« 17万倍速!《フレッツ光ネクスト》開通 | トップページ | お見舞い申し上げます 東日本大地震 »

2011年3月10日 (木)

ソフトバグだった? バッテリー不具合 REGZA Phone T-01C

ドコモのAndroidスマートフォン「REGZA Phone/レグザフォン T-01C」について, 2~3週間前から異常にバッテリーの減りが早いように感じられています。

Wi-Fi経由でホームページを見ていたり, アンドロイドマーケットでダウンロードとかしているとフル充電から2時間経たずにバッテリーの残量が30%台に落ちることがあります。バッテリーの残量も確認出来る「Automatic Task Killer」で見ていると1分で1%程度バッテリーが減っていきます。本体を再起動しても状況は変わりません。
ただ, いつもバッテリーの減りが早い訳ではなく, また特定のアプリが起因しているようでも無いようです。

明らかに異常と思われるため, 一昨日3月8日に近所のドコモショップに行って相談してきました。

ドコモのお姉さんいわく

1)スマートフォンは使用状況でバッテリーの持ちが大きく変わる。
2)新型機で, まだ, バッテリー系の不具合は報告されていない。
3)バッテリーの容量を調べる機器があるが, T-01C用のバッテリー
 「電池パック T03」はまだ対応していない。

と言うことで, 1番目の返答は予想通りのものでした。バッテリーに絡む障害は定量的な判断が難しいため, すぐ分かる不具合で無い限りこのような返答になるのでしょう。
その場で, すごい勢いでバッテリーが減っていく様子を見せることが出来れば納得してもらえたと思うのですが, あいにくその日は普通のペースでバッテリーが減っていました。

予め予想していた応対だったため, すぐに諦めて, 最初から考えていた「電池パック購入」に踏み切りました。1個2,800円で, 貯まっていたポイントで購入し持ち帰りました。
T-01C用バッテリー T03

さて, 早速その日のうちに新品バッテリーで試したところでは, バッテリーの減りは以前のレベルでそれほど減らず問題無し…

と言うことは, やはり最初のバッテリーが劣化したのか?

ところが, 新品バッテリーの稼働確認中にレグザフォンでたまたま見ていたインプレスWatchの記事で「ドコモ、REGZA Phoneなど3機種にソフトウェア更新 」を発見しました。

T-01Cについて, 更新理由は「USBケーブルを接続したり充電台に設置したりしても、まれに充電が開始されない場合がある」と言うもの。

うーむ, 何と言うタイミングの悪さ。T-01CのアップデートについてはインプレスWatchなどで毎日チェックしていましたが, 大抵は夜にチェックしているため, 行き違いになってしまいました。何でまた電池を買った日のタイミングでアップデートなのか?

早速, 最新のアップデートを適用し, 以前のバッテリーに戻して充電後, 小1時間使ってみましたが問題無し。念のため今日までちょこちょこ充電と使用を繰り返しましたが問題が無い印象です。

さらに念のため, バッテリーの残量をグラフ表示出来る「Battery Mix」と言うアプリを使って, 今までのバッテリーと新品バッテリーに同じ程度のCPU負荷(50~65%)をかけてバッテリーの減り具合を調べたところ, 両方とも同じような減り具合です。
バッテリー残量グラフ
なお, 一定のCPU, Wi-Fi負荷をかけるために「STAPA VISION」の動画を1話づつ鑑賞しました。
STAPA VISION

と言うことで, たまに, 異常にバッテリーの減りが早くなる原因はソフトバグにあったようです

新品バッテリーを買ってしまいました。2,800円。ポイントでの支払いなので痛みはありませんが, 何だか怒りがわいてきます。
バッテリー購入明細

何で, ドコモショップのお姉さんには, 情報が行っていなかったのでしょう? どう言う情報伝達システムなのでしょうか?

ドコモの対応もダメダメですが,
レグザフォン(T-01C)は連絡帳とか使いづらいし, 動画アプリもいまいちらしいしで, 中途半端なまま市場に出てきたイメージです。

また,「3機種でソフトウェア更新」ってのも気に入らない。1機種に非難が集中しないよう, 3機種分溜めてから発表したようにも思えます。

それにしても, レグザフォンを使い始めたのが昨年12月17日からで, 調子が悪くなったのは2~3週間前からですので, ソフトバグだとすると, 計算が合わないです。検索してみるとT-01Cについて2月3日に開始された最初のアップデートが怪しいらしい。そう言えば私は2月3日の数日後にアップデートしています。だとすると, 私が2月12日にブログでアップした「バッテリー実験」の結果も(アップデート後にも若干実験しているため)ちょっと怪しいことになりますね… 困ったものだ。

まあ… 1~2カ月後のAndroid2.2へのアップデート(と合わせて数々の?不具合改善)での面目躍如を期待して, しばらくはおとなしく待つとします。

ところで, アプリのバッテリー残量グラフからバッテリーの持ちを推測出来ます。
CPU負荷率60%くらい+Wi-Fiで使い続けると1.2時間でバッテリー残量が100%→62%に減ります。と言うことはこの条件だとフル充電から3時間半くらいで残量が0%になります。
やはり, 全然バッテリーが持ちませんね。そう言う意味では, 購入したバッテリーは予備用の位置づけとして, 持っていても良いかな, と言うことになります(純正バッテリーを充電出来る機器があれば, なお良い)。

|

« 17万倍速!《フレッツ光ネクスト》開通 | トップページ | お見舞い申し上げます 東日本大地震 »

コメント

このスマートフォンはどうにもなりません。不具合の頻発です。もしも買い換えを考えるならば決して購入しない方が良いと思います。私は購入してお知らせの緑のランプが点滅しまして確認しても何もありません。ドコモに確認したら。何もしないで、携帯を機械を交換しただけで何が悪いのかの説明もありませんでした。交換した携帯もタッチパネルが反応しなくなるし、画面が真っ黒になってしまいます。機能だけで購入しましたが、今になって後悔しています。これから購入をかんがえていり方は決して購入しない方良いと思います。あとで後悔するのが目に見えています。これは、実際に購入して使用したユーザーからの警告だと思って下さい。購入したらあとで後悔しますよ。

投稿: takimoto | 2011年7月 3日 (日) 22時30分

takimotoさん, コメントありがとうございます。

いやー, 大変な目にあっておられますね。怒り心頭とお察しします。
私のレグザフォンはハード的な異常は特に無くて普通に使えています。

今年の1月~3月くらいに, 価格.comのSony, シャープ, SAMSUNGなど他社のスマフォ掲示板も結構見ていたのですが, 若干ですがハード的な問題で困っておられる方がいました。

不具合はこの機種に限ったことでも無いとは思っていますが, レグザフォンは一時期需給逼迫でしたので, もしかすると何か品質を犠牲にして製品が扱われたのかも知れませんね(製造メーカーとしてあってはなりませんが)。

現状のスマフォは百花繚乱, 入り乱れており, 機種ごとの性能, 機能差も縮小してきていますので選択肢が多く, 変な機種は自然と淘汰されていくと思いますので, 今後は豊富な情報を元に選んでいきたいところですね。

投稿: JR7IBW/まつ | 2011年7月 8日 (金) 08時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバグだった? バッテリー不具合 REGZA Phone T-01C:

« 17万倍速!《フレッツ光ネクスト》開通 | トップページ | お見舞い申し上げます 東日本大地震 »