« Flash Player検証 REGZA Phone T-01C | トップページ | 地震予知は可能なのか? HAARP観測データチェック »

2011年5月30日 (月)

欲しい 久々のキワ物 Windows 7 ケータイ《F-07C》

ドコモの2011年夏モデルとして6, 7月ころに発売が予定されている富士通製の新型ケータイ「FMV LOOX F-07C」が非常に気になります。

この新型ケータイは, 何とマイクロソフトのパソコン用OS「Windows 7 Home Premium」を搭載しています。発売が開始されて間もないスマートフォン向けのOS「Windows Phone 7」ではありません。

富士通 FMV LOOX F-07C
富士通 FMV LOOX F-07C

製品名に「FMV LOOX」を冠している通り, 性能, 機能としては超小型のネットブックパソコンそのものです。普通のスマートフォン+α程度の大きさでありながら, Windows 7が(ちょっと遅い程度で)普通に動作するとなると驚きの大きさです。
※メーカーはWindows 7動作パソコンとしては世界最少と言っています。

活用スタイルとしてiモードケータイのOSが常時起動しており, 都度, Windowsを起動して使うイメージです。

割り切った設計のため, おサイフケータイはiモードでのみで使用可能, 逆にWi-Fiはパソコン側でみ使用可能, などの制約があるようです。

5カ月間レグザフォンを使って思うのは, まだ, Windowsパソコンの代わりにはならない(私自身の記事), と言うことがあります。オークション系やExcelなど, パソコンで常用しているソフトを超小型端末でもそのまま使いたいのですが, Android機で重いアプリが充実して来るまでには後, 数年かかりそうです。それまでの間は超小型Windows機「F-07C」がその期待に答えてくれそうです。

F-07Cにはワンセグ, 防水機能がありまあせん。私自信のスマートフォンにおける必要事項として「ワンセグ, 防水」機能が必須ですので, F-07Cは非常に欲しい機種だとしても, 今のところ買い換えの対象にはなりません。もちろん「2台持ち」なら選択肢となりますが, 我が家の経済レベルでは立ち行きません。また, パケ・ホーダイが外部機器接続扱いとなり上限額が月額1万円以上でこれも大きな足かせです。

また, F-07CはWindows起動時はバッテリーが2時間も持たない, とのことですので, 大容量外部バッテリーを持参とか対策が必要です。

手持ちのノートパソコンや不要物を捨て値で売った代金を頭金にF-07Cを購入し, 2台持ちと言うよりは唯一のモバイルパソコンとして使うなら購入の動機付けにはなるかも… いや, 後1年くらい待てばもうちょっと進化したF-07C後継機が出るかも…

さて, どうしたものか…

それにしても富士通(富士通東芝)はスマートフォンでいち早く「クレードル」「防水」機能を搭載してくるし, 今度は考えもしなかった超小型Windows機を出してくるあたり, 何ともピンポイントですね。

世界広しと言えども, もはやWindows 7が動作する手のひらサイズのUMPC(Ultra-Mobile PC)を扱っているのは下記7社くらいでしょうか? 富士通には是非今後もUMPCを進化させ続けて他社を奮起させていって欲しいところです。

手のひらサイズのUMPC製造メーカーと製品
●富士通 「FMV LOOX F-07C」
●Sony 「VAIO Type P」(ちょっと手のひらサイズとは言いがたいけど)
●東芝 「Libretto W100」
●韓国Yukyung Technologies 「Viliv」
●モウマンタイ 「E-KING M5」
●アメリカOQO 「model 03」
●Ocosmos 「OSC1」


F-07C 基本スペック
本体サイズ    約125W×61H×19.8Dmm, 約218g
ディスプレイ   4インチ, WSVGA(1024×600ドット)
キーボード    スライド式のQWERTYキーとトラックボール
無線LAN(Wi-Fi)  IEEE802.11b/g/n(Windowsモードでみ動作)
3G        下り最大7.2Mbps/上り最大5.7Mbps
Bluetooth    2.0+EDR(iモードでのみ動作)
赤外線      搭載(iモードでのみ動作)
おサイフケータイ 搭載(FeliCa, iモードでのみ動作)
カメラ      32万画素CMOSインカメラ
         510万画素CMOSアウトカメラ(iモードでのみ動作)
ワンセグ     非搭載
防水      

パソコンモードのスペック
OS        Windows 7 Home Premium(32ビット版)
CPU       インテルAtom Z600(1.2GHz, HTテクノロジー対応)
         ※放熱や消費電力の関係から600MHz固定で動作
グラフィックス  CPU内蔵GMA600
メモリー     1GB(増設不可)
ストレージ    内蔵32GB+microSDカード最大32GB
主要ソフト    Office Personal 2010(2年ライセンス版)

ケータイモード
OS        Symbian OS(富士通製iモードケータイ標準)

|

« Flash Player検証 REGZA Phone T-01C | トップページ | 地震予知は可能なのか? HAARP観測データチェック »

コメント

私も、防水は必須事項です。 REGZA フォン使用していて気付いたのは、内側カメラが欲しいって最近思います。 スカイプの場合、只の無料携帯にしかならず、その面は使い勝手が悪いです。 辛抱して、アクオススマホ待てば良かったかもと、チョイ後悔。 動作のモッサリ感に(特にツイートクライアント)、徐々にイラッとさせられるこの頃です。(-_-;)

投稿: 十ちゃん | 2011年6月 1日 (水) 11時18分

十ちゃんさん, いつもコメントありがとうございます。

私もSkypeについてはメインパソコンで常駐しており, レグザフォンにも仕込んでいますので, インカメラは欲しいところです。Android機はVersion2.3からイン(複数)カメラ対応となりますので, まだレグザフォンでは使えないですね。運良く2.3のアップデートサービスがおこなわれて, かつ外付けのUSB/Bluetoothカメラを使用して, と言う面倒なやり方になります。
※まだスマフォ用のUSB/Bluetoothカメラは一般化していないようです。

マイクロソフトの次期パソコン用OS「Windows 8」は数社のモバイルCPUに対応するらしいし, TI(テキサス・インスツルメンツ)社がパソコンからモバイルまで対応した新型CPUで参戦するとか, 2, 3年後にはハード, ソフトとも各社入り乱れて一気に混迷を深め, 機能, 性能だけみれば低スペックパソコンとモバイル端末の垣根は全く無くなりで, さらに迷う時代が来る予感です(嬉しいことですが)。
自宅にはクレードル, モニター, キーボード, マウス(あるいはノートパソコン風のインターフェイス)が複数の部屋に設置されていて, 本体はパソコン並みの性能を持つモバイル機1台のみ, と言う構図も十分あり得ます。

まあ, 欲しい時が買い時と言うことで…

投稿: JR7IBW/まつ | 2011年6月 3日 (金) 12時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欲しい 久々のキワ物 Windows 7 ケータイ《F-07C》:

« Flash Player検証 REGZA Phone T-01C | トップページ | 地震予知は可能なのか? HAARP観測データチェック »