽くしたため新たな資金源は無し。でも欲しい。さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

FT-101風メタルケース《TM-44》購入

摂津金属工業, IDEAL/アイデアルブランドの汎用メタルケース「TM-44」を入手しました。システムギアダイレクト社から購入し, 単価13,075円+送料1,100円=14,175円でした。形状と大きさが八重洲無線のHFトランシーバー「FT-101」にマッチしています。
Metal_case_tm_44

TMシリーズは既にTM-17(幅17cm), TM-34(幅34cm)を入手しており, これで全3種を入手したことになりますが, このケース群をわざわざシャックの目に付くところに飾りました。

何の機能も無いケースを目に付く場所におく。
 →さらにホームページなどでさらす。
  →恥ずかしくてケースに何か組まねばと思う。
   →重い腰を上げてようやく自作の道を踏み始める。

と言う構図を狙っています。いくらものぐさな私でもこれで何か作り始めるでしょう。
ちなみに写真の機器群は並べてあるだけで未結線です。自作以前にシャックの整備が先かも知れません(^^;

心意気は向上したとして, さて, 何から始めますか…

My_shack_jr7ibw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型アンテナアナライザー登場 《AA-30, AA-54》

リグエキスパートジャパン社から新型のアンテナアナライザーが発売されるようです。発売は9月20日ころ。

AA-30 0.1~30MHz \27,800
AA-54 0.1~54MHz \32,800
Rigexpert_aa_54

私が持っているAA-230PROが59,800円ですので半額になり, 機能を削って拡販を狙ったものと思われます。

AA-230PROとの比較

項目 AA-54 AA-230PRO
周波数範囲 0.1-54MHz 0.3-230MHz
最小設定周波数ステップ 1kHz 1kHz
最小スィープ範囲 10kHz 10kHz
最小スィープステップ 1Hz以下 1Hz以下
SWR2AIR™ モード
マルチSWRモード
リアクタンス符号
(C性orL性)
コネクター形状 M M
出力電力 +30dBm矩形波 +10dBmサイン波
出力アンプ CMOS logic chip Tr保護回路付き
SWR測定用基準Z 50/75Ω 25/50/75/100Ω
ADC 10ビット 16ビット
バッテリー電圧表示
内蔵バッテリー充電器
外部電源駆動 可(USB) 可(9-12V)
LCDバックライト 高輝度白色LED
TDRモード 内蔵
グラフ保存用メモリー数 100 SWR:90 TDR:10
日本語表示
ハムバンド プリセット

基本性能はAA-230PROとさほど変わらないようです。
大きな違いは下記4点と考えます。
1)周波数範囲 0.3~230MHz → 0.1~30MHz/54MHz
  →HF専用と考えれば苦になりません。
2)ADC 16ビット→10ビット
  →読み取り精度が65536ポイント→1024ポイントに荒くなると言うこと
    ですが, おそらく通常のSWRを計るなどの用途であれば十分と思われ
    ます。
3)内臓充電バッテリーでは無く単3乾電池2本を使用
  →2時間以上は使えるようですので経済性は十分。
4)TDRモード無し
  →同軸ケーブルの長さを調べる機能です。無ければ無いで何とかなりま
    す。

と言うことでAA-30/AA-54は私的にはノープロブレム。リグエキスパート製アンテナアナライザーの特色を生かしつつ, 程よい価格帯に落とし込んだ絶妙な製品と思います。AA-230PROの購入を早まりました(^^;

ここまで機種が増えて, 価格もこなれてくると, 他社のアナログ機を選択する理由が無くなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »