« リグエキスパート《AA-1000》使用感 その2 較正 | トップページ | 東日本大震災から1年をむかえて »

2012年3月 1日 (木)

RigExpert《AA-1000》使用感 その3 画面表示

リグエキスパートの新型アンテナアナライザー「AA-1000」の売りの一つとして「高解像度カラー液晶」が上げられます。

従来機 AA-230PRO モノクロ  128x 64
新型機 AA-1000   カラーTFT 320x240

実に9倍以上のドット総数となります。

この高解像度カラー表示により下記メリットがあります。
1)メニュー表示などの漢字化
2)視認性の良いグラフ表示
3)スミスチャートの表示

AA-230PROと画面を比較してみるとそのメリットが良く分かります。

AA-230PRO 設定画面 AA-1000
AA-230PRO 設定画面 AA-1000 設定画面
AA-230PRO SWRグラフ画面 AA-1000
AA-230PRO SWRグラフ画面 AA-1000 SWRグラフ画面
AA-230PRO RXグラフ画面 AA-1000
AA-230PRO RXグラフ画面 AA-1000 RXグラフ画面
AA-1000 スミスチャート画面
  AA-1000 スミスチャート画面

高解像度カラー表示の最大のメリットは何といっても「スミスチャートの表示機能」でしょう。私の知る限りでは安価(10万円以下)な携帯型高周波計測機器でスミスチャートを直接表示出来る機種は今まで無かったと思います。その意味では画期的と言えます。

さて, 携帯機器上で「スミスチャート」が表示出来るとして, じゃあその結果何が出来るのか?

あれれ? 実は良く分かりません(^^;

お恥ずかしながらスミスチャートを使ったことが無い。スミスチャートは「高周波設計者の必須ツール」とか紹介されていますが, そういう経験も無く, 今まで必要性が無かったため, どう使いこなすのか分かりません。

一応ネットでスミスチャートの解説を読みましたが, 今いちピンとこない。ならば, と手持ちの書籍「基礎から学ぶアンテナ入門/CQ出版社」を引っ張りだしてきて末巻に載っているスミスチャートの解説を読んでも…分からない。だいたい, いくら初心者向け(私は初心者? ^^;)とは言え, いきなり末巻から読んでもしょうが無いですね。

基礎から学ぶアンテナ入門/CQ出版社

まあ, たぶんAA-1000のスミスチャート表示も, 見る人が見れば十分役立つものなのでしょう。

なお,リグエキスパートのアンテナアナライザー, AAシリーズ全機種で「AntScope」と言うWindowsソフトを使えばSWR, RX, スミスチャートをパソコン画面上でグラフ表示出来ます。また, 計測生データ(周波数, R, X)をcsvファイルにエクスポート出来ますので, 他のソフトでも活用出来ると思います。

ところで, 本日初めて「基礎から学ぶアンテナ入門」を読んだのですが, 著者プロフィール欄でJR1XEV/吉本猛夫さんが述べられている自信の信条として下記言葉が載っていました。

発想はアマチュアのごとく,作業はプロのごとく
[3月2日追記]
「プロ」とは技術・品質・納期・コストを指すようです。

私もこの言葉を噛みしめ明日の糧としていきます。

新型アンテナアナライザー《AA-1000》購入
アンテナアナライザー《AA-1000》使用感 その1
リグエキスパート《AA-1000》使用感 その2 較正
アンテナアナライザー《AA-1000》2.6GHz拡張

|

« リグエキスパート《AA-1000》使用感 その2 較正 | トップページ | 東日本大震災から1年をむかえて »

コメント

初めまして、JA1CPA/中村と申します。
AA-1000の記事を楽しく読ませて頂き、大変参考になりました。
私は、アンテナ作りを趣味?としていまして、AA-520を使っています。現在はAA-1000が来るのを首を長くして待っています。
今回の説明で、開放-短絡-負荷で同軸の校正が出来ることが解り大変期待しています。
アンテナ作りにおいては、上げて測定は非常に重要で、そのために各周波数毎に1/2λケープを作っていました。これが不要となるのはメリット1000%hihiです。
また、リアクタンスが誘導性と容量性が判別できるのも大きなメリットです。
他にもアンテナ作りには、わくわくする機能が有りそうです。
なおAA-520は、毎日のように使っていて、何回も落下させましたが、丈夫です。
ありがとうございました。

投稿: ja1cpa/中村 | 2012年4月 3日 (火) 13時41分

JA1CPA/中村さん, コメントありがとうございます。

大OMからコメント頂き大変恐縮しております。

AA-1000の記事を読んで頂きありがとうございます。

頂いたコメントを読ませて頂き目が覚めました。

アンテナを自作する場合, 真のアンテナ特性を知る術として較正機能は大変重要なアイテムですね。中村さんのホームページなども拝見させて頂きよくよく理解致しました。

私は日々の生活に流されて, まだまだ無線機, アンテナ自作の領域に手が届いていませんが中村さんのホームページも参考にいつかドライブをかけたいです。

AA-1000を注文されたとのことで楽しみですね。従来機と使い勝手は変わりませんので即実戦投入出来ます。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: JR7IBW/まつ | 2012年4月 3日 (火) 19時01分

はじめまして。
当ブログのレポートを拝見して、AA-1000を購入決断がつきました。
いや~~~。
本当買って良かったです。AA-1000。
本当に最高のレポートありがとうございました。

これからも宜しくお願いいたします。

投稿: リセットボタン | 2012年6月24日 (日) 17時17分

リセットボタンさん, コメントありがとうございます。

ブログを参考にして頂けてうれしい限りです。

値は張りますがAA-1000はこれ以上無い計測器の一つだと思います。

リセットボタンさんのブログを拝見致しました。実験好きとお見受け致します。「-いまさらスミスチャート。-」了解です。図書カードが余っていましたので早速私もCQ出版社の書籍「スミス・チャート実践活用ガイド」を注文しました。

投稿: JR7IBW/まつ | 2012年6月26日 (火) 13時03分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RigExpert《AA-1000》使用感 その3 画面表示:

« リグエキスパート《AA-1000》使用感 その2 較正 | トップページ | 東日本大震災から1年をむかえて »