« 復活? ホンダミッドシップ《BEAT/ビート》 | トップページ | 《ドコモ あんしんスキャン》導入 REGZA Phone T-01C »

2011年6月22日 (水)

祝! 日の丸スパコン《京》世界一に

最近は滅入る出来事ばかりですが, そのなかで, 久しぶりに明るい話題, かつ, 日本がひのき舞台に立った大きなニュースがありました。

日本製スパコン、再び世界トップ500の頂点に

富士通と理化学研究所が開発中のスカラ型スーパーコンピューター(以下スパコン)「京(けい)」がスパコンの性能指標である「TOP500」(半年に1回評価)で2011年度の上半期で世界1位になった, との報道です。

富士通製スパコン「京」
富士通スパコン「京」理研に設置されたスパコン「京」

これは, NECと科学技術庁が開発, 2002年に稼動を開始し2002年~2004年の間, TOP500で1位となったベクトル型並列スパコン「地球シミュレーター」以来, 7年ぶりの快挙です。

2009年, 民主党・内閣府の事業仕分けで次世代スパソコン開発予算の審議時に蓮舫議員が発した「2位じゃダメなんでしょうか?」のフレーズはあまりにも有名な一言となりましたね。
私を含めスパコンに詳しくない人でも, 日本の行く末を案じれば「そりゃー2位じゃダメでしょうー」と何となくでも瞬間的に反発したと思います。

なぜ「1位でなければならないのか?」については各方面の方が存分に意見を述べられていますが, 富士通総研の伊藤千秋会長も自信の個人ブログ「千秋日記」で内情を交え, かみ砕いて述べられています。

スパコンの開発は, 単にハードウェアの性能のみならず, 性能を使い切るための優れた専門のソフトウェアの開発と, それらを使いこなす頭脳・英知によるって生み出される「最先端のイノベーション」につながるものだとおっしゃられています。

例えば「創薬」(お恥ずかしならが私は聞いたことが無い言葉でした…)。従来, 膨大なコストと気が遠くなるような歳月を要して生み出される新薬の開発は, 今やスパコンと切っても切れない関係となっているようです。
東京大学 先端科学技術研究センターと富士通 世界に先駆けて実用化を目指す、新しいIT創薬技術の共同研究を開始

日本そのもののフラグシップって何でしょうか? アニメや日本食を代表とする日本文化の輸出も良いですが, (漠然としていますが)「あらゆる分野で最先端の科学技術を創出し続ける」ことこそが, この国が生き残る術であり, だからこそ高性能スパコンの保有は重要なテーマであり続けると思います。

ところで,『SGI と Intel、最速スパコン「京」の100倍高速なシステムを開発へ』との報道もあります。

スパコンをめぐる果てしないマッチレースはいつまで続くことやら…

|

« 復活? ホンダミッドシップ《BEAT/ビート》 | トップページ | 《ドコモ あんしんスキャン》導入 REGZA Phone T-01C »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝! 日の丸スパコン《京》世界一に:

« 復活? ホンダミッドシップ《BEAT/ビート》 | トップページ | 《ドコモ あんしんスキャン》導入 REGZA Phone T-01C »