« 最後は《無線通信》頼みか 通信インフラ崩壊 | トップページ | パソコン通信《NIFTY-Serve》復活! »

2011年3月31日 (木)

やっぱりバッテリーが変 REGZA Phone T-01C

ドコモのAndroidスマートフォン「REGZA Phone/レグザフォン T-01C」について, ソフトのアップデートで直ったと思っていた, 異常なバッテリーの減りの速さがまた観測されました。

震災後, 度々余震があり, すぐに連絡出来るよう外出時はレグザフォンを肌身離さず持っていたのですが, 落ち着いてきたので3日間ほど充電器に置きっぱなしにし, 先日使ってみたところ10分ほどでバッテリー残量80%くらいまで減りました。80%まで落ちた後は普通の減り具合です。この現象は連日持ち歩いていた際はありませんでした。

今回は「Battery Mix」を常時起動し監視していたため, バッテリーの異常な減り具合がグラフで分かり, 証拠が残りました。
レグザフォンの異常なバッテリーの減り

3月8日にソフトをアップデートした際に, ネット検索でレグザフォンについては「満充電になると放電を開始するらしい」との情報を得ており, 3月8日のソフトアップデートはその改善がされたものと思っていましたが, 違ったのでしょうか?

充電時間をコントロール出来るアプリもあるらしいので当面はそれで対応するしか無いかな, と言うところです。

|

« 最後は《無線通信》頼みか 通信インフラ崩壊 | トップページ | パソコン通信《NIFTY-Serve》復活! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりバッテリーが変 REGZA Phone T-01C:

« 最後は《無線通信》頼みか 通信インフラ崩壊 | トップページ | パソコン通信《NIFTY-Serve》復活! »