« トホホのパソコン復旧 | トップページ | ベンチマークが… FF XIV Benchmark惨敗 »

2010年9月25日 (土)

初めての電子申請 アマチュ無線局 再免許 とても楽

JARLから移動局の局免許切れが近いとのハガキが届きました。そろそろかな?とおぼろげに意識してはいましたが半分忘れていたようなものでしたので, ありがたいシステムです。

再免許申請の手数料を調べたところ, 書面郵送申請3,050円に対し電子申請1,950円で40%近く安いことが分かりました。そう言えば電子申請の場合は再値下げとJARLメールマガジンに書いてあったな, と思い出しました。それにしても昔は再免許と言えどもかなり手数料が高額だったと記憶していますがずいぶんと安くなりましたね。と言うことで電子申請しない手はありません。
Denpa_soumu

電波利用 電子申請・届出システム」についてはアマチュア無線局向けの簡易システム「Lite」が稼働開始した2008年4月中にIDを取得していましたが, 引っ越し後の片付けに紛れてID, パスワードを記載した用紙を紛失してしまい, 先日, 総務省のヘルプデスクに電話して再発行してもらいました(郵送, 依頼後4日で到着)。今どき郵便でのID, パスワード受け取りは時代後れのような気もしますが, 急ぐ訳でも無いのでさほど気にはなりませんでした。

2008年4月ID取得後の2008年5月に200W固定局と移動局の住所, 台数変更を申請した際はFT-101ES(100W改)やTS-700など技適機種では無い大昔の機種も合わせて申請したため, TSS保証事業部経由となり, 電子申請は対応していなかったようだったため必要書面を郵送して申請しました。その後, 総務省の担当部署から「書面申請があったようですが電子申請出来ます」とのメールが来たのですが, TSS経由の件を知らなかったのでしょうか?
ただ, ググってみると今はTSSも電子申請に対応しているらしいです。もしかして2008年の開始当時から対応していたのでしょうか? 当時何度もTSSのホームページを確認しましたが電子申請の説明項目はありませんでした。

さて, 再免許の電子申請についてですが, 何の前準備も無くいきなり使ってみましたが迷うことも無く非常に楽でした。まさに青天の霹靂。5分で申請が終わりました。手数料の納付, 免許状送付のための返信封筒送付などまだやることはありますが, それを差し引いても非常に楽です。
Denpa_soumu_2

31年前の開局時は自分で住所などを記載した用紙を電管に送って, 1カ月くらい待たされた挙げ句, その紙にコールサインや免許番号が印字され免許状として戻ってきて来て, 自分の字が汚いと眺めるたび後悔したものです。時代が変わりましたね。

|

« トホホのパソコン復旧 | トップページ | ベンチマークが… FF XIV Benchmark惨敗 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての電子申請 アマチュ無線局 再免許 とても楽:

« トホホのパソコン復旧 | トップページ | ベンチマークが… FF XIV Benchmark惨敗 »