« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

放射線測定器/線量計 ロシア製《SOEKS-01M》購入

まず, おことわりですが, 放射線そのものの被害や風評被害に苦しむ福島県に住んでいますので, 暮らしている方々の痛み, 辛さをよく理解しているつもりです。

このブログ記事では, こんなものを購入しました, 程度のご紹介にとどめ, 各所を計測した放射線量の詳細など風評被害に通じるような情報の掲載は極力致しません。もし, 質問を頂くような場合でも内容によっては返答致しかねますので予めご了承お願いします。

----------------
年齢が中年以上の方なら「ガイガーカウンター」と言った方がよく覚えているのではないかと思います。
1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所の事故で, 日本のマスコミが現地に必ず持参したアナログ針式の取っ手が付いた大きな箱型の放射線量計測器を「ガイガーカウンター」と言う名称で紹介していました。

あれから20年以上が経ち, 自分自身がガイガーカウンターを入手することになるとは, よもや, 思ってもいませんでした。

東日本大震災を起点とした福島第1原発事故の被害, 影響はあまりにも甚大で気が重くなるばかりです。私は福島県会津地方に住んでおり, 我が家には幼児がいますので, 放射線の影響を心配しています。特に「ホットスポット」と呼ばれる放射線量の非常に高い場所が局所的に観測される現状を知り, 行動範囲の中でホットスポットがあるかどうかを把握しておくに越したことはないと思っていました。

放射線量を知るのには放射線量計測器(以下, 線量計と表現)を入手する必要がありますが, 「10万円以下のものはオモチャ」だとか, 中国製のものは計測値が正確かどうか分からないとか, その中国製であっても安くて5万円くらいだとか, いま一つ購入に踏み切れない事情がありました。

そんななか, 防虫剤, 消臭剤で有名なエステー社が15,750円と安価な線量計を10月に発売するとの情報を7月末に得て, 日本製なら安心, と10月の発売を待ち構えていました。

エステー エアカウンター
エステー エアカウンター

ところが, 分析力のある同僚からエステー器は精度は高いようだが, ベータ線を計測出来ない, ロシア製が良いのではと助言を受け, このたび, ロシア製の線量計を購入することになりました。

購入したのはSOEKS社の「SOEKS-01M」と言う製品で楽天のSOEKS社正規代理店ショップから購入し, 価格が19,800円(+送料1,500円)でした。ちなみに同じ製品がAmazonでも販売されており, 参考価格56,000円, 発売価格27,000円です。同僚の情報ではちょっと前まで私の購入したショップでは3万円以上だったそうですので, 欲しい人に行き渡り売れ行きが落ちてきたとか, エステー社製品の影響などで価格が下落傾向にあると思われます。

SOEKS-01M
SOEKS-01M
SOEKS-01M
SOEKS-01M
SOEKS-01M
※パナソニックの充電池エボルタは付属しません。
※大きさの比較用に置いたものです。

もしかして, 身近な持ち物でロシア製のものがあるかも知れませんが, はっきりとロシア製をうたった製品を購入したのは生涯で初めての経験です。ロシアの製品と聞いて, 根拠の無いイメージとしては「大きい」,「頑丈」,「機能, 性能が低い」,「デザインが無骨」とか良いイメージが無いのですが, 届いた線量計を手にしてびっくり, 手の中に納まる超小型でデザインも普通です。「ロシア製」のイメージがかなり変わりました。また, 最低限の性能であるとは言え, 昔テレビで見た大きな箱型の線量計からすると, 青天の霹靂と思うほどの超小型で, 放射線量を計っているとの仰々しさが全くありません。

さて, エステー, SOEKSを簡単に比較すると下記のようになります。

メーカー  SOEKS              エステー
品名      SOEKS-01M          エアカウンター
検出器    GM計数管           Si半導体(PD)
測定線種  ベータ線β線       ガンマ線γ線
          ガンマ線γ線       (※β線は遮断)
          エックス線X線
校正基準  γ線コバルト60     γ線セシウム137
計測範囲  0.03~1000μSv/h   0.05~9.99μSv/h
指示誤差  ?                  ±20%(測定完了時)
計測時間  2分以下            最長約10分
外形寸法  約105mmx43mmx18mm  約82mm×62mm×34mm
重量      約57g(電池含まず)約105g
生産国    ロシア             日本?
価格      19,800円           15,750円

ちなみにGM計数管とは「ガイガーミュラー計数管」の略で, ガイガーカウンターの名称はここから来ています。なのでエステーのエアカウンターはガイガーカウンターとは言いません。

特徴
エステー エアカウンター
ガンマ線の計測に特化し, 検出器が半導体であること, 校正基準がセシウム137であること, ベータ線を遮断していることでガンマ線の計測精度が高いと思われます(まだ発売されていないため実力は不明)。また, ガラスなどの破損し易い部材を使用していないため, 比較的壊れにくい可能性があります。

SOEKS-01M
エステー, エアカウンターの真逆の性質を持っており, 計測精度は低いようです(10%以上のバラツキもあるっぽい)。その代わり一応ベータ線を計測出来るため, 野菜や腐葉土などで極端に放射線が高いかを判別出来る可能性があります(ベータ線は計測物に接触させて計測)。また, 計測時間が2分以下と短い利点があります。

SOEKS-01Mについては正確な数値を追い求めるよりも, 出来るだけ多くの場所を計測することで比較評価を行い, 線量の高い場所を特定するなどの使い方になると思います。また, そう言う使い方であれば十分に機能すると思います。本日, 実際に使ってみてもそのように判断出来ます。

正確な数値を知りたいのであれば, エステーのエアカウンターも購入し併用すると良いかも知れません。

取り敢えず簡単に計測した結果ですが, 室内が0.2μSv/h程度で自宅の庭やその周辺はそれより若干高い値でした。自宅周辺の範囲ではホットスポットは無いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

ハムフェア2011

今年も東京ビックサイトで開催されたハムフェアに行って来ました。土曜日初日の朝9時に着いたのですが既に200人くらい並んでいて, 開催10時には1000人くらいになり結構盛況な様子でした。

まずは恒例のアウトドア抽選会ですが, 何と12回抽選(1回100円)して全て外れました。んー, 残念。来年に期待です。
アウトドア
アウトドア 抽選外れ

戦利品は帽子2個, ボトルホルダー1個, ストラップ1本, ボールペン1本です。
戦利品

購入品はGHDブースからパドル用コードプラグ1本(800円)のみです。
GHD パドル用コードプラグ

プレゼンテーション
さて, 大手3社(バーテックス, アイコム, ケンウッド)のプレゼンを見て, 今年のキーワードは「V/UHF帯のデジタル通信」だと感じました。

バーテックスは次世代FDMA方式「C4FM(4値FSK)変調」のハンディ機を2012年に投入, と紹介しています。また, VoIP通信「WiRES-Ⅱ」を紹介していました。
バーッテクス デジタル通信
バーッテクス WiRES-II

アイコムは新型430MHzハンディ機「ID-31」を紹介しています。GPS, IPX7防水など最近のトレンドを乗せつつコンパクトに仕上がっています。
アイコム ID-31

ケンウッドはハンディ機「TH-D72」で楽しむ「APRS(ビーコンメッセージの送受信)」を紹介しています。
ケンウッド ARPS

花形HF機の登場も一巡し今年はちょっと小粒の印象ですが, 各社ともV/UHF帯の巻き返しで足並みを揃えているように思えます。

ケンウッド完全復活の, のろし
昨年登場したコンパクトHF機「TS-590」で復活を果たしたケンウッドですが, TS-900, TS-820, TS-930…TS-950SDXに続く「HFフラッグシップ機の開発に着手」とアナウンスがありました。いよいよ完全復活となりそうです。ただ, まだ開発初期段階とのことで発売時期や価格など一切未定のようです。
ケンウッド HFフラッグシップ  TS-820
ケンウッド HFフラッグシップ 開発着手

速度メーター180kmなリニアアンプ VL-2000
昨年参考出品で展示されていたバーテックスの新型HFリニアアンプ「VL-2000」が今年も展示されていました。1.5kW常用が可能とのことですがワットメーターには2kWまで目盛られています(何と言うか…カッコ良い)。発売時期未定とのことですが, 昨年はいっさい詳細が明かされなかった仕様, 諸元ついて, 今年は英文カタログのかたちで公開され, 煮詰まってきた印象です。リニアアンプは男のロマン。久々の新型リニアに何だかワクワクです(買えませんが)。

