« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

簡易スペアナ≪FRMS2≫製作準備開始

アマチュア無線関連でアンテナの調整や高周波機器の自作などで深みにはまっていくと, どうしても欲しくなるのが高周波系の高価な測定機です。

無線機テスターやスペクトラム/ネットワークアナライザーがあればほぼどのような測定も可能ですが, 如何せん非常に高額です。新品で数100万円, 中古で数10万円。今どきは普及帯のアマチュア無線機でも30万円くらいしますので, だとすれば, 中古のスペクトラムアナライザーなら購入も可能と言えないことも無いのですが, さすがに個人で数10万円も出す人は少数と思います。

と言うことで, 出来るだけ安価でありながらも使用目的にあった測定機を求めて暗中模索となります。

私が導入した高周波用測定機器 (カッコ内は入手月)
1)SWR, パワー計  (2007年5月)
 ダイワ 「CN-101」 1.8MHz~150MHz
2)アンテナアナライザー (2010年5月)
 リグエキスパート「AA-230PRO」 0.3MHz~230MHz
3)オシロスコープ (2010年9月)
 岩崎通信機「SS-6613」 アナログ ~60MHz
4)簡易スペクトラムアナライザー (2010年10月)
 「GigaSt Ver4」 ~7GHz

取り敢えずこれだけあれば大抵の用事は済むはずですが, 無線機器の自作や調整となると, 使える機器が無く困ってしまいます。

例えば, ヘテロダイン受信機の中間周波数(IF)で使用されるフィルター(455KHz~10MHzくらい)の特性を計測するためにはHF帯でかつ, 1Hzステップでトラッキングが可能なスペクトラム/ネットワークアナライザーが必要です。手持ち機器ではGigaStが簡易スペクトラムアナライザーの機能を持っているのでフィルターを計測出来そうですが, 周波数ステップが10kHzと荒く帯域幅が6kHzだとか300Hzだとかのフィルターを計測することは出来ません。なので, 何とかしたいと思っていました。

この目的に合致した測定器として, CYTEC/サイテックさんのところで考案して頂いた「FRMS」と言う周波数特性測定システム(簡易スペクトラムアナライザー)があります。
フィルターの測定などHF帯狭帯域特性の計測を目的に考案, 開発されたもので, 特徴は何と言っても非常に安価に準備出来ることです。全ての部品を購入したとしても2万円程度で済みます。

但し, 唯一の難点は, 部品の発注, 電子部品の取り付け, ハンダ付け, アルミケースの加工, 部品の組み付けなど全て自分でおこなう必要があることです。

電子工作が好きだとか, 慣れているとか, それが仕事だとかと言う方は苦も無いでしょうが, 年に数回ハンダコテを握る程度のにわかラジオ中年には非常に敷居が高く, 今まで越えることが出来ない壁でした。

しかし, それではいつまでたってもラチがあかないので(仕事も同じですね),意を決して部品を発注し製作を開始することにしました。まずは部品が無いと次に進まないと言うところもあります。

最初の難関は小遣い, へそくりが無いことです… 悲しいかな2万円を払うことが出来ません。ヤフオク出品で捻出予定でしたが, こちらも腰が重くて思うように進まず, 結局は嫁さんから前借りしての部品発注となりました。
※パソコンや学習用書籍など趣味用か内職用かグレーで判別出来ないものは家計持ちで購入しておりちょっと高額でも買えますが, 完全に趣味のものは少ない小遣い(月5千円)からやりくりして購入しており, 日々赤貧との戦いとなっています。なので, どうでも良いのですが, 自分で嗜好食品を買うようなことは殆どありません(ましてや義務以外で飲み屋に行くことなど一切無い)。

まずは, CYTECのJE1AHW/内田さんに連絡して, FRMSのプリント基板とプログラム書き込み済のCPU(PIC)を譲って頂きます。
なお, CYTECでは回路図, 基板のデータ, 部品一覧表などの必要情報をWebで公開しているため, その気になれば, プリント基板なども製作可能です。
私はエッチング機材, PICに書き込む機材や製作経験そのものが無いため内田さんにお願いしました。基板は内田さんの手作りだそうですが, 綺麗に出来上がっており満足いくものです。
CYTECから基板を購入すると, 基板の他, Webでの公開情報と+αの情報が納められたCDが添付されてきます。

1)FRMS基板キット 1set  \3000(税, 送料込み, CD付き)
2)PIC16F873      1set  \1400(税込み)
                 合計  \4400(税金, 送料込み)

なお, FRMSとは「Frequency Response Measuring System」の略で, 2011年10月現在「第4世代」となっており, 2世代目から「FRMS2」の名称となっています。
今回は最新バージョンの第4世代目(OPアンプがLM7171仕様)の回路を採用しています。

CYTECから届いたFRMS基板, CPU, CD
FRMS 基板とCPU

JE1AHW氏作のFRMS基板 きれいに仕上がっています
FRMS基板 JE1AHW氏作

後は, パーツリストの情報を元に不足部品をパーツショップに発注します。私は, 抵抗, コンデンサー, トロイダルコア, 同軸ケーブル, スペーサーなど一部手持ち部品がありましたが, 残りの殆どをパーツショップ(秋月電子とマルツパーツ館)から購入しました。購入総額13,269円。
手持ちパーツの全部を購入したとするとたぶん+3000円前後くらいだと思います。CYTECさんからの購入4,400円+13,269円+3,000円+振込代=21,000円+αくらい(若干オリジナルの仕様と異なっていますので, オリジナルならちょっと安いと思います)。

コアパーツ 秋月電子 DDS2キット
秋月電子 DDS2キット

IC類
IC類

抵抗, コンデンサーなど(多めに準備しています)
抵抗, コンデンサーなど

線材類
線材類

購入部品でオリジナルと異なる点がいくつかあります。
1)径10mmの10kΩ可変抵抗が生産中止品になっています。
 ネットのパーツショップでも売っていません。廃版部品専門店で
 1個30円で買えますが送料, 手数料が1300円だったりします。
 秋葉原なら楽に見つかると思いますが, 地方の方は非常に入手が
 難しい部品です。内田さんに相談したところ, グラフの表示位置
 を可変させるための抵抗で, 機能を果たせばどのような形状でも
 良く, 10kΩでも100kΩでも良いとのことで, 適当に穴開けして取
 り付けて頂いて良いとのことです。
 私の場合, 幸い, たまたま立ち寄った会津若松唯一のパーツショッ
 プに10mm径30kΩのそのまま取り付け可能な可変抵抗が置いてあっ
 たため1個買ってきました。

たまたま手に入った30kΩの10mm径可変抵抗
30kΩの10mm可変抵抗

2)コモンモードノイズ防止用に大型のトロイダルトコアを準備しまし
 た。
 効果があるのかどうか不明ですが, 後で困らないように, これでも
 か言うくらい大きなもの(アミドン FT-114, 43材)2個を準備しまし
 た。同軸ケーブルのところに使う予定です。そのため同軸ケーブル
 も極細のものを数m準備しています。
3)ケースを指定のタカチYM-180から1サイズ大きなYM-250に変更してい
 ます。
 大型コアを置けるように大きめのものにしました。

タカチ ケース YM-250
タカチ ケース YM-250

4)他の配線のコモンモードノイズ対策にコアを準備しました。
 高周波機器経験の少ない私が言うのもなんですが,「電線をみたら
 アンテナと思え」との自前の教えに基づき, 同軸ケーブル以外のケ
 ーブルにもフェライトコアを入れることにしました。電源ケーブル,
 RS-232Cケーブルに取り敢えずアイミドンの「FB801」を入れます。

ケース加工のためポンチ, リーマーも購入
ポンチ, リーマー

残りの購入部品はミノムシクリップぐらいで, ほとんど準備が整いました。

機は熟した。

あー, でも腰が重い。さて, いつ完成することやら…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

EPSON 省スペースパソコン≪Endeavor MR3100-JS1≫入手

友人から依頼されているヤフオク出品や自分の出品分も合わせると100点以上の小物を出品しなければならず, 出品作業専用の部屋でその小物を床に広げたまま, 出品物の状態を確認したり, 写真を撮ったり, ヤフオク出品専用ソフトを駆使して出品リストを作成したりしています。

当初, パソコンはPentium3 800MHzの超低速ノートパソコン(Sony PCG-SRX7)を使用しいたのですがメモリー不足も重なり, あまりにも遅くて作業が進まず, 2008年製ネットブックパソコン(Acer 初代Aspire one AOA150)に交換しました。しかし, 今度は画面が1024×600とあまりにも狭くて(かつ液晶画面が8.9インチで文字が小さく見づらい)作業が進まず, 外付け用に, 価格コムで一番安かった新品のフルHD(1920×1080)液晶モニターを購入し, ある程度満足に作業が出来るようになりました。
しかし外付けモニターであるが故の使いづらさや, AOA150の1.6GHz, Atom N270 CPUもちょっと遅くて, 結局, 中古の省スペースパソコンを購入しました。

購入したのはEPSONダイレクトの省スペースタイプ「Endeavor MR3100-JS1」です。
2006年に発売されたBTO(注文生産)タイプの機種でOSやCPUの種類, メモリーやHDDの容量, ビデオカード有無などを多様に選択出来る機種です。

縦置きスタンドが付いてこなかった(メーカーにスタンドを注文中)
Endeavor MR3100-JS1

私が入手した機種のスペック
OS       Windows XP Professional
CPU      Core 2 Duo 2.4GHz E6600 (LGA775 Socket)
マザボ   ASUS P5B-VM
メモリー 2GByte(PC2-5300 DDR2 SDRAM)  4スロット中2スロット消費
HDD      3.5インチ 160GByte(シリアルATA II)  2基まで内蔵可能
DVD      5インチ マルチドライブ
ビデオ   チップセット内蔵3Dグラフィックス
外形寸法 (幅×奥行き×高さ) 98×401×357mm(スタンド・突起部を除く)
質量     約8.6Kg(最小構成時)

購入したものは本体と電源ケーブル以外には何も無く, キーボード, マウス, リカバリCDや, 説明書, スタンドの足などが付いてきませんでした。また, HDDもフォーマットされているため, そのままでは使用出来ず, かと言ってリカバリCDが無いため, リカバリも出来ずで, 一般の方にはとても手が出せない玄人好み物品となります。

本体の中身を見ると電源は小さいですが, CPUファンも大きく, マザーボードが普通のMicroATXで, DVDドライブは5インチ普通サイズタイプであり, その点からすると, 普通のパソコンパーツが多用されながらも省スペースパソコンのサイズにギリギリ納まっている印象です。しかしメンテンナンス性のためか出来るだけマザーボードの上にパーツがかからないように設計されているため多くのスペースを取っており, 奥に細長い構造になっています。本体を前面から眺めると確かに省スペースなのですが, 奥行きが40cmもあり, まるで京町屋のような作りです。

本体のケース上面に何かで固定していたような傷が2カ所あり, また, 発売から5年と言うことは, 5年リース落ちか減価償却が完了したもので, Windows7機に切り換えのため, 製造現場から放出された装置付属などのパソコンだったと推測されます。

早速OSやドライバーをインストールし, 動作確認したところ, 何の支障も無く, また内部の埃も少ないことから, 動作時間が短く, 空調の効いた場所で使用されていたものと思われます。

5年前の古いパソコンではありますが, CPUが当時上位の機種であったこと, メモリーが当時としては大容量の2GByteであったことなどで性能が高く, 今でも十分に通用する性能です(なお, この組み合わせは当時の額で15万円以上したらしい)。これなら, ゲームなど重いソフト以外普通に使う分にはこのままWindows7に移行しても何の支障も無く数年間は快適に動作すると思われます。

とこでろで, もともとは小遣い, 生活費の足しなどを目的にオークションで資金を調達しようとパソコンを活用していたのですが, そのパソコングレードアップのため中古本体, 新品モニター, マウスなど合わせて約2万円もの購入, 出費となってしまいました。いやはや本末転倒な状況となっています。

デスクトップタイプとは言え, 使用場所が定まっていないため自由に移動出来るパソコンが1台準備出来ましたのでリビングTV用など色々活用は出来ますが, せめてかかった費用2万円分以上はヤフオク出品でなんとしても捻出せねばなりません。

100点の出品作業… かなり面倒で腰が重いです。さて, どうしたものか…

所有パソコン
用途   タイプ       CPU           メモリ  Graphic     OS CPU性能
茶の間 ミニタワー   Quad Q6700    DDR2 6G 8600GT 512M  7  8000
書斎   ミニタワー   Athlon II X2  DDR3 8G GT 220   1G  7  6200
サーバ ミドルタワー Athlon II X4  DDR3 4G HD4250 256M XP  7000
汎用   省スペース   Core 2 E6600  DDR2 2G G965   128M XP  6000
移動用 ノート       Atom N270     DDR2 1G 945GSE   ?M XP  1300
無線   ノート       Pentium3 800A PC133   815EM   11M XP   900?

奥行きが40cmもある
Endeavor MR3100-JS1

掃除機で吸引した後とは言えほとんど誇りが付いていない
Endeavor MR3100-JS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

「コメリ」と「Google」の共通点

最近ブログ記事が少ないのでどうでもよいネタを…

コメリと言えば新潟を拠点とし全国に1000店舗以上をかまえるホームセンターの大手です。

私が住んでいる福島県, 以前に住んでいた宮城県, 郷里の岩手県などでも多数の店舗が存在します。私も何度もコメリにはお世話になっており, 家族, 同僚, 友人などとたまにコメリの話題が出るのですが, その際のコメリの発音は

コメリ 普通のアクセント

と, アクセントで最後の「リ」が若干下がり気味になります。記憶している限りではどの県の方とお話ししても大抵はこの発音です。

でも数年前から頻繁に流れているコメリのコマーシャル(以下CM)を見ると,

コメリ CMのアクセント

と, アクセントの起伏が無くフラットに発音されています。

他にこのような違和感を覚える企業名のアクセントが無く, ずっと私自身の七不思議の一つとなっていました。

でも最近仲間を見つけました。USAが誇るネット業界の巨人「Google(以下グーグル)」です。

グーグルの発音は大抵の場合

普通のグーグルのアクセント

のように浅い山形のアクセントになります。最近はグーグルがニュースで取り上げられることも多く, アナウンサーが発音する機会も多いのですが, やはり山形のアクセントです。

でも, 最近目にするようになったグーグルの, 企業名を発する数少ないCMでは

CMのグーグルのアクセント

とフラットに発音しています。

フラットな発音の企業名ってなにか違和感がありますよね? だから, 例えフラットだと知っていても, 発音するときに人は何かアクセントを付けるのだと思います。

だとすると, 逆にわざわざフラットなアクセントの企業名をCMで連呼するのも何だか不思議です。

真相を当の企業に直接聞いてみたくてウズウズしているのですが, あまりにもバカバカしくて思い止まってるところです。

でも真相が知りたい。コメリにはシカトされそうだけど, グーグルなら, あらん限りの英知を振り絞ってでも納得のいく回答を導き出してくれそうな気もする。
さて, どうしたものか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JARL福島県支部≪ハムの集い2011≫ 2011/10/23

毎年場所を変えて開催されている福島県のハムの集いですが, 今年はいわき市で開催予定でした。ところが東日本大震災, 原発事故に伴い, 急遽会津若松市に場所を変更しておこなわれることになり, 1週間前の10月23日(日)に猪苗代湖近くの会津若松市施設「会津若松市基幹集落センター」で無事に開催されました。

ハムの集い 会場
ハムの集い 会場

私はこのハムの集いに駐車場係として参加しました。当日は13時ころから雨がちらほら降り始めましたが, それまでには来客も一段落し, 濡れることはありませんでした。また, 駐車場が狭くて, 遠い空き地に停めて頂くなど来場者にはご迷惑をお掛けしましたが, 事故も無く終えることが出来ました。

運営責任者JA7BCE局の話しでは来場者を180人ほどと見込んでいましたが隣県からもおこし頂くなどで200名ほどとなり, 盛況に終えることが出来ました。

ところで, 一番の目玉と言えば「お楽しみ抽選会」でしたが, 私はJG7JIP局が描いた白虎隊図柄のQSLカードをゲット出来ました。

残念だったのは,駐車場係だったため抜け出せずジャンク市ではすでに目ぼしいものが売れた後でした。来年は早めに来場して良い品をゲットしたいところです。

気がかりな点と言えば, 来場者の多くが中年以上の方で若い方が殆どいなかったことです。大変残念ですが通信環境や趣味の多様化でアマチュア無線そのものが斜陽化であるこは否めません。

QSLカードを消費する必要があり, またPRのためにもボチボチ無線活動を再開したところですが相変わらず腰が重い。さて, どうしたものか…

ハムの集い 会場入り口
ハムの集い 会場入り口

初めて見た車載鉄塔 高さ10mくらい?
車載鉄塔

ジャック市の一部
ジャック市

JR7DAR主催のARDFコーナー
ARDFコーナー

往年の受信機の数々 欲しい!
往年の受信機

放射線が飛んでいる様子を実際に見てみよう!!
いばらきネットアマチュア無線クラブ
放射線が飛ぶ様子

α(アルファ)線が実際に飛んでいる様子を体験出来ました。
α線が飛ぶ様子

GETしたJG7JIP作画のQSLカード
GETしたQSLカード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

ホンダ《ゼスト/ZEST TYPE D》

ついに買いました! と言いたいところですが, 私のフィットの車検に伴いディーラーから借りた代車の軽自動車です。

ホンダ ゼスト/ZEST ホンダ ゼスト/ZEST

昨年2010年11月に登録された, まだ新車のにおいがする現行車種です。ゼストスパークと合わせると一番低いグレードになりますが, 1時間ほど運転した感想としては不満点も無く必要十分です。

軽自動車ですのでフィットと比較すれば横方向の狭さが際立ち, きゅうくつですが, 慣れると気になりません。4速オートマのためかエンジン回転数は速度50kmで2000回転(フィットは1500回転)とちょっと高いのですが, 逆に出足が普通で非力さを感じません。後席の居住性も及第点で長距離移動でも耐えられそうです。

以前に嫁さんが乗っていた一番低いグレードの三菱ミニカと比べると広さや内装などが格段に良く, 通勤に使う程度ならゼスト(今どきの普通の軽自動車全般?)は十分すぎる車種だと思いました。

通勤などでほぼ毎日車を運転しますが, 最近感じるのはトヨタのエスティマ, 日産のセレナ, ホンダのステップワゴンなどの大きめのミニバンがめっきり少なくなったと言うことです。代わりに売れているのがよく分かるほどトヨタのハイブリット車, プリウスを見かけます。ここ数年で乗用車を取り巻く環境が大転換したと言うことでしょう。

多分今後50年くらいは景気が悪くて, かつ, 今の世界情勢からしてガソリン代が安くなることも無いでしょうから, 大型車が売れることはもう無いですね。かと言ってハイブリット車はまだ高い(あるいは後のメンテが面倒そう)イメージで, 全体として燃費, 価格のパフォーマンスが高い軽自動車などの小型で普通エンジンの車種にシフトいくと思われます。

憧れのホンダビートが2012年に復活との情報が数カ月前にありましたが, どうやらミッドシップレイアウトでは無いらしいとのこで, おもいっきりテンションが落ちています。なので, 次の購入車種は無難に高燃費の次世代軽自動車あたりとなりそうです。ゼストを運転してみて全くの無問題。トヨタもダイハツのOEMとは言え軽自動車に参戦するそうですので, 燃費競争の激化と合わせて「軽自動車の戦国時代」が到来しそうです。

何年後に買い換え出来るのか分かりせんが, 戦国時代を楽しく見守っていきたいところです。

ホンダ ゼスト/ZEST ホンダ ゼスト/ZEST
ホンダ ゼスト/ZEST ホンダ ゼスト/ZEST
ホンダ ゼスト/ZEST ホンダ ゼスト/ZEST
ホンダ ゼスト/ZEST ホンダ ゼスト/ZEST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »