« マイクロソフト,アップル,Googleの「三つ巴戦争」 | トップページ | 「串田法:VHF帯域電波観測」近畿地方での大地震予報 »

2015年5月19日 (火)

ホンダ ミッドシップ「S660」試乗

今日は夢のようなひと時を味合うことが出来ました。

先月の4月に発売されたばかりのホンダ,ミッドシップ軽自動車「S660」が地元,会津のホンダ店(Honda Cars 福島 会津一箕町店)に5月18日~24日まで展示されることを知り,本日見物に行ってきました。そして試乗出来るのか店員さんに聞いたところ,何と試乗可能とのご返事を頂き早速試乗もしてしまいました!

私は大のホンダ党で特にホンダのミッドシップ車に強い思い入れがあります。
以前に書いた記事
復活? ホンダミッドシップ《BEAT/ビート》」2011/06/18

1996年にビートの発売が終わり,その後,何回かの経済バブルも経験したことで今後永遠に手が届く価格のミッドシップ車が発売されることは無いと思っていたのですが,ホンダがライトウエイトのミッドシップ車を復活させるとの噂が2011年に立ち,そしてとうとう今年2015年に本当に発売されてしまいました。
S660│Honda

まさに夢のような話です。

さて展示/試乗車ですが,
●ハイグレード「α」 218万円!
●CVT
●フレームレッドと呼ばれる赤色
●オプションのセンターディスプレイ付き
残念ながら屋根オープンでの見物,乗車,試乗は出来ず。

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

ホンダ S660

私はホンダびいきですので,以降ほめ殺し的な記述が多いと思いますのであらかじめ割り引いて読んで頂く必要があるかも知れません(と言っても大したことは書いていませんが)。

エクステリア
カッコ良い。
では身も蓋も無いですかね…
ビートの「つるっと感」とは対局にある自己主張の強いフォルムに見えます。
嫁さんと子供と一緒に行ったのですが,嫁さん曰く「普通車だと思っていた。軽自動車だとは思わなかった」だそうです。2シーターのためドアが大きく確かに横から見ると普通車に見えないことも無い。出っ張りが強いこともあり少なくとも「ちっちゃい! 」との感想は全く無かったですね。

インテリア
今風のホンダ車で不満的なものは無し。当然ですが荷物スペースはミニマムです。
特筆すべきは「座高の低さ」です。フィットの視界の広さに慣れている目で見るとまさに恐怖です。冗談では無く前が見えません(添付写真最後の座席の写真が私の目線に近いよ!)。オプションの「センターディスプレイ」も視界をさえぎっているため余計に怖いです。座高が極端に低いので乗り降りもちょっと不自由します。
半分寝そべって腕を伸ばしてハンドルを掴むスタイトのため軽自動車特有の圧迫感が逆に心地よいタイト感に変わっています。

試乗
2002年製の古い私のフィットよりも剛性が強いように思われます。オープンカーとは思えないしっかり感です。
エンジンの低速トルクが1500CCのフィット以上にある感じです。

エンジン
フィット L15A 110ps/5800rpm,143Nm/4800rpm
S660     S07A  64ps/6000rpm,104Nm/2600rpm

ターボの効果なのでしょうが普通に運転する分には全く非力な感じはありません。
残念ながら背中から轟くエンジン音ではありませんでした。ターボの「ヒューン」と言う軽めのタービン音がアクセルを踏むたびに聞こえます。ターボラグらしきものは全く感じず。

運転してみても視界が低く楽しいことは楽しいのですが周りが見えにくく恐怖感がありました(慣れの問題でしょうけど)。

試乗が町乗りでしたのでミッドシップ特有の回頭性はほとんど体感出来ませんでした。十字路を曲がる際にわずかに「押し出される感覚」が掴めました。


全体的な印象としてスポーツカーっぽい雰囲気を味わう車としては十分に合格点だと思いました。欲を言えばエンジンルームの音が意図的に希望の時だけ聞こえるように工夫されていれば文句無しです。

これで「S660を所有する」との人生の大きな目標が出来ました。
私,嫁さんと2台の車を所有していますので私の車が2シーターでも全く問題無し。燃費もそこそこのようだし不満無し。

但し,大問題があります。店員さんからのアドバイス。雪国特有の事情。
●屋根付きの車庫で保管。
●大雪の時は運転出来ないかも。
そう,「車の屋根がソフトトップ(正確には脱着式のロールトップ)」ゆえの非常にデリケートな管理が雪国では要求されることになります。大雪の日にS660で出勤し,会社の駐車場に停めて帰宅時には車の屋根が潰れていることがマジでありそうです。そこまでは気が回らなかった。言われて初めて想像出来ました。サードパーティ製でも良いので冬季専用のハードトップを出して欲しいところです。

今,S660を注文しても納車は来年だそうです。ネット情報では40台/日の生産だとか。単純計算ですでに1万台程度の受注があることになります。やっぱ,こういう車を欲しい方が結構いるんですねぇ。それにしても,ある意味,これ以上無い「最高の贅沢」です。

ところで,ネット情報では「S1000」なる1リッターミッドシップの上位車種が開発中だとか。S660の出来ばえからするとS1000も期待大。しかし,どっちにしても先立つものが…

さて,「ドリームジャンボミニ7000万」でも購入しにいきますか…

|

« マイクロソフト,アップル,Googleの「三つ巴戦争」 | トップページ | 「串田法:VHF帯域電波観測」近畿地方での大地震予報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/206107/61614381

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ ミッドシップ「S660」試乗:

« マイクロソフト,アップル,Googleの「三つ巴戦争」 | トップページ | 「串田法:VHF帯域電波観測」近畿地方での大地震予報 »