VL-2000/VP-2000 主な仕様
1.8MHz~50MHz
HF 1.5kW(米国仕様?), 50MHz 1kW
ファイナル VRF2933 × 8
200V/16A 1.5kW出力時
200V/13A 1kW出力時
100V/17.5A 500W出力時
VL-2000 482mm × 177mm × 508mm , 24.5kg
VP-2000 482mm × 177mm × 508mm , 19.0kg

VL-2000(参考出品)
ヤエス VL-2000
VL-2000 2kWなメーター
VL-2000カタログ(英文)
VL-2000カタログ(英文)

重りのいらないパドル Pegasus
GHDキーが開発?  CQ出版社が発売しているマウス型パドル「Pegasus(ペガサス)」がGHDキー社のブースで紹介されていました。触ってみて今までに無い操作感ですが, 経験不足の私には実用度を判別出来ませんでした。それでも超小型の割に打ちやすい印象で見た目も奇抜なためコレクションとして是非入手しておきたい一品と感じました。
マウス型パドル Pegasus(ペガサス)

エレメント長さ可変HF八木アンテナ Ultra Beam
FTIのブースにイタリアUltrabeam社のアンテナが展示されていました。FTIは輸入代理店のようです。原理的にはBeam Quest社のアンテナと同じのもの(モーターでエレメントが巻かれたり伸ばされたりする)と思われます。難点は代理店経由のためか少々高額になっていることです(375,000円~778,000円, 但しBeam Questとは比較未)。それからBeam Questの場合, U字構造の省スペースアンテナがラインナップされていますが, Ultra Beamはフルサイズのみです(7MHzでエレメント長21.5m)。HFアンテナの本命はエレメント長さ可変タイプと思っており, いつか資金を貯めて導入したいと夢見ています。Beam QuestかUltra Beamか… 今後も双方の性能, 価格, 耐久性などを注視していきたいと思っています。
Ultra Beam(代理店 FTI社)

フラッグシップアンテナチューナー CAT-3000
コメット社のブースで3Kw仕様の超高額アンテナチューナー「CAT-3000」(315,000円)が展示されていました。昨年は参考出品でしたが今年は発売となったようです。内部を見ると職人のこだわりのような優美さが感じられ超高額も納得と思われます。
コメット CAT-3000
コメット CAT-3000

ところで, ケンウッドの完全復活ですが, 考えてみると何かまだ足りません。そう, 「HF帯のkWリニアアンプ」がラインナップにありません。ケンウッドには日本無線からのOEMで「TL-933」と言う機種がラインナップされていましたが, 日本無線のアマチュア無線機器撤退に合わせて数年前に廃番になりました。新型リニア「TL-944」の登場こそが本当の意味での完全復活かも知れませんね。
TL-933の元機「日本無線 JRL-3000F」
TL-933の元機「日本無線 JRL-3000F」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

Windows 7 導入

遅まきながらようやく最新OSのWindows7を1台分購入し, インストールしました。

WindowsXPについて延長サポートが2014年に切れることは知っていましたが(いわゆるWindowsXPの「2014年問題」ですね), うる覚えでWindows Vistaのサポート期限切れはもっと早いと記憶していました。

最近ようやく, 3台全てのデスクトップパソコンがわりと最新のハード機に切り替わりましたが, WindowsXP機が2台, Windows Vista機が1台で, Vista機は早急にOSを更新する必要がありそうです。

そこでネット検索で確認したところ, Windows Vistaについて, サポート期限が2012年4月※であることが分かりました。
※コンシューマー向けメインストリーム(個人が普通に使うバージョン)

何と, 後8カ月しかありません。我が家のVista機はメインPCのため, 小さなソフトも含めれば軽く100種類以上のソフトがインストールされています。殆ど使っていないソフトがあるとは言え, Windows95からの10数年のパソコン人生のなかで今回のOS, 環境移行が一番やっかいな場面となりそうです。

と言うことで, 重い腰を上げて早々にWindows 7を導入することにしました。
とは言っても, いきなりVista機を更新するのは各種ソフトのインストールで相当な時間, 手間が掛かるため, いま一つ勇気が無くて, 取り敢えずソフトが殆どインストールされていない書斎のXP機にインストールすることで最新OSに慣れることにしました。

選んだWindows 7のエディションは最上位のUltimate, 64bit版です。WindowsXPでしか動作しないソフトもあるため, XPモードがシームレスに動作するProfessionalかUltimateの選択になりますが超奮発してUltimateにし, いつものドスパラから約2万円で購入しました(かなり痛い出費…)。

早速, 最小限のソフトも含めてインストールしたのですが, XPモードのインストールもあったため, 2つのOSをインストールしたイメージで工数が掛かり丸1日の作業となりました。
Windows 7

速攻でVista以降の付帯機能「Aero」などの視覚効果はいっさいOFFにしましたのでWindows95以来の見慣れた画面に近いものです。但し, スタート画面だけはクラシック表示が出来ず違和感があります。

動作の方はさほどのストレスは無く, XPに比べ遜色無いイメージです。さすがに仮想OSのXPモードはもたつきがありますが, 使えない遅さではありません。

考えてみればWindows 7はVistaのマイナーアップデートだそうですのでVistaに慣れている身としてはさほどの違和感は無いですね。Vistaに比べれば若干パフォーマンスが向上しているそうですのでマイナス面も無く, Windows 7への移行の敷居は低く, ネックは購入費のみとなります。

さて, 今回7への更新を見送った肝心のVista機ですが積んでいるメモリーが3GBです。XPモードの起動を考慮するとメモリーは最低4GB以上は欲しいところです。メモリー購入+OS購入+更新の多大な工数を考えると腰が重くなってきますね。さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

サブパソコン昇天で更新

3台あるデスクトップパソコンのうち, ファイルサーバー兼サブパソコンとして使っている一番古い機種がとうとう昇天してしまいました。

2年前にAthlon64 CPU+マザーボードを中古で購入したものですが, さほどの前兆も無くあっと言う間にブルー画面でWindowsXPを起動出来なくなりました。もう6, 7年前の構成だし, マザーボードを見るとCPU取りつけ付近の電解コンデンサーが膨らんでいるため, マザーボードが原因で無いにしても, もう長くは持たないと判断し素直にあきらめて新品に交換することにしました。

選んだのはAthlon II CPU+MicroATXマザーボード+メモリー8GByteでドスパラから通販購入し, メモリーは他パソコンの4GByteと入れ換えました。

交換後のAthlon II X4 CPU+880GM-E41マザー この後電源とケースも交換
Athlon II X4 CPU+880GM-E41マザー

OSは以前のWindowsXPを再利用し, 半日かけてソフト環境をインストール, アップデートし稼動開始したのですが, 何とすぐに電源が入らなくなりました。

そこで, 取り敢えず余っている使い古しの電源をつないでみたところ, 問題無く動作し電源も不良であることが分かりました。動作するとは言え余っている電源は中古品ですので, 仕方なく近所のパソコンショップから新品の電源を買ってきました。

ところが, 今度は買ってきた電源が最新過ぎて排気ファンの位置がケースと合わず, ファンがケースカバーでふさがれてしまいました。いやはや仕方ない, もう10年以上使っている愛着のあるアルミケースでしたが, 廃棄することにし, ドスパラから新品のケースも購入することになりました。

と言うことで, ハードは全て新品に代わりました。締めて42,000円ほど。ゲームとか重いソフトを使うわけでもないので非常に軽快に動作します。これで少なくとも5年は安定動作すると思うのですが…

更新したパソコンの構成
マザボ   MicroATX MSI 880GM-E41
CPU      AMD Athlon II X4 Quad-Core 615e BOX
メモリー DDR3 PC3-10600 1GB×4=4GB
HDD      HITACHI Deskstar 0S03191 BOX 2TB
電源     KEIAN BULL-MAX KT-F500-12A 500W 80PLUS認証
ケース   ミドルタワー Fractal Design FD-CA-CORE-3000-BL
OS       Windows XP Professional (手持ち再利用)

これでデスクトップパソコン3台は最新OS, Windows 7をインストール出来るハードスペックとなりました。(但し, OS更新の資金は無し)

所有パソコン
用途   タイプ     CPU           メモリ  Graphic     OS  CPU性能
メイン ミニタワー Quad Q6700    DDR2 3G 8600GT 512M VistaH 8000
サブ   ミニタワー Athlon II X2  DDR3 8G GT 220   1G XpPro  6200
サーバ ミドルタワ Athlon II X4  DDR3 4G HD4250 256M XpPro  7000
移動用 ノート     Atom N270     DDR2 1G 945GSE   ?M XpHome 1300
無線   ノート     Pentium3 800A PC133   815EM   11M XpPro  900?

ノートパソコン2台はスペック的に処分した方が良さそうですが, さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